読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

活字本が苦手な人のための3つの克服方法を元書店員が紹介。

本-読書術

f:id:aopa-----nda:20160428130648j:plain

こんにちは。元書店員ブロガーのあんちゃです。

今日は「本が苦手な若者たち」について。結構多いですよね。

 

わたしもいまでは活字大好きですが、大学3年まではマンガしか読まなくて、唯一活字の本を読んだのはハリーポッターだけだったw

なんで活字が苦手になったのか、そしてどうやって克服したのかを書いておこうかと思います。

 

なぜ活字本が苦手なのか?

 

①小・中学生の頃の強制的な読書

わたしが活字嫌いになったきっかけは、中学校の国語の授業でした。

なんで興味もない物語をこんなに時間かけて授業するのか・・・

しかも「著者の心情を述べよ」なんて著者死んじゃってたら誰にも正解わかんないだろうが!!

ってずっと思ってました。

 

あとは夏休みの読書感想文とかありましたよね。あれもなかば強制的に読書させられる。

「本は読まなきゃいけないもの」って認識ができてしまうと、苦手だと思い込んでしまいますよね。

 

②読書をするメリットがわからない

読書が自分にとってなんのタメになるのかがわからないと、読む気もしないですよね。

私も読書するくらいなら外で遊びたい派だったw

 

読書する目的がみえないと、本を読む必要性がわからなくて、読書から遠ざかってしまうのかと。

 

▼あんちゃが考える読書のメリットに関してはこちらの記事に書きました。

www.mazimazi-party.com

 

③映像やイラストがないから物語がイメージできない

活字だけだと、物語の展開イメージは自分の頭のなかでするしかない。

そうなると読むのに時間がかかってめんどくさくなったり、頭のなかが混乱して止まってしまうんですよね。

わたしも活字本を読んでて、登場人物が多すぎて挫折した本とかあるし。

 

 

じゃあどうすれば苦手意識を克服して読書が楽しめるようになるか。

 

苦手を克服して読書を楽しむ3つのポイント

 

①自分の現状を振り返り、不満や課題を見つける

本を読むのは、本になにかを求めているから読むのだと思います。

だから自分のいまの状態を振り返って、自分に何が足りないのか・何を欲しているのかを洗い出すと、本を読み進めやすくなるかも。(特にメンタル面で)

 

ちなみにわたしが活字嫌いを克服した、森絵都さんの『カラフル』という小説があるんですが、

それを手にとったのも、当時就活をしていたときに将来への葛藤や生きづらさを感じていて、それに共鳴するような内容だったからかもしれないな、といま思い返すと感じます。

 

本の内容がすごく共感できる内容だったり、自分に役立つ情報が入っていると読書がはかどります。

だから自分が本に対してなにを求めているのか、少し意識してみるといいかもしれません。

 

②映画やドラマの趣向に似た本を選ぶ

読書も自分の興味のあるジャンルじゃないと、最初はなかなか読む気になれないと思います。

売れ筋で人気のある本が自分に合うとは限りませんからね。

 

だから、映画やドラマで好きなジャンル(ミステリーとかSFファンタジーとか)に似た本は、比較的読みやすいんじゃないかと。

似たジャンルならイメージもしやすいしね。

 

ちなみにわたしはサスペンスが大好きなので、湊かなえさんの『告白』を読んだときはかなり興奮しましたね。あれは名作。

活字苦手でも、圧倒的にストーリーに吸い込まれました。

 

③薄い本を選ぶ

いきなり分厚い小説とかを選ぶと、「時間かかりそうだなぁ」と思って読まないまま本棚の奥に引っ込むことがあります(経験談)。

まずは薄い本で1~2時間でサクッと読めそうなものから選んでみるといいかもしれません。

 

そしてできれば買ったその日に読む。

これ結構大事なんですよ。

日が伸びるほど、読書が後回しになって読まずに本棚の奥へ引っ込んでしまいます(経験談)。

 

▼活字苦手な人にサク読み本を紹介してます。

www.mazimazi-party.com

 

マンガもめちゃくちゃいいけど、活字もハマると面白い。

そしてなにより活字に慣れていたおかげで、自分がブログを書く立場になって執筆に超役立った。笑

 

というわけで、ひとりでも活字嫌いな人が本を好きになってくれたら嬉しいです。

 

 

▼『カラフル』/森絵都

薄くて読みやすいし、20代にはきっと響く話だと思う。

 

▼『告白』/湊かなえ

そこそこ分厚いけど、冒頭一文から吸い込まれるので一気に読める。