初対面で「タダでブログ教えて」って言ってくる人なんなの?

スポンサーリンク

こんにちは。プロブロガーのあんちゃです。

 

ブログで独立してから明日で1年になります。

1年になるのでめでたい記事でも書こうかと思ったんですが、今日はムカついたことをネタにします。(笑)

 

いきなり初対面で

「タダでブログ教えてくださいよ〜」

「なんとか無料でウチの商品紹介してもらえませんか?」

って言ってくる奴なんなの?って話。

 

「半日タダで働け」ってこと?

冗談で言ってるのか本気なのかわかりませんが、初めて会ってまだなんの信頼関係もないなかで「タダでブログ教えて」ってどれだけ厚かましいんだろうか?

こちらとしてはなんの借りもないあなたに教えるメリットがどこにあるんだろうか?と思ってしまいます。

 

「タダでブログ教えて」ってことはあなたに教える時間分、わたしにタダで働けって言ってるようなもんですよね。

「タダでウチの商品ブログで紹介して」って、その紹介する記事を執筆する半日分の時間は無償でやれってことですよね。

 

あなたは会社から「半日タダで働いてくれない?」って言われて「いいですよ」って働くんでしょうか。

 

イベントや講演会などに行くとたまにこういう人に出くわすんですが、こちらとしては純粋におしゃべりを楽しみたいだけなんです。

それがいつの間にか「教えるわたし」と「教えられるあなた」って立場になってるんですよね。。

「もっと教えてください、もっと聞かせてください」

みたいな「くれくれ君」は自分が利益を得ることしか考えてないので、一方的に奪われてる気分になるんです。

 

こういう胸糞悪いことがあると新しい環境に足を運ぶのがめんどくさくなってしまう。。。

それともわたしにはお金を払うほどの価値はないと思われているのか。。

 

スポンサーリンク

仕事は”等価交換”で成り立っている

こういう話はわたしに限らずまわりのフリーランス仲間も経験していることが多いようです。

あらゆる仕事は”価値と価値の交換で成り立っている”ってことをもっとわかってほしいですね。

 

「ブログをタダで教えて欲しい」のなら、たとえお金ではなくとも「わたしが求めている(価値があると感じる)何かしらのリターン」を返してほしい。

リターンのない行為はただのボランティアです。わたしはブログやブログを教えることをボランティアでやっているわけではない。生きる手段として、仕事としてやっているんです。

 

自分だけ一方的に価値を受け取って、相手になんの価値提供もないのは失礼じゃないですか。

 

 

あとはわたしがそう言ってくる人に対してキッパリ断れる勇気を身につけるだけで話は済むのですが。(笑)

わたしもこう見えてお人好しだから面と向かって断るのが苦手なんでそこは克服していきますw

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼