会社の飲み会に行きたくない時の断り方!新卒で断り続けた私の5つの方法

スポンサーリンク

ブロガーのあんちゃです。

 

会社員のみなさん。会社の飲み会は好きですか?わたしは嫌いでした。

会社の中でも仲のいい人と少数で飲むならまだいいんですが、部署単位での歓送迎会などはほんとに憂鬱です・・・。

新卒で入ったばかりの頃は幹事とかもイヤイヤやってたんですが、途中から飲み会への参加も幹事もやらなくなったので、今回はその断り方を紹介したいと思います。

 

目的がないなら、会社の飲み会に行く必要はない

そもそも「会社の飲み会には行く必要があるのか?」という話なんですが、わたし的には、目的がないなら行く必要はないと思ってます。

ただ、絶対その会社で出世する!という目的があるんなら行った方がいいです。出世=上司や周囲からの評価を上げることだからです。

わたしはずっとその会社にいる気はなかったし、出世する気もなかったので、わりと最初の頃から飲み会はキッパリ断って、自分の時間に充てていました(こうしてブログ書いたり)。

 

でもやっぱり、断るのって心苦しいんですよね。優しい上司や先輩とかに誘われたらなおさら。。

できることなら波風立てずに飲み会に行かない方法で伝えたい。

だからわたしは必死にその伝え方を考えて、実践してきました。今回はその実践した中から、うまく断れた5つの方法を書いていきます!!ぜひ参考にしてみてください(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

会社の飲み会を断る5つの方法(伝え方)

1:「家族の記念日や遠方の友人との約束」だと伝える

  • 「その日は子どもたちと一緒に過ごす約束をしていて・・・」
  • 「遠方から友人が遊びにきていて・・・」

など、普段はない貴重な家族や友人との機会が飲み会の日にかぶってしまった!と伝えると、ものわかりのいい上司ならば大体引き下がってくれます。

むしろこれを伝えて引き下がらない上司のいる会社はちょっとその体制を疑います。。。

家族や友人を大切にできない会社なんかにいるべきじゃないと思うのでw

 

ただ、これは一時的な断り方です。

何度もこれを使うとさすがに「そんなに遠方から友人こねぇだろ!」ってなっちゃうのでw

どうしても特定の飲み会だけ行きたくない!ってときに使ってみてください。

 

2:お酒を一切飲まないことをアピールする

体育会系の会社なら通じないかもしれませんが(笑)、「お酒を全く飲めない」アピールを普段からそれとなく周知させておくといいかも。

「お酒大好きです!」ってすでに会社の人に言っちゃってたら意味ないですがw

 

ちなみにわたしは本当にお酒が全然飲めないので、普段からそれがどんなに苦痛なことかをそれとなくまわりに伝えていました(笑)

まぁ仲のいい友人とかとの飲み会なら全然ジンジャエールで楽しく参加できますけどね。

 

あと、女性の場合、「生理中でお酒が飲めない&体調が悪いんです」ってのもかなり効果的です。

実際生理時にアルコールの摂取はあんまりよくないって言われてますしね。わたしはいつも生理痛の薬を飲むので、薬とお酒の併用も危険です。

男性の上司には少し伝えにくいかもしれませんが、頑張って伝えてみると「そ、そうか・・・大変だな・・」みたいな感じで引き下がってくれますw

 

3:「参加できないので、取りまとめだけやります!」

若手の人はなかなか飲み会を断りにくいですよね。

そういうときは「どうしても外せない用事があるんで参加できないんですけど、よければ予約とか取りまとめしますよ!」と伝えてあげれば

「おっ、コイツいいやつじゃん!」って思われる率が高いです。

 

参加できないから、せめて事前の予約や人数取りまとめだけ協力しておくことで、好感度も上がりつつ気持ちよく断ることができます。

 

4:参加しない理由は言わない。ただ「行きません」と言い続ける

メンタル強めの中級者向けの伝え方です。(笑)

ただ、効果は抜群です。

 

本来、仕事の業務時間外に飲み会に誘われているので、ぶっちゃけ断ろうが自由じゃないですか。

だから参加しない理由をわざわざ言う必要もないんです。

理由を言わず「わたしは参加しません」の一点張りを貫くことで、「あの人は飲み会には来ない人だ」とまわりに認識させることができます。

よって、長期的に「飲み会行かないキャラ」を定着させることができるので、そもそも飲み会に誘われる頻度もかなり減ります。

 

これを伝えるのに勇気がいるのは最初の2〜3回だけ。それ以上続けていれば声をかけてこなくなるか、「今日も行かないでしょ?(笑)」みたいな流れになるので楽です。

ただ会社の雰囲気によってはかなり険悪なムードになりかねないので、ブチ切れそうな上司とかには気をつけたほうがいいかもw

わたしは会社辞める5ヶ月前くらいからこの断り方で貫いてきました。なに言われてもどうせ辞めるしwと思ったら険悪になっても受け流せるので(笑)

 

5:「自分の時間でやることがある」と普段から言い続け、忙しそうにする

最後は「自分の時間でやらなきゃいけないことがある」と伝えることですね。

たとえば

  • 習い事
  • 資格の勉強
  • ボランティア活動

などなど・・・普段から意識高く「いろんなことやってます感」を醸し出しておけば、あなたを飲み会に誘うのは忙しそうだから・・・と躊躇するはず。

ちなみにわたしは本当に自分の時間でやりたいことがたくさんあったので、いつも走り去るように退社してましたw

仕事が終わった瞬間から慌ただしそうに身支度してそそくさとオフィスを離れるのがポイントです。(笑)

 

「そんなことやってないで飲み会に来い」とか言っちゃう個人の活動を応援できないような上司がいたら、今すぐ転職を考えましょう。

そんな会社にいたら、一生自分のやりたいことできませんからね。

 

イエスマンは一生時間を無駄に使い続ける

本当は飲み会に行きたくないのに流されるままついていっちゃう人。

あなたの貴重な時間、一生無駄に使い続けることになります。

行きたくないなぁと思ってるのに行ってしまうのは、時間もお金も泥沼に捨ててます。

 

ちゃんと断り方を身につけて、自分の限られた時間を大切に使ってください。

勇気がいるのは最初だけです。断る勇気が身につけば、きっとあなたは自分に誇りを持てるようになりますよ。

わたしも散々今まで流されて生きてきて、ずいぶんたくさんの時間を浪費しちゃったなと思います。でもそう気づいた時からちゃんと断る力を身につけて、ものすごく生きるのが楽になりました。

他人に流されずに生きられるようになって、人生に自信が持てました。

 

飲み会ひとつにしても、「この飲み会は自分にとって有益か?無駄か?」を考えて、あなたの大事な時間を無駄にしないように過ごしてください。

 

飲み会以前に「そもそも会社に行きたくないわ」って人は、ぜひ以下の記事も読んでほしいです。

>>「仕事行きたくない」は甘えなんかじゃない。その気持ちを放置しないでほしい

 

▼こちらの記事もよく読まれています

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼