読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

地方から上京して就職したわたしが考える東京に住む3つのメリット

東京生活

f:id:aopa-----nda:20160201205419p:plain

こんにちは。クソマジメゲスブロガーのあんちゃです。

私は就職で上京して2年になりますが、最初は地元(北海道)と東京のあらゆるギャップに衝撃を受けました。

 

人の多さ・・・複雑な路線図・・・ゴキ○リ・・・・・

 

一見すると悪いことばかりのように思えますが、東京にもいいところはあるんです。

 

 

地方から上京して東京に住む3つのメリット

1.全国各地から人が集結する

これは地方に住んでいるとなかなかないですよね。

日本の中心ということで、日本全国、そして海外からほんとにいろんな人が集まっています。

 

人は育つ環境が違うと、生活スタイルや考え方も異なりますよね。

その点では自分の知らない文化や価値観に毎日触れることができるので、自分自身の視野が広がって、自分の中の固定観念がほぐれます!

 

「なぜこの人はこう考えるのか」を日常的に考えさせられるので、性格的にも柔軟になりますよ。

 

逆にいうと、地元はみんな同じような環境で育つので、居心地は良いですが

自分にない考え方や価値観を受け入れるという機会は少ないですね。

 

 

2.自分と価値観の合う仲間や場所が身近にある

 人がたくさんいるから、確率的に地方よりも自分と同じ趣味や価値観をもつ仲間と出会えるってのがメリット。

 

ちょっと勇気をだして会社以外の場に足を運んでみると、間違いなくプライベートが充実します。

イベントの頻度や規模も地方とは比べ物にならないですね。

 

私がプライベートで参加したことがあるコミュニティだと

旅行系のトークイベントだったり、読書会だったり、早起きして朝活に行ってみたり、地方移住のワークショップだったり。

 

3.地元のありがたみを実感する

ずっと地元に住んでいれば、それが当たり前の生活なので特に何も感じません。

ですが東京にくると、いままでいかに快適な暮らしをしていたかが客観的にわかります

 

  • 「電車が混むこともなく快適に乗れたなぁ」
  • 「自然がすぐそばにあっていつもリフレッシュできたなぁ」
  • 「まちが清潔で空気がおいしかったなぁ」

 

逆に地元に足りない部分もみえたりして、今後のライフスタイルを考える良い機会になります。

わたしは東京にきて一層地元愛が増えましたね。

一度東京に住んでみて、地元に戻るか東京で過ごすかはその人自身の選択ですが。

 

逆にデメリットはあるのか?

もちろんデメリットもあります。

  • 家賃相場が異常に高い。(ワンルーム6万円でも安い方)
  • 都心部は人が多すぎて疲れる
  • 駅がデカすぎて構内で迷う(田舎者あるある)

などなど。

人が多いゆえのメリットもあればデメリットもあるってことですね。満員電車はいまでも慣れない。。。

ただ個人的には、このデメリットを上回るメリットがあると感じているので、東京で活動しているわけです。

 

わたしが地方から東京に上京して得たもの

ずばり

ネガティブな出来事を笑い飛ばす精神力が身についた

 ことですかね。

 

東京は良くも悪くもいろんな人がいて、理不尽なことや納得出来ないこともたくさんあります。

ですがいちいちそれに反応していてはメンタルが保てません。

ネガティブなことが起きたときに、いかに前向きな捉え方ができるか。

 

  • 「今日は満員電車でぶつかって舌打ちされたけど、友達とおいしいランチが食べれた」
  • 「理不尽に怒られたけど、先輩がフォローしてくれて、より先輩と絆が深まった!」

 

こう思えるようになると、どんな環境にいても最終的に幸せな気分で過ごせます。

悪いことばかりに目を向けないで、良かったことに目を向ける習慣をつけてください。

 

 

慣れ親しんだ場所から一歩踏み出そう

強く生きている人は、安定した場所から、一歩踏み出す力がある人だと思います。

どんなに嫌なことがあっても、理不尽な扱いをされても、絶対に同じ思いをもった人や共感してくれる人がいます。

だから、知らない場所を怖がらずに、一歩踏み出してみてください。 

 

ということで、みんな東京へカモン。

 

追記

東京は荷物の配送が早い。そして配送料が安い。本の発売日が遅れない。これは最高。

 

 

▼関連記事

地方でつまらない生活してる10代20代は、マジで1回上京すべき。