読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

「何もやる気が出ない…」モチベーションの上げ方5つを徹底的に紹介。

メンタル ライフハック

f:id:aopa-----nda:20161022125814j:plain

こんにちは。クソマジメゲスブロガーのあんちゃです。

 

「なんか知らんけどしぬほどやる気出ない」

そんな日もありますよね?ちなみにわたしは結構あります。

特にわたしが会社員をやめてフリーランスになってからは「仕事したくない・・・」って日があると誰もお尻を叩いてくれる人がいないので自分でどうにかするしかありません。

 

ってことで今回はわたしが試行錯誤しつつ実践している「やる気がでないときにモチベーションを上げる方法」を5つ紹介します。

 

 

やる気がでないときのモチベーションの上げ方5つ 

①一度むりやりデスクの前に座ってみる

これやってみると意外とはかどることもあります。

結局人はなにごとも「行動を始めるとき」が一番めんどくさいものです。

だからそれを受け止めた上でむりやり机の前に座るorカフェとかに行って「10分だけやろう」と決めてやってみましょう。10分やったらそのあとは好きな事をやる!みたいに。

そこでスタートをきると「あっ意外とはかどりそうだ」ってなって結果的に普通に仕事できるときもあるのです。

 

しかし10分やってもダメな時はダメです。そんなときは以下の4つを試しましょう。

 

②マジで何もしない

本当に何もせず1日布団の上にいる。

これわたしもやります。特に気分が落ち込んでいるときとかに有効ですね。

本当に何も手をつけずひたすらゴロゴロするんです。朝9時に目が覚めて「だめだ何もしたくない」ってなって10分やってみても「ダメだ」ってときは全てを捨てて布団に戻ります。

 

ちなみに会社員だった時代も、一時期会社に行くのがつらくて仕方なかったときに有休を使ってこれをやったこともあります。

 

そうして夕方の19時くらいまでゴロゴロします。

そうするとなぜか

 

「うわぁ・・・ほんとに今日何もしなかった・・・」

 

という変な罪悪感に襲われはじめます。有休を使ったならなおさらです。ついでにずっと寝ているため腰も痛くなってきます。

そうすると「ちょっと起きるか」となって「今日の残りの時間くらいはやりたい事をする時間にあてるか」と最後に悪あがきをし始めることもあります。

 

ただし注意点としては1日寝てたので夜に全く眠れなくなる可能性があることです。次の日会社がある場合などにはハイリスクかもしれません。

 

③自分の好きな事をやる

やる気が出ないのは「アウトプットをしすぎている」という可能性もあります。

どんなにひねりだしてアウトプットしようとしても、そもそもインプットがなければ何も出せませんよね。

わたしも文章書けなくなったときとかは、自分の好きな事をやってインプットの時間にあてるようにしています。

 

読書、映画、音楽、買い物、・・・

そしたら意外とこういうところから仕事のヒントが得られたりするんですよね〜。

だから自分の好きな事やモノに触れて、インプットで頭ん中を潤してみましょう。

 

もし自分でやりたいこととか思いつかないなーって場合は以下の記事にいろいろと書いてあるので、この中からぜひ選んでやってみてください。

>>「休日暇…」ボッチ必見!一人でも有意義な休日の過ごし方10選

 

④人と会う・とにかくしゃべる

親しい友人や、尊敬している仲間と飲みに行ってみることも重要。

会う人を決める上でポイントなのは「前向きに生きている人」「悩みを共感しあえる人」とはなすことかなと。

自分と同年代の人とかからがんばっている話・苦労しながらも働いている話を聞くと刺激を受けるじゃないですか。

「もがいているのは自分だけじゃないんだ」って思えると、自然とモチベーションも上がるはずです。

 

モチベーションが上がったら、その状態のまま一仕事するとか、自分のやりたいことをやって眠りにつくといいかなと思います。

上がったモチベーションは時間がたてば落ち着いちゃいますからね。

 

⑤昼寝する・頭をからっぽにする

②と少し似ていますが、「さすがに仕事とかサボれないし1日何もしないのは無理」って人は休憩時間やスキマ時間で15分くらい昼寝をしてみるとか、ただぼーっと景色を眺めて「何も考えない時間」を作るといいかなと思います。

 

そうやって一度思考をリセットすると頭の整理ができるんですよね。単純にスッキリするので心機一転で仕事を再開できたりします。

頭がつねにフル回転の状態だと疲弊しちゃうので、こういうリフレッシュも不可欠ですね。

 

むりやり向き合ってもいいものはできない

結局イヤイヤ目の前のことに取り組んでも、その半端な気持ちのまま向き合ったところでいいものはできません。

そういうときは上記のことを試して、ガソリンを補給しましょう。

 

一見まったく違うことをやっても、それがのちのち自分の仕事に活きてくるもんです。

何をしたって無駄な時間なんてないんですよ。大事なのは友達と遊んだって昼寝したって、それを前向きにとらえて自分のエネルギーにすること。

 

「やる気がでない自分は情けない」なんて思わずに、「しばらく休めてなかったから久々にダラダラできてよかった!」と捉えて、やりたいことに全力を注いでいきましょう。