読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

イライラを解消するたった1つの方法は、自分の考え方を変えるだけだった。

メンタル

 

こんにちは。クソマジメゲスブロガーあんちゃです。

 

最近めっきりイライラすることがなくなったので、今日はその方法を整理してみなさんにお伝えします。

 

ただ寝たり歌ったり運動したりして気を紛らわすんじゃなくて、イライラに対する考え方を変えようって話

考え方を変える癖をつければ、イライラはほとんどなくなりますよ。

 

  • 他人にイライラ編
  • 環境にイライラ編
  • 自分にイライラ編

に分けてお話しします(´ε` )

 

まずは根本的なイライラ解消のヒント

気を紛らわすのではなく、捉え方を変える

みなさんはいつも、イライラを紛らわすために美味しいものを食べたり、運動したり、音楽聴いたりしますよね。でもそれって気を紛らわすまでの間、ずっとイライラしてなきゃいけない。

しかも、また同じ事象が起こるたびにイライラが発生しますよね。

それって根本的な解消になってないんじゃないかなって思うんです。

 

根本的にイライラを解消するには、気を紛らわすんじゃなくて、イライラの原因に対する捉え方を変える必要があるんです

まずはそこを押さえてください。

 

自分以外にイライラ原因があるときは、自分の捉え方を変えるしかない

たとえば、上司の言動にイライラしたり、電車が遅れてイライラしたり、っていうのは自分以外にイライラの要因がありますよね。

でも上司の言動や電車の遅延は、自分ではコントロールできません。

起こってほしくなくても起こってしまうものです。

だとしたら、起こったことに対して自分がイライラしない考え方・捉え方をするしかない。

 

ってわけで、イライラを解消する捉え方を次からご紹介します。

 

解消方法①他人にイライラ編

f:id:aopa-----nda:20160213003647p:plain

他人に対してイライラするときは、

相手にも大切な人や家族がいるんだ

ってことを考えるんです。

 

たとえば私だったら、よく満員電車で猛烈にアタックされたときや、上司に無茶ブリされたときにイライラしていたのですが

「この人たちも大切な人や家族のために必死で働いているんだな」って思うと、頭ごなしにイライラすることが少なくなりました。

満員電車に急いで乗ろうとするのも、きっちり仕事をして家族の生活を支えるためだし

上司が無茶ブリするのも、かわいい子どもとの時間を確保するためなんだろうなって思うことにしたんです。

 

そうすると、一瞬ムッとしてもすぐに冷静になれるはずです。

(だからといって自分が不利益をこうむる必要はないので、NOなことは「NO」と言いましょう)

 

あとは友人や親に対してイライラしたときは、「愛情や友情があるからこそだ」と私は思うようにしてます。

自分が何かしようと思ったときに批判してきたり心配されたりするのは、自分の性格をよく理解してくれているからだと思います。

だからそういうときは「ありがたい意見だ」と受け止めるようにすると、むしろ感謝したくなります。

 

 

解消法②環境にイライラ編

f:id:aopa-----nda:20160213003719p:plain

・電車が大幅に遅れてイライラ

・天気が大荒れになってイライラ

などは環境要因ですよね。

 

そういうときは

それによって何を失うかではなく、何を得るか

を考えるんです。

 

たとえば電車が遅れていて家に帰るのが大幅に遅れてしまうとき、確かに家でくつろぐ時間は減ってしまいますが、

その電車を待つ間に普段読まない本を読んでみるとか、駅近くの気になってたお店に入ってみるとか、

電車の遅延によって得られる体験を考えてみると、案外新しい発見があったりして楽しくなります。

 

簡単に言うと、電車が遅れた分「普段しない体験ができるぞ!」と捉えるんです。

 

天気が大荒れだったら、”晴耕雨読”という言葉があるように、屋内でゆっくりくつろぐ時間ができたぞ、と考える。

そうやって前向きに捉えるだけで、イライラの原因も新しい体験を得る要因になるかもしれません。

 

 

解消法③自分にイライラ編

f:id:aopa-----nda:20160213003758p:plain

自分の行動や性格にイライラするときは、とにかく

自分で自分を褒めるようにします。

「あ~今日もなんもできなかった。ほんとダメだ自分。」みたいに思ってるとどんどん自己嫌悪に陥ります。

 

それよりもまずは「今日は○○はできなかったけど△△は達成できたな。我ながらよく頑張った。明日はもうちょっと○○をやってみよう」みたいな感じで、できなかったことよりできたことに焦点をあててください。

 

そうすると、自己嫌悪にならずに前向きに取り組めるようになります。

ただ、自分にストイックな人ほどこれができないので、最初はとにかく言い聞かせてください。

私もすぐ自己嫌悪になるタイプだったので、この捉え方ができるまで時間かかりました。

毎日寝る前に、その日達成できたことを思い浮かべれば、その考え方が習慣になるはずです。

 

 

イライラ解消がうまいひとは発想の転換ができるひと

いろいろと例を挙げましたが、結局どんな場面でも「発想の転換がうまいひと」はイライラを解消しやすいです。

 

イライラして単に気を紛らわせるだけじゃ根本の解決にはなりません。

まずは自分がどのポイントにイライラしているのか考えて、

それに対する捉え方を変えてみる。

 

その”発想の転換”がクセになれば、どんなことにもイライラしなくなるはずです。

 

 

ぜひ実践してみてください。

 

イライラ解消おすすめ本

▼感情を整理し、コントロールしたい方に。

▼対人関係でイライラしてしまうあなたに。