読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

メンタル潰れかけても再生できるのはブログのおかげだった

あんちゃ

f:id:aopa-----nda:20170203190119j:plain

最近いろいろバタつくことが重なり、脳がずっと働いている状態だった。

体は休んでても、頭はずっと回転している状態。

 

無論、疲れる。

 

眠りにつくときにも

  • あ、あの人のメールまだ返してなかったから明日すぐ返さないと!
  • そういえばこのまえの下書きの記事そろそろ完成させたいな〜
  • あっ洗濯物溜まってるし明日洗濯・・・
  • あれそういえば明日の予定なんだっけ?
  • やばい!!イベントの企画案出さなきゃだった!!
  • うわあああああああああ

 

・・・・・ってなっていた。

 

そうなると当然眠れるはずもなく「今できることやっちゃわないと」となって結局寝れなくなって次の日を迎える。

 

たぶんこれはフリーランスの人はみんな経験することだろう。

自由に働けるという事は、無制限に働けるということだ。動くも休むも、全部自分次第。

仕事と休息の切り替えがうまくできない人は、永遠に考え事をし、頭を回転させるはめになる。(わたしのように)

 

 

そんなこんなで、つい最近ガソリンが切れてしまった。

 

 

 

自分が今までやっていたことの一部を、”やらない”という決断をした。

 

「いま自分が本当にやりたいことは何なのか」を考え選ばなければつぶれてしまう、と直感で思ったからだ。

 

 

やっぱりわたしは文章が書きたい。

ブログを書きたい。

 

 

どんなに疲れても、うわああああってなっても、いまこうして文章を打ってる間は心が休まる。

無心で書けるからだ。

 

そしてブログは自分のぐちゃぐちゃになった思考を紐解いて、整理して、吐き出す場所にもなってくれる。

なんだか「文章に生かされている」気がしてならない。

そしてそれを読んでくれる人、面白いと言ってくれる人のおかげで、わたしは何度でも回復できる。

 

 

ブログに出会えて本当によかったと、心の底から感じた。

 

 

だからもう一度自分の本当にやりたいことを見つめ直して、「やらない決断」をすることが大事だと思った。

 

 

わたしは、文章が書きたい。

 

 

だから、そこに集中する。

 

 

自分はいつ死ぬかわからない。わからないから「本当にやりたいこと」を後回しにすることはできない。

”あれやっておけばよかった”と思いながら死ぬのはたぶん一番つらい。

 

 

 

だから、わたしは、書きます。