読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

Webフリーライターになるにはまずブログをやるのが最適だと思うよ

ブログ フリーランス

f:id:aopa-----nda:20161031171319j:plain

こんにちは。クソマジメゲスブロガーのあんちゃです。

最近わたしのまわりにも

  • フリーライターになりたい
  • 副業としてライターしたい

って人が増えてきた気がします。

 

わたしも会社員だった頃には「ライターってかっこいいなあ・・・やってみたいなぁ」って漠然と思ってたんですが、現在会社を退職してからはブログを書きつつ、「ライター」として他のメディアでも書かせてもらう機会が増えました。

結果的にこうしてひとつ夢を叶えたわけですが、これは全部わたしが「ブログ」を通して受けた仕事なんです。

だからフリーライターになりたい・未経験だけどライターやってみたい人は、まずブログやればいいんじゃない?って思うわけです。

 

出費ゼロで始められるブログは最強ツール

「フリーライターになりたい!」「副業でライターやりたい!」って思ってもいきなり仕事をもらうのは厳しいですよね。文章を書いたことがない人だったらなおさらそのハードルは高い。

 

だから、わたしはブログを始めたんです。

ブログって無料のブログサービスを使えば一瞬で開設できて、誰でも気軽に書けるじゃないですか。

で、ただ書いてるだけは誰も読んでくれないから、「どうやったら人の目に止まる文章が書けるかな?」って考えながら書くようになって、そうすると自然と文章スキルも鍛えられる。

文章の書き方やブログノウハウなんてネットにごろごろ情報があるから、学ぶのもタダです。

初期費用がゼロで、こんなに簡単に書けるブログってまじで最強じゃね?って思うんですよ。

 

ライターになりたい人がブログをやるべき理由

もちろん「ライター」と「ブロガー」は働くスタイルも全然違います。でも、それでもライターを目指す人はブログをやるべきだと思います。

 

「自分」を発信して認知してもらう

もしフリーでライターをやるとなれば、そもそも自分の存在を知ってもらわなければ仕事は来ませんよね。

そして「あなたに記事を書いて欲しい」と思ってもらえるようなキャラ立ちだったり、個性や独自性が必要。誰にでも書けるような記事なら、あえてあなたに依頼する必要はですから。

 

これってブログをやると、ある程度読まれるようになったらたくさんの人に「自分の個性やキャラ」を認知してもらうことができるんです。

むしろブログで読まれるような文章が書けなければ、ライターとしてやっていくだけの力もつきませんよね。(個性のない記事を量産する仕事なら別ですが…)

わたしはブログを通してメディアの運営者の方などに「認知」してもらって、執筆の依頼をいただけるようになったということです。

 

得意なこと・好きなことで勝負できる

個人でブログを書くとなると、大体の人は「自分の好きなこと・得意なこと」を記事のネタにしますよね。

だからブログを通してライターの仕事をもらうとしたら、きっとそのライターでの仕事も自分の好きな分野・得意ジャンルで書けます。

ブログの記事をみてライターの仕事を依頼してくるってことは、「ああ、この書き手はこれが得意なんだな」って理解してくれてるってことなんで。

だって旅行系のブログ書いてる人に、金融や投資系のライターの仕事依頼しようと思わないですよね。

 

ってわけでブログで自分の好きな分野を書いておくと、それを通した仕事の依頼も自分の好きな分野で活躍できる可能性が広がるってことです。

 

文章力を鍛えながら稼ぐこともできる

ブログってやり方次第では収益を出すこともできます。これってすごく重要なことなんです。

 

文章書いたことない人って、大体ブログを始めても長続きしないんです。なぜなら書き方もまだ下手で、時間がかかって、大変で、モチベーションが下がるから。

だからブログで収益を出すことって、継続して文章を書くためのモチベーションにつながるんですよ。

やっぱり”お金”って人のやる気を左右する要素です。会社でも薄給でめちゃくちゃ働かされたらモチベーション下がりますよね?これと同じ。

 

ちょっとずつ読まれるようになって収益がでると「嬉しい!!もっとがんばろう!」って思えるようになって執筆もはかどるんですよね。

ただ文章力を鍛えるだけじゃなく、稼ぎながらできるのはブログの良いところだなと思います。

 

▶︎ブログでの稼ぎ方については以下の記事に書いています

>>ブログの稼ぎ方とは?初心者が3ヶ月で5万稼ぐためにやった3つの方法

 

クラウドソーシングもいいけどブログもいいよ

最近だと「クラウドソーシング」と呼ばれるサービスが普及してきて、在宅でも文章を書く仕事を簡単に受注できたりするようになりました。

代表的なクラウドソーシングサービスとしては「クラウドワークス 」とか。このへんはアルバイト感覚で記事を書く仕事ができたりします。

わたしもブログ始めた直後は並行してやっていました。

 

単発でお小遣いを稼ぎつつ文章力を鍛えるならこういうやり方も大いにアリだなと思いますが、わたしはやっぱりブログを一番おすすめしますね。

 

ブログは収益を出すのが時間かかるため、モチベーション維持に苦労する人も多いんですが、やっぱり「自分の個性」を全面に出せる土壌を持っているのはめちゃくちゃ大事だなと。

これってライターになりたい人に限らず、いろんな仕事を受けるときにもブログが窓口になってくれるので、とても役立ちます。

 

ようするにみんなブログやれよって話ですね。

 

ブログでの文章の書き方やノウハウなどは以下の記事にも書いてあるのでのぞいてみてください。