社会人になって時間の流れが早いと感じる人はマジで焦ったほうがいい

スポンサーリンク
f:id:aopa-----nda:20160218205115p:plain

ブロガーのあんちゃです。

私はいま社会人2年目ですが、最初の1年は光の速さで過ぎ去ったと感じます。

前よりも時間経つの早くなったなぁって感じるんですよね。

なんでだろうって調べてみたらなんかスゲェ焦ってきたんで皆さんにも共有して焦ってもらおうと思いました。

 

時間の流れが早いと感じる3つの理由

①”ジャネーの法則”

ジャネーの法則は、主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明したもの。簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

引用:ジャネーの法則 – Wikipedia

「簡単に言えば」って、あんま簡単じゃない気がするけども、要するにこういうことらしい。

  • 50歳の人の10年間は、5歳の子にとっての1年間
  • 5歳の子の1日は、50歳の人にとっての10日間

 

f:id:aopa-----nda:20160218195714p:plain

 

・・・ヤベェ

超焦るんですけど

もはや調べるんじゃなかったって感じですね。

 

②同じことを繰り返してると速く感じられる

私の体感なんですが、1週間毎日同じ職場で同じ仕事して同じ時間に寝て・・を繰り返してると1週間が一瞬で終わるんですよね。

しかも振り返った時に、その1週間具体的に何をしたか全然思い出せない。

 

これもなんか原因があるのかな、とググってみたら脳科学で実際に証明されてました。

要は同じことを繰り返すと、脳が「また同じ情報や~ん!上書きしちゃお!」みたいな感じで脳が時間を短く見積もってしまうらしい。

説明するのがめんどうなので、詳しいことはggrksしていただければ幸いです。

 

③心拍数の減少

心拍数は時間の感じ方に関係するらしく、心拍数が多いときほど時間を遅く感じ、心拍数が減少するほど時間を速く感じる。

子どもの頃は心拍数が多いから時間を長く感じられたのかもしれません。あと好きな人と一緒にいるときとかはリラックスしてて速く時間が過ぎてしまう。

 

スポンサーリンク

時間の流れが早いと感じる人の特徴

3つの理由から、時間の流れが早くなる人の特徴を考えてみました。

 

毎日同じ時間に起きて同じ職場に行き目新しくない仕事をこなしアフター5も特に楽しむことなくスマホを眺めてテレビを観て「明日も仕事だから寝るか」といって1日を終えるそこのおまえだァァァアアアアアア(そして私もだァアア)

 

限られた時間を濃い時間にするためには?

f:id:aopa-----nda:20160218205242j:plain

①ダラダラ行動しない

心拍数が減少すると行動ものんびりになる気がします。だからテキパキ動いてみる。家に帰ってソファに転がり込む前に掃除したり趣味に時間を使ってみる。

 

②新しいことをやってみる

上記の3つの理由を考えると、脳が新しい情報を受け取るほど、時間を長く捉えるようになるので

仕事はしょうがないとしても、アフター5だけでも新しいことに目を向けてみよう。

「明日も仕事あるし疲れるのヤダなぁ~」とか思ってる人はソッコーで還暦ですよ。

やる前から「疲れそう」とか無駄に前提決めるから疲れるんですよ。ワクワクすることだけを考えてください。疲れよりも爽快さが勝ちますよ。

 

▼「仕事だるい〜早く帰りたい〜」って人は注意ですよ。

合わせて読みたい

「あー仕事だるいし早く帰りたい!」って言ってる奴はマジで時間無駄にしてるよ

 

▼「やりたいことがない」って人はこちらの記事も読んでみてね。

合わせて読みたい

「やりたいことが見つからない」人たちに共通するたった1つの決定的な原因

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

プロブロガー・メディアディレクター。 月間50万人に読まれる当ブログ《まじまじぱーてぃー》運営&恋愛メディア《らぶりりーす》編集長。26歳。25歳のときに会社を辞めてブログで独立しました。趣味は人生哲学と下ネタです。

>>詳しいプロフィールはこちら

>>ブログで書けない話はLINE@で配信中!