電子書籍のメリット&デメリットは?「使いにくそう」って思ってる奴こっち来い。

スポンサーリンク

 f:id:aopa-----nda:20160224214259j:plain

こんにちは。元電子書籍配信企業で働いていたあんちゃです。

意外と若い人ほど電子書籍使ったことない人も多いようなので、「電子書籍ってとっつきにくそう」ってイメージを持ってる人も多いのかなぁと思います。

そこで今回は電子書籍のメリット&デメリットについて、紙の本と電子書籍を両方使っているわたしが説明してみます。

 

 

そもそも電子書籍とは

デジタル端末(スマホやPC)で読む本のこと。

(これ以上説明しようがなかった・・・)

 

スポンサーリンク

電子書籍のメリットはずばり

  • 持ち運びがクッソ楽&かさばらない
  • しょっちゅう値引きセール等があるので安く買える
  • 入荷待ちや在庫切れがない
  • スマホ、タブレット、PCなどいろんな端末で読める
  • 文字の拡大、マーカー、用語検索などが簡単にできる

ことかなぁと。

特にマンガとかは巻数多いと部屋の中かさばったり、分厚い単行本とかは持ち運びにくかったりするので、その点はホントに便利。

 

あとは値引き&無料の本があることが大きいですね。というか電子書籍の定価自体、印刷費用がかからないので紙の本より数十円安いことが多いんですが。

 

逆にデメリットはあるのか?

電子書籍を使っててデメリットだなぁと感じたことは

  • 端末がないと読めない(充電切れたら読めない)
  • たまに電子化されていない作品がある
  • 本の”所有感”がない 

らへんかなと思います。

 

意外と多いのが「紙の本の質感がないのが不満」って声。自分でパラパラとページをめくるのが好きな人も多いですもんね。 あとは電子書籍化に反対している作家さんが数名いるため、その方たちの作品は電子化されていなかったりします。ここがちょっと難点ですね。

 

 

ということで、わたしは電子書籍と紙の本の使い分けるのが快適な読書生活を送るカギだと思います。

 

わたし的には

  • 電子書籍:マンガ、スキルアップ本、雑誌
  • 紙の本:小説、じっくり読む系のビジネス書、好きな作家さんの本

って感じで分けています。

電子書籍でじっくり読むのは目が疲れちゃうんで、サラサラ読める感じのものをメインで読みます。マンガとか、自分に必要なとこだけ読みたいスキルアップ本みたいのは電子書籍向きだなと思います。

 

逆に、じっくり読みたい小説とか、手元に長く置いておきたい作家さんの本は紙の本で。

こうやって使い分けるだけで随分読書がはかどるようになりました。

 

電子書籍専用端末なら断然「キンドル」!

じゃあ実際電子書籍を読むなら端末が必要になるわけですが、スマホとかだとちょっと画面が狭くて漫画のセリフや小説は読みにくかったりするんですよね。

だから本が好きな人は「電子書籍専用端末」を持つといいと思います。

 

ちなみにダントツでオススメなのは言わずと知れたAmazonの「キンドル」。

 

なんと、「Amazonプライム」というサービスに加入するとキンドル端末が4000円引きで買えるんです。

 

普通にお得ですね。。。

Amazonプライム自体も月額325円で、キンドル値引き以外にも毎月キンドルの電子書籍が1冊無料でもらえたり特典がめちゃめちゃ多いので、入っておいて損はないですね。

プライムは無料期間が30日間ついているので、試してみたい人はぜひ。

 

>>Amazonプライムの詳細&登録はこちら

  

快適な読書ライフを!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

プロブロガー・メディアディレクター。 月間50万人に読まれる当ブログ《まじまじぱーてぃー》運営&恋愛メディア《らぶりりーす》編集長。26歳。25歳のときに会社を辞めてブログで独立しました。趣味は人生哲学と下ネタです。

>>詳しいプロフィールはこちら

>>ブログで書けない話はLINE@で配信中!