読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

夏フェス・キャンプに必須!大活躍の持ち物総まとめ

ライフハック

f:id:aopa-----nda:20160628192232p:plain

こんにちは。クソマジメゲスブロガーのあんちゃ(@annin_book)です。

もうすぐ夏がやってくるということで、野外レジャーを楽しみにしている人も多いかと思います。

わたしも夏フェスやキャンプが大好きなので、今年も準備万端で参戦します。

というわけで今回は「夏フェスやキャンプで大活躍する持ち物」をご紹介!準備忘れがないようにしっかりチェックしてくださいね。

 

夏フェス・キャンプに必須!持ち物総まとめ

 

1.レジャーシート

意外と必需品なのがレジャーシート。フェスでスタンディングで聴くのが疲れた時などは大活躍です。1つ持っておけば普段からピクニックなどに行くときにも使えるので便利です。

 

2.モバイルバッテリー

屋外では電源を確保できないところがほとんどなのでしっかり持っておきましょう。

フェスやキャンプの日程を把握して、バッテリー容量がどれくらい持つのかを確認しておくことが大事です。

 

3.折りたたみチェア

あれば快適さが格段にアップする折りたたみチェア。軽量で持ち運びしやすく、比較的安価なものも多いので持ってて損はナシです。

 

4.折りたたみテーブル

フェス終わりにみんなで乾杯!ってときにもテーブルがあると便利ですね。

 

5.帽子(キャップではなくハットが◎)

帽子も個人的には必須ですね~。キャップだとツバが前にしかついておらず、日差しがよけきれないのでハットをおすすめします。

各アウトドアブランドからデザイン性・機能性を兼ね備えたハットが販売されているので選ぶのが迷ってしまいますね~。

 

6.サングラス

こちらも紫外線対策に。フェスのときは激しく動いたりして壊してしまう可能性もあるので、高価なものよりは安価でUV対策がされているモノを選ぶのがいいかも。

 

7.サンダルorクロックス

キャンプで海に入ったり、フェスで一休みするときにはサンダルが必須。

テント張ったりすると靴の脱ぎ履きが面倒なんですよね~。あとずっとスニーカーを履いているのもムレるので、適宜履き替えるのがおすすめ。

 

8.速乾Tシャツ

とにかく動きまわると汗をかくので、機能性の高いTシャツを持っておくといいかも。

「コロンビア」のTシャツなんかは速乾性に優れているので、水に濡れたり汗をかいたりしても体を冷やしにくくなります。

 

9.プラスチックマグ&プレート

持ち運びに便利なのはやはりプラスチックのマグ&プレート。

紙皿や紙コップを使わずゴミも減らせるのでエコに使えますね。

 

10.ブランケット

キャンプ場や山の中での夏フェスだと、夜は急激に冷え込む恐れがあるので、防寒対策は必須。

泊まり込みの場合は毛布やブランケットをしっかり用意しておくと安心です。

 

11.ランタン&懐中電灯

夜は真っ暗になるのでランタンや懐中電灯は必須です。スマホのライトだと貴重な電源が減ってしまう<?span>ので、ぜひ用意しておくことをおすすめします。

 

12.カラビナ

意外と活躍するのが「カラビナ」。聞いたことない人もいるかと思いますが、形を見たらわかるかも?

 

細かい小物をまとめて身につけておきたいとき、モノが増えてバッグの中におさまらないときなどにズボンやバッグに引っ掛けることができます。

 

13.速乾タオル

タオルは間違いなく必須ですよね~。特に速乾性のあるタオルがおすすめです。

乾かずに濡れたままカバンにしまいたくないですよね。

 

 

14.アウトドアワゴン

こちらは車を使う人が荷物を運ぶときにかなり活躍します。駐車場とキャンプ場orフェス会場が遠かったりすると大きな荷物を持って移動するのは結構キツいですよね。

ワゴンがあると一度に積んで運べるので、一台あると重宝します。

 

15.ポンチョ&レインブーツ

急な雨に備えて、雨具は用意しておきたいところ。傘よりもポンチョをかぶってしまったほうが雨でも動きやすいですね。

地面が土とかだと靴がドロドロになってしまうのでレインブーツもあると最強です。

わたしのオススメレインブーツは「日本野鳥の会のバードウォッチング長靴」ですね。コンパクトに持ち運べて丈夫&なぜかめっちゃ安いのでいつも活躍してます。しかもデザインもかわいいので普段履きでも全然イケます。

 

16.携帯用ウォーターボトル

夏場に欠かせない水分補給。1つはウォーターボトル持ってたいですね。

フックがついていたりストラップがついているものだと持ち運びにもかさばらないので便利です。

 

17.テントフラッグ

キャンプ場やフェスの会場で、自分と似たようなテントばっかりでどこが自分の場所かわからない・・・ってときにテント用の装飾品をつけておくと一目でわかります。

かわいくてテンションも上がるのでわたしも欲しいなぁ~。

 

18.首さげポーチ

これはフェスのとき欠かせないですね。わたしはフェスのタイムテーブルや日焼け止め、スマホ、小銭を入れるために使ってました。ポケットに入れると踊ったときに落としてしまうので・・・逆に激しく踊らない人はいらないかも(笑)

 

19.防水スマホケース

首さげポーチはいらないって人ならスマホケースだけでもあると便利かもしれません。

 

汗や水に強く、ケースの上からタッチできるのが超使いやすい!不意に落としてしまうことがないので安心です。

 

20.モンベルのバキュームバッグ

モンベルの圧縮袋がスゴイ。そこらの市販品より相当頑丈で、空気の逆流もしないので長く真空状態が保てます。

何より湿気を防いでくれるので、汗をかいたあとの衣類を入れても他の荷物にニオイがうつらないのがいいですね。

1枚持ってて損はないです。

 

21.虫よけバンド&スプレー

虫よけ対策も大事ですね~。わたしも蚊に刺されやすい体質なので、いつも腕に虫よけバンド&足にスプレーしてます。最初は気休め程度に使ってましたが、意外と効果あるかも?

 

22.日焼け止め

女性は必須アイテムかもしれませんね。フェスやキャンプにいくとどうしてもTシャツ焼けをしてしまうので、腕や首の日焼け対策は万全にしたいところ。

 

23.タスキバッグ

個人的にいま欲しいのがタスキバッグ。伸縮性があるから大きめのモノも入るし、激しく動いても体に密着するので荷物を落とさない

これはフェスで大活躍しそうですね~!

注目のタスキバッグブランドは”HOLDTUBE(ホールドチューブ)”

 

24.携帯用ウォレット

普段の財布を持ち歩くのは大きくてかさばってしまうので、丈夫でコンパクトなアウトドア用ウォレットを用意しておくと安心です。

携帯しやすいサイズなので、肌身離さず持っていられますね。

 

25.アイマスク、耳栓

テント内での快適な睡眠に備えて、騒音や朝の日差しを防ぐための必需品。

この2つがあればどこでもグッスリ快眠です。

 

その他の細かい持ち物編

ウェットティッシュは大活躍!

手の汚れや使った食器やマグカップをささっと拭くときに超便利。

水場が遠いところほど大活躍します。

 

絆創膏常備で女子力アップ

急な怪我に備えてもっておくと◎。友だちが軽いケガをしたときにサッと渡せたら女子力高いですよね~。わたしも持っておこう。

 

忘れがちな化粧品・洗面道具

忘れがちなのが洗面道具。歯ブラシや洗顔料、コンタクト保存液、女性はメイク落としなど、泊まり込みの際は忘れずに! 

 

着替えは多めに 

タオル・Tシャツ・靴下などは汚れやすいので替えを多めに持っておくといいです。

汚れたまま着続けるのもイヤですしね。

思いっきり汗かきそうな人は下着も余分にあると完璧です。

 

 

万全に準備して最高のレジャーを楽しみましょう\(^o^)/

 

関連記事