読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

どんなに大学生活無駄に過ごしたって、社会人は幸せに過ごせるから心配しなくていいよ

大学生

f:id:aopa-----nda:20160304131933j:plain

こんにちは。大学生活を9割バイトと睡眠で終えたあんちゃです

わたしはいま社会人3年目ですが、ハッキリ感じます。「大学生活無駄に過ごした」と。

 

わたしの地元は北海道なんですが、東京に来てから都心部の学生の精力的な活動っぷりはすごいなと感じます。留学してる人、起業してる人、休学して自分の目指す道を極めている人。

大学ってこんなに選択肢あったんだなって思いました。

 

一方で「マジ大学生活無駄に過ごしたわ」って人も少なくないはず。私もその1人なんで。でも私は社会人になって、大学よりも楽しくて幸せな毎日を過ごしてます

 だから、たとえ大学を無駄に過ごしたって大丈夫です。社会人になったらそれはそれで幸せに過ごせますから。

「楽しいのは大学まで。これから40年は苦痛の日々」なんて言ってる大人もいますが、そいつらのいう事聞いたら終わりですよ。

 

今回は「大学を無駄に過ごしても社会人で幸せに生きる方法」と「今大学生の人が無駄に過ごさないためにやっておくべきこと」を書いていきます。

 

 

あんちゃの堕落した大学生活

f:id:aopa-----nda:20160304132326j:plain

 

典型的なクソ文系大学生だった。


真面目に大学に通ったのは1年生の5月まで。(短い)

そこからはいかに安牌(単位取りやすい)な授業をとるか&出席のない授業をとるかばっかり考えて、テスト前はひたすら友達にノートのコピーをせがむ日々・・・。

音楽系のサークルにも入ってたんですが、部室に行くと私と同じような堕落した人たちがマンガ読んでたり、全裸だったり昼寝したりしていた。

 

というわけで出席のない授業ばっかりとっていたあんちゃは学校へ行かずネットカフェのバイトばっかりしていました。


▼ネカフェバイトの記事

www.mazimazi-party.com

 

適度に飲み会して、適度に恋愛して、そのまま大学4年間を終えてしまった。


学んだことは、ビールまずいことくらい。(お酒飲めない)

今後の人生どうしようかなんて微塵も考えなかったし、まわりに流されるまま就活して、うっかり内定をもらった今の会社に入りました。

 

会社と家の往復の日々から脱出した社会人生活

f:id:aopa-----nda:20160304132649j:plain

初東京、初就職、初一人暮らし

 就職で北海道から上京して、何もかもが初めてでバタバタした最初の3ヶ月。

「楽しい」とか「つらい」とか感じる間もなく追われるように毎日が過ぎました。

このときは無心でした。「幸せ」とか「楽しい」とかも一切記憶がありません。それくらいめまぐるしく動いていました。
 

会社と家の往復の日々

入社から半年くらい経つと徐々に仕事に慣れると、少しずつ忙しくなりました。

残業して帰宅すると、疲れてすぐベッドに転がり込んで爆睡して、また朝が来て慌てて支度して仕事に行く。

 

そんな毎日を繰り返してると自分の生活がまるで“仕事のために生活している”ような感覚になってきました。

 

仕事のために早く起きて、仕事のためにすぐ寝る。仕事の疲れを取るために土日は昼まで寝る。仕事のために日曜の夜はあまり動かず家にいる。

 

こんな生活が何十年も続くの・・・?って思った瞬間にものすごく焦りがこみ上げてきたのを覚えてます。

 

一歩踏み出した時から全て変わった

モヤモヤしながら仕事をしていたときに、1人だけ会社で尊敬する先輩がいたんですが、その先輩と話してて「このままじゃイカンな」って思って、「自分はこれからどう生きたいのか」をここにきてようやく考えるようになりました。


でも1人で考えても何もわからんかったんで、そこから「会社以外の人に話を聞こう、つながりを持とう」と思って動き出したのが転機だったんです。

 

そこでたくさん素敵な人たちと出会い、楽しそうに毎日過ごしているのを見て、「自分もこういう人生にしたい」と思えるようになりました。


自分がどう生きたいのかがわかると、それに呼応した仲間が集まります。逆に今後のことを特に考えず、だらだらと毎日を過ごす人には同じような仲間が集まります。

これは身を持って体感しましたね・・・。「類は友を呼ぶ」ってこういうことか、みたいな。

 

大事なのは“過去”をどう生きたかじゃなく、“今後”何を経験するか

f:id:aopa-----nda:20160304133024j:plain

 

就活とかやってると「今までどんなスゴイことをしてきたか」「どんな素晴らしい学歴をもってるか」を見られたりして、過去だらだら過ごしてきた人は「ちゃんと活動してきた人と違って自分はこれからも何かすごいことを成し遂げるなんてできない」って思うかもしれません。

 

でも結局過去は変えられないんで、変えられる可能性のある今から何をすべきかを考えたほうがいいです。


過去をどんなに無駄に過ごしたって、これから何を経験するかで人生は180度変わる。私はこれを身を持って体感したんで、間違いないです。

 

「もっと楽しく過ごしたい」「幸せを感じたい」って思うなら、自分にとっての幸せや楽しさは何かを考えた上で、今すぐ一歩踏み出してください。

一歩踏み出せない人は、楽しそうにしている人と一緒に時間を過ごしてみてください。楽しい空気は伝染するんで

 

だから、「大学無駄にした・・・」って落ち込むんじゃなくて、それはそれで割り切って「じゃあこれからの時間無駄にしないために何をしようか」と捉えるのがポイントってことです。


大学生が今を無駄にしないためにやるべきこと

じゃあいま大学生の人は「大学生活を無駄に過ごさない」ためにはどうすべきなのか。

わたしは「自分の魅力(強み)を把握しておくこと」だと思います。

 

今後就職するにしても、独立して働くにしても、自分がどんな場所でどんな力を発揮出来るのかがわかっていれば、間違いなく社会人になっても充実した生活を過ごせます。

わたしもこれがちゃんとわかってたら回り道せずに働きたい方向性が定まってたなと思います。。

 

「自分の魅力なんてわからん」って人は多いと思います。そもそもそれを考える機会なんてないですからね。

わたしも自分の強みを見つけて今の仕事をするまでには試行錯誤したので、「自分の魅力の見つけ方」については以下の記事にまとめました。ぜひ試してみてください。

>>自分の長所(強み)の見つけ方。3つの方法で自分自身を診断しよう

 

 

大学を無駄にしても無駄にしなくても、幸せに人生送る人が増えますように!