読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

「女は顔」なんて30歳までだよ。容姿ばかり気にしてちゃ相手にされなくなる

恋愛

f:id:aopa-----nda:20160530113216p:plain

こんにちは。クソマジメゲスブロガーのあんちゃです。

いつも論争になるこの話題。「女は結局容姿(見た目)が全てなのか」問題。

女性なら一度は”あの子は顔が可愛いから得してる”とひがむ経験があるのではないでしょうか。わたしはあります。

 

果たして女性は容姿が全てなのか。この論争に終止符を打つような名言を発見したので紹介します。

 

JPモルガン社長の名言が深すぎる

とあるアメリカの大手コミュニティサイトに「金持ちの男性と結婚するにはどうすればいいの?」と投稿した女性に対し、アメリカ大手投資銀行・

JPモルガンの社長が深すぎる回答をしたそうです。

 

▼女性の投稿

正直に書こうと思います。

私は25歳で、かなり美人ですし、品もよく、センスもいいです。私は年収50万ドル(4000万円くらい)以上の男性と結婚したいと思います。

(中略)

私が聞きたいのは、あなたのようなお金持ちと結婚するためには、どうしたらいいのかと言うことです。私が今までお付き合いした人の中で一番のお金持ちは、年収25万ドルの人だったのですが、年収25万ドルが限界なのかな、という気がしています。

(中略)

恐れ入りますが、次の質問に答えてもらえませんか?

  1. お金持ちの独身男性はどこに集まっているのですか?(バーやレストラン、ジムの住所のリストがほしいです。)
  2. 何歳くらいの人を狙ったらいいでしょう?
  3. なぜ、お金持ちの妻達のほとんどが、特にかわいくもない平均的な容姿なのですか? 美人でもおもしろくもないのに、お金持ちと結婚した女の子を何人か知っています。
  4. 結婚するか、付き合うだけで終わるかの決め手は何ですか?

引用:http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20120827/Pouch_79083.html

かなり正直な女性ですが、他にも同じように思っている人は多いんじゃないかなと思います。

「どうすれば玉の輿にのれるの?」「ハイスペックな男性はどこにいるの?」って。

その質問に対してJPモルガン社長は実に深い回答をしました。

 

▼JPモルガン社長の回答

あなたの投稿をおもしろく読みました。

おそらく、あなたと同じような疑問を持っている女性はたくさんいるでしょうね。あなたの状況を、プロの投資家として分析することをお許しください。

私の年収は50万ドル以上。あなたの希望に添っていますので、ここでこれを読むみなさんの時間をムダにしないのではないかと思っています。

ビジネスマンの視点に立って判断すると、あなたと結婚するのは悪い決断です。理由はとても単純です。説明しましょう。

細かいことは抜きにして、あなたがやろうと思っていることは「美」と「お金」の交換です。Aさんが美を提供し、Bさんがそれに対してお金を払うのです。フェアでわかりやすいですね。

しかし、ここには1つだけ重大な問題があります。「美」は、そのうち「なくなってしまう」ということです。しかし、「お金」はそうではありません。実際、私の年収は毎年上がり続けています。

しかし、あなたは毎年どんどん美しくなるでしょうか。つまり、経済的な観点から言うと、私は「魅力的な資産」ですが、あなたは「値下がりしていく資産」だということです。しかも、「急激に値下がりする資産」なのです。もし「美」があなたの唯一の資産ならば、あなたの10年後の価値は、かなり心配すべきものでしょうね。

ウォールストリートでは、どんな取引にも「短期保有」と言うものがあります。あなたとデートすることは、「あなたを短期的に保有すること」です。取引では、売買するものの価値が落ちるとわかれば、私たちはそれを売ってしまいます。「長期保有」することはないのです。でも結婚は、「あなたを長期的に保有すること」なのです。

残酷なようですが、賢い選択をするなら、急激に価値が値下がりするものは、売ってしまうか、レンタルするくらいで十分なのです。年収50万ドルを稼ぐ人はバカではありませんから、あなたとデートはしても、結婚することはないでしょう。

お金持ちと結婚するための方法を探すのはおやめなさい。それよりも、あなたが年収50万ドル稼ぐ人になるのです。これが私のアドバイスです。お金持ちのバカを探すよりも、ずっとチャンスがあると思いますよ。

引用:http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20120827/Pouch_79083.html

 

容姿を武器にする女性は次第に戦えなくなる

 

 やっぱり若いころってどうしても可愛い子がチヤホヤされますよね。

そしてチヤホヤされた子は「自分の外見が武器になる」ことを知っています。

 

でも、長い目で見ると「その武器の威力は衰えていく」んです。「老い」には逆らえないですからね。

”外見”という武器だけを必死に磨いてきた人は、その武器で戦えなくなったときに手持ちの武器がなくなってしまう。

 

上記の女性の質問で「お金持ちの妻は別に容姿は美しくない」と書かれていましたが、その妻たちの武器は容姿ではないんですよね。

容姿は急速に消耗する武器です。消耗しない武器を身につけていきたいですね。

 

中身がつまってる人は年齢を重ねても美しい

f:id:aopa-----nda:20160530113255p:plain

個人的な偏見ですが、「人間的な魅力がつまっている女性」年齢を重ねても美しいのが見た目からわかります

言ってること矛盾してるじゃん!って思うかもしれませんが、それは顔が整っているとか目が大きくて可愛いとかいう顔の美しさではないんです。

人間味があって豊かな表情だったり、魅力的な雰囲気だったりするのがパッと見て伝わってくるんですよね。内面の魅力が溢れているというか。

 

自分の芯を持っている・自信を持って人生を送っている女性はどんなに年齢を重ねても「美しいなぁ」って思います。

わたしもそういう風に歳を重ねていきたいですね。

 

あんちゃ的”美しい女性”

わたしが魅力的だなぁと思う女性はこの3名。

山川咲さん(ウェディングプランナー)

f:id:aopa-----nda:20161206181934j:plain

引用:http://yamakawasaki.com/

「クレイジーウェディング」創業者。情熱大陸にも出演してましたね。この方の著書には何度も勇気づけられました。

山口絵理子さん(MOTHER HOUSE代表)

たった一人でバングラデシュに乗り込み、25歳のときに起業。危険地帯で命がけのモノづくりに携わっていたという話はまじで心打たれました。

経沢香保子さん(カラーズ代表)

f:id:aopa-----nda:20161206182017j:plain

引用:https://twitter.com/kahokotsunezawa

27歳で起業、最年少で上場企業の女性社長になった方です。女性の働き方や結婚観に関して重みのある言葉が多く、学ぶ部分が多いです。