読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

「とりあえず3年」が過ぎた社会人4年目の悩める人たちに25歳の私が言いたいこと

f:id:aopa-----nda:20170403174426j:plain

プロブロガーのあんちゃです。

新年度が始まりましたね。わたしは特になにも変わらずいつも通りパソコンに向かって記事を書いています。

 

さてわたしも今日で社会人になってから丸3年を迎えました。

まわりの友人たちも今日から社会人4年目に突入です。

 

「とりあえず3年は働くか」

と、入社時に言っていたみなさん、今どうしているでしょう。

 

「とりあえず3年」の真意

 

「とりあえず3年働く」って、いろんなところで聞きますよね。

ただ、とりあえず3年にもいろんなニュアンスがあります。

 

「この会社に骨をうずめる覚悟だからとりあえず最初の3年でがっつり経験積む!」

って人もいれば

「とりあえず3年働けばなんか見えるでしょ」

と考える人もいる。

 

明確な3年間の使い方を知っている人もいれば、ただ考えることを先延ばしにして3年過ごしてきた人もいると思います。

ただわたしの身の回りにはどうしても後者の人が多いような気がして、余計なお節介ですが「それで本当に大丈夫?」と感じてしまうのです。

 

 

「3年働けば何か見えるだろう」と考えていたみなさん、いま何か見えてますか?

これからの明確な働き方が決まりましたか?

 

目の前の忙しさに追われ、散々自分の働き方に向き合うのを避けてきたみなさんはこれからどう生きるんですか?

 

なぜわたしが「とりあえず3年」を捨てたのか

ところでわたしも社会人になったばかりの頃は例に漏れず「とりあえず3年働いてみるか」って思ってた人間でした。

 

働きたい仕事もわからず、やりたいこともなく、生計を立てるために仕事に就き、毎日を家と会社の往復で終える毎日。

「とりあえず働いてみないとこれからどうしたいのかなんてわからないから、1年働いてみてから考えよう」と思って、最初の1年を過ごしました。

 

 

結果、1年働いたけど、自分がこれから何をしたいのか全くわかりませんでした。

会社の仕事はだいぶ覚えたけど、それだけでした。

会社の中でどう立ち回るかはわかったけど、自分が本当に何をしていきたいのかは何も答えが見つからなかったのです。

 

わたしはここで、どんなに働いたとしても自分が真剣に自分の働き方に向き合わない限り答えが見つかることはない、ってことに気づきました。

ただ毎日ひたすら目の前のタスクをこなしているだけじゃ意味なかったんです。

「その毎日のタスクがどの方向へ向かっているのか、最終的なゴールはどこなのか」が定まってない状態で毎日働くのは、永遠に先の見えない迷路で走り回っているようなものでした

 

 

そこから社会人2年目になったわたしは「このまま何も考えず働き続けたらまた同じように1年が終わる」と思い、少しずつ自分のこれからの働き方を模索し始めました。

 

自分が何をしたいかもわからない状態でこれからの働き方を考えるのは難しかったので、とにかく会社以外でいろんな人と出会い、いろんな働き方に触れるようにしました。

たくさんイベントに参加し、呼ばれた飲み会にはすぐ駆けつけ、偉人たちの本を読みました。

 

もちろんたくさん回り道をしました。いろんなことに手を出しては中途半端に諦め、転職活動も途中でやめて、葛藤と不安につぶされそうになりました。

 

でも最終的にもがきながら考え抜いた結果、わたしはいまフリーランスで独立して働いています。

自分が人生かけてやりたいと思えるものが見つかったからです。

「とりあえず3年」という言葉を疑うことから始めた結果、いま本当に幸せに働くことができています。

 

 

わたしがこの経験で学んだのは

「とりあえず3年で何か見つかる」なんて考えは安易すぎるってことです。

3年経っても経たなくても、自分が真剣に働き方に向き合わない限り一生納得して働くことなんてできないです。

 

これからも「とりあえず3年」を続けるのか?

とりあえず3年を終えた社会人のみんなは、いま充実して働けているだろうか?

自分が実現したい働き方のために動けているのだろうか?

 

どうか、先延ばしにしないで考えてほしいです。

自分がこのままずっと同じように働いていていいのかを。

 

「とりあえず5年やってみるか」

「とりあえず30歳まで」

「とりあえず定年まで」

と、そのまま過ごして定年を迎えたときに「もっとちゃんと考えておけばよかった」と絶望してしまう人が少しでも減ってほしいと思います。

 

 

会社は自分の未来を決めてはくれない。

自分で考えて動かなきゃ一生変わらない。

 

 

▼こちらの記事も読まれています