「働きたくない」のに仕方なく働くのは人生の無駄遣いだよ

スポンサーリンク
f:id:aopa-----nda:20160918215631p:plain

「明日仕事だ、、はぁ、、、」「やっと休みだ!嬉しいー!」

こんな口癖が当たり前になっているみなさん。

多くの人は「仕事ってめんどくさくて働きたくないもの」って思ってますよね。

日曜の夜はサザエさん症候群に陥って憂鬱な月曜をむかえ、やっと水曜日だ〜とため息をつき、金曜の夜は”嫌な”仕事から解放され束の間の喜びに浸る。1年中それの繰り返し。

これ、めっちゃ人生の無駄遣いじゃない?

 

人生の大半は仕事をして過ごす

よくよく考えてみましょう。

だいたいみんな22歳頃から社会人になって、1日に8時間・週5日くらい働きますよね。

てことは1週間のうち半分以上の時間を仕事に費やしていて、それが60歳まで続くんです。

 

人生の大切な時間の大半を、「働きたくない」と言いながらやりたくない仕事に捧げている。

自分の好きなことやりたいことをする「幸せな時間」は土日の少しの時間か、あとは老後しかない。

めちゃくちゃもったいない人生の使い方だと思うんですよこれ。

 

スポンサーリンク

一番重要な働き方こそ、もっと真面目に考えてほしい

とは言いつつ、「働かなきゃ生活できないから仕方ないじゃないか!」って思いますよね。

ただわたしからすると、「いや、どうせ働かなきゃいけないからこそもっと真剣に働き方を考えるべきじゃない?」って話なんです。

ほとんどの人が「あ〜働きたくない〜」と言いながら毎日なにか行動するわけでもなく日常を過ごして終えていきます。

でも本当に働きたくないと思ったら、いつもとは別のアクションを起こさなければいけないんです。

 

「どうせわたしには好きな仕事をするなんて無理」と諦めてしまうから何も変わらないんです。

せっかくなら「今後もしかしたら好きなことが見つかって素敵な仕事ができるかもしれない」って希望を持ってもよくないですか?

 

わたしもほんの半年前までは「つらいわけじゃないけど特別楽しいわけでもないし、会社行くのめんどくさい」とずっと思って過ごしていました。

でもやっぱり現状を変えるには、いつもと違う行動を起こさなきゃいけないって思ったんです。

関連記事:「定時で帰りたい」と思ったので周りが残業してる中1人で定時退社した話

そこからはなるべく定時で帰るようになって、いろんなイベントに参加してみたり、イキイキと働いている人たちに話を聞きに行ったりするようになりました。

 

そこから、「なんでわたしは働きたくないと感じるんだろう?」とその原因を探ってみたり、悩みを知人に打ち明けてみたりして、転職活動したり趣味の幅を広げたり模索して・・・

全部うまくいくわけはないのですが、そこで「ブログ」という存在に出会ってからどんどん生活が変わっていって、最終的に会社を退職して独立という形になりました。

 

 

数少ない土日を楽しみにするくらいなら、平日を楽しむための工夫をしたほうがいいよなぁと思って模索してきて本当に良かったと思っています。

結局みんな嫌な仕事を続けるのは、新しい可能性を探す労力をかけたくないから。

今のままでも、嫌な仕事を我慢すれば安定した生活ができるから動かないのだと思います。

「今動かなくてもまだ大丈夫」って。

 

でもそれを言い続けて気づけば40代50代・・・になっている人、どれくらいいるでしょう。

「働きたくないなぁ」と思ったら、少しずつ動き出しましょう。

 

たとえまわりの人に「諦めろ」とか否定されたって、自分の人生豊かにするほうがよっぽど大事じゃないですか。

模索するようになれば、絶対に同じ境遇の仲間が見つかるし手を差し伸べてくれる人がでてくるはずです。

 

「働きたくない」が口癖になって嫌な仕事を繰り返す人生、そろそろ終わりにしませんか?

 

▼転職に関する情報集めから始めるのもアリ。

関連記事:20代に”本当に”おすすめな転職エージェント5社を元エージェントが厳選!

 

▼わたしが会社員から独立するまでの話は以下の記事にまとめたのであわせて読んでみてください!

関連記事:凡人会社員からフリーランスになった私が独立するまでにやった7つのこと

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼