読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

「自己啓発本は時間の無駄」と言ってる奴のその思考が無駄

f:id:aopa-----nda:20161026145944j:plain

「自己啓発本読むとか時間の無駄でしょ」と言ってるやつらに一言いいたい。

時間を無駄にしてるのは君の思考回路のせいだよと。

 

なんで本のせいにしてるんでしょう?「自分には本から何かを学び取る能力がないです」って言ってるようなもんですよ。

 

 

本が悪いんじゃない。「無駄」だと思っている思考が悪い

そもそも無駄だと思いながら本を読んで、何か学べるはずがないでしょと言いたい。

単純にあなたが「本から何かを学び取る気がないだけ」でしょう。

 

あなたに学ぶ気がないのに、「どうせ無駄」と思ってるのに、その前提で本を読むとかそりゃ時間無駄にしますよ。

本が悪いんじゃなくて、「時間の無駄だ」と思いながら本を読むその思考が悪いんです。

本に責任転嫁するまえにあなたのその「無駄」という前提をどうにかしろよって 感じです。

 

言葉から教訓を学び取るスキルが足りないだけ

 これはもちろん自己啓発本に限った話じゃないですよね。

どんなことも自分が「無駄だ」と思ってしまった時点で、全部無駄になるんです。

 

たとえばどんなにくだらないと思える出来事でも「こういうことを次から防ぐにはこう改善しよう」とか、そのくだらない出来事から教訓を得られる人だっているんですよ。

「無駄だ」と言っちゃう人はひとつひとつの言葉や日常の行動から学び取るアンテナが足りないんです。

 

物事に価値をつけるのは自分自身じゃないですか。

「時間を無駄にしたこの本が悪い」なんて言ってたら、いつまでたってもあなたの「学び取る力」はつきませんよ。

 

なんのために本を読むのかはっきりさせろ

自己啓発本が無駄だと思ってる人は「なんのためにその本を読むのか」ハッキリしてないからだと思うんですよね。

目的もなくただなんとなくダラダラ読もうとするから時間の無駄なんですよ。

 

わたしはよく起業家の方たちの著書を好んで読みますが、それを読むのも「力強く情熱的に生きている人たちの考え方を知りたい」と思うから読むのです。

「この著者の考え方を本気で学ぼう」と思えば、その本は自分の今までの価値観すら変えてしまうほど影響を与えるんですよ。

 

だから「自己啓発本なんか無駄」っていう前提から「もしかしたらこの本は自分の今までの生き方や価値観を変えるかもしれない」って思うようになれば、その本から新しい気づきや教訓を学ぼうという姿勢になりますよね。

大事なのはこの姿勢なんです。

 

本に限らずなんでもこの姿勢で取り組んだら、ちょっとしたことからたくさんの気づきが得られるようになるんですよ。

 

もっともっと学び取る力を磨いて、「無駄」という考えを取っ払ってください。

 

 

▼こちらの記事も読まれてます