恋愛がうまくいかないって?それは”相手に期待しすぎ”なんだよ

スポンサーリンク
f:id:aopa-----nda:20160319185625j:plain

ブロガーのあんちゃです。

わたしは以前から、付き合っても全然続かない&彼氏ほしいときに限って全然できない、みたいなことがよくありました。

恋人がいてもいなくても、「なかなか恋愛うまくいかないな」って思ってたんです。

が、それはやっぱり自分に原因があるんだってことに最近気づいたんで、どんな原因があったのかを書いていきます。

 

恋愛がうまくいかないのは相手に期待しすぎるから

そう、恋愛がうまくいかないのは「相手に期待しすぎるから」だったんです。

恋人がいるときには「恋人に期待しすぎている」、好きな人ができないときには「理想の相手に期待しすぎている」って原因があったんです。

じゃあ”相手に期待しすぎている状態”ってどんな状態なのか。例をあげてみます。

 

記念日忘れただけで怒る人は期待しすぎ

「相手が○ヶ月記念日を忘れててムカついた・悲しくなった」とかよく聞くんですけど、それで怒る人って「記念日はめでたいから祝ってくれるだろう」という自分勝手な期待を相手に押し付けてるだけだと思うんですよね。

そういうのほんとくだらないと思いませんか?

 

自分は「記念日はめでたいから祝いたい」かもしれませんけど、相手は「記念日は特に日常と変わらず過ごしたい」と思ってるかもしれないじゃないですか。

それを勝手に「記念日忘れるなんて最低!」って価値観をぶつけるのは違うとおもうんです。

祝いたいなら自分で勝手に祝えばいいじゃん。そこに相手を巻き込むなよって思います。

 

自分の期待を押し付けるな。「恋愛の目的」を思い出せ。

たとえばあなたが誕生日で、恋人がプレゼントを用意してくれたとしますよね。

そこであなたが「誕生日だからきっと高価なプレゼントとかくれるんだろうな~」って期待してて、その期待に及ばないプレゼントだったらガッカリしますよね。

逆に「誕生日だけどお互い忙しいし、何もできないだろうな~」みたいな感じで全く期待していないときに、相手がプレゼントを用意してくれてたらめっちゃ嬉しくないですか?

 

大事なのは相手に期待することじゃなく、なんのための記念日なのかって目的を考えることです。

記念日を祝う目的ってのは、恋人とより一層幸せな時間を過ごすためですよね?

なのに記念日忘れたくらいで怒ってたら、本来幸せな時間を過ごすための記念日だったはずが、気分最悪な記念日になってしまう。

それは本来の記念日の目的からはずれてしまうんです。だから相手に期待する前に、”恋愛をする目的って何なのか”を考えてみてください。

 

スポンサーリンク

期待しなければ恋愛は加点方式になる

たとえば合コンとかでめっちゃイケメンとか美女に出会って、「きっとこの人が理想の人だ!」って無駄な期待を抱いたとしますよね。

もいざ付き合ったときに「え、こんな感じ・・?なんか違う・・・」ってなっちゃうのだとしたら、自分の勝手なイメージで相手に期待して、現実とのギャップに萎えてしまったのが原因。

「イケメンや美女は中身も完璧なものだ」と相手に期待しすぎだからです。

最初に期待してた分、いざ一緒に過ごしたときに自分の期待したイメージと違って幻滅してしまう減点方式の恋愛なんですよね。

 

だったら最初から期待しなきゃいいんですよ。

「イケメンだけどきっとだらしないところもあるだろうな」とか「美女だけど生身の人間だし、庶民くさい一面もあるだろうな」って思っていれば、イメージとのギャップに悩むこともない。

そう思っていれば、むしろしっかりした一面を見たときに「あれ、意外とちゃんとしてるじゃん!」って感心することができる。これが加点方式の恋愛。絶対こっちのほうが幸せだと思うんですよね。

 

相手に期待しない恋愛をするには?

期待は依存している証拠。

そもそも期待は”依存”と紙一重なんです。

「あなたがわたしを幸せにしてくれる」っていう期待をもつと、それは言い換えると「あなたがいないとわたしは不幸せ」ってことですよね。

これってすごく危険だなぁと思うんですが、「あなたさえいれば」ってことは相手に自分の幸せを期待しているってことなんですよ。

 

だから自分の幸せのために、期待を押し付けて相手をコントロールしようとする。

こうなってくるともはや”依存”ですよね。自分の幸せを相手に委ねてしまっているから。

「○○してくれない」とか「わたしは○○したのに・・」とかいうのも相手に依存してる証拠です。

 

「あなたがいなくても私は幸せですけど?」状態を作る

だから、自分ひとりでも幸せになる力が大事だと思います。

「恋人がいなくてもわたしは幸せ。恋人がいたらその幸せが少しプラスされる」くらいがいい。

自分ひとりでも幸せを感じることができれば相手に期待しなくなります。

「あなたがいてもいなくても私は幸せだから、好きなように振る舞っていいよ」みたいな。心に余裕ができるからかな。

 

お互いがこういう自立した幸せを持てたら、長続きすると思うんですよねー。

(どちらか片方でも依存体質だったらうまくいかないけど)

だから「彼女さえできれば・・・」「いい男さえ見つかれば・・・」って言ってる人はうまくいかないんですよ。自分の幸せを他人に委ねてるから。 

 

期待ではなく感謝を。束縛ではなく寛大さを。

そんなわけで、依存して束縛するとかまじで誰も幸せにならないです(切実)

自分の不安を相手に押し付けるな。不安なのは相手よりも暇だからですよ。自分一人でも楽しむ(幸せになる)努力をすれば束縛しなくなります。

そして期待しなくなると感謝が生まれます。

 

期待してなかったぶん、いろんなことをしてくれると「えっこんなことまでしてくれるの!?ありがとう!」って思えるんですね。感謝し合える関係は幸せですよね。

こんな人が少しでも増えたらもっと恋愛は充実するはず。

 

▼こちらの記事もあわせてどうぞ!

関連記事:出会いがない社会人がさっさと恋活アプリを使うべき理由

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼