読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

ドイヒー!ゲス女たちが繰り広げる下ネタマンガ5選【オススメ】

本-おすすめマンガ 下ネタ

f:id:aopa-----nda:20160318131801j:plain

こんにちは。現役(ゲス)電子書店員・あんちゃです。

 

今回は下ネタ大好きなあんちゃが激推しするゲスマンガをご紹介します。

ゲス野郎のみなさんは腹抱えて笑うこと間違いナシ。電車で読まないでね。盗み見されると恥ずかしいから。(経験済み)

 

 ゲス女ばっかり!オススメ下ネタマンガ5選

 

深夜のダメ恋図鑑 / 尾崎衣良

下ネタ度 ★★★★

マジキチ度 ★

 

 3人の女子たちが繰り広げる女子会トーク。それぞれが男性のヘタレエピソードを話しまくってます。

不倫男、学歴ドヤ顔男、ナルシスト妄想男、服のセンスヤバ男・・・

 

きっと女がこのマンガ読んだら「いいぞもっとやれ」ってなって、

男は「女子コワ・・・」ってなりそうw女子会を垣間見てみたい人はオススメ。

 1巻で完結なのでサラッと読めて、女子はとても気分爽快になります。男性は傷つくかもしれないけど、普通に勉強になると思うw

 

 

男三女四 / 水あさと

下ネタ度 ★★★★★

マジキチ度 ★★★

 

なんとこのマンガ、最初の2ページ目でわたしが大好きなトイレネタをぶっこんでくるヤバイマンガです。

 

「紙の一巻きで尻を拭く回数は何回か」

「トイレのシッティングスタイル(座り方)について」

一瞬で心を鷲掴みにされました。

 

その他にもマジキチな女の子がたくさん登場します。

体育館倉庫でカップルがいちゃつくのを跳び箱の中に入って覗く女子・・・

肘毛を育成してる女子・・・

父さんが履いた後のパンツの臭いを嗅ぐ女子・・・

 

電車の中で見たら笑い止まらないんでマジで注意です。

ほんとこのマンガに出会えて良かった。ベストオブゲスマンガです。

 

 

ポプテピピック / 大川ぶくぶ

下ネタ度 ★★

マジキチ度 ★★★★★

 

ご存知の方も多いかもですが、表紙からしてもうマジキチ感漂ってますよね。

内容もご期待にもれず素晴らしいマジキチっぷりです。

 

あらすじもクソもないです。ちなみに公式のあらすじはコレ↓

暗闇は無く、無知があるのみ。
    ーウィリアム・シェイクスピアー

引用:[1-1] ポプテピピック【1】 / 大川ぶくぶ / まんがライフWIN

 

 

 

あんちゃ「クッソwwwwwww」

 

 

 

ちなみにLINEスタンプも出てます。あんちゃ愛用です。

f:id:aopa-----nda:20160318143948j:plain

f:id:aopa-----nda:20160318144008j:plain

f:id:aopa-----nda:20160318144043j:plain

多用しすぎるとスルーされます。気をつけてください。

 

 

女子高生Girls-Live / 大島永遠

下ネタ度 ★★★★

マジキチ度 ★★

 

女子校のリアルな日常を描いたゲスマンガ。こんなにベタな少女マンガッて感じの絵なのに清々しいくらい下品です。女子校楽しそうだなって思いました。

作者の大島先生が女子校出身ってことで、結構生々しかったw

女子校に夢を抱いているピュアな男性は読まないほうがいいですね。

 

内容的には主人公の女子3人が

自分たちでオトナのオモチャを作ったり、

「タ●ポンミサイル!!(女性が使うアノ用品)」とか言ってタン●ン飛ばしたりする感じです。

なんの恥じらいもなく会話するあたりが最高w

 

なんだかわたしの高校時代の吹奏楽部を思い出しました。女子が多いとやっぱりこういうゲスさがでてくるのかな。(でもその吹部でゲスだったのはわたしと数人だけ)

 

 

ぱら★いぞ / 道満晴明

下ネタ度 ★★★★

マジキチ度 ★★★★★

 

高校生の性春を描いたキツキツ系日常4コママンガ。

これは間違いなくマジキチレベルMAXです。

 

下ネタレベルも高すぎる・・・作者の言い回しが絶妙なんですよね・・・すごく勉強になるよコレφ(..)メモメモ


4コマにこんなに下ネタ詰め込めるのほんとすごい。もはやストイックさすら感じる。

なのにキャラクター可愛いし。参った。完全にツボです。

 

▼ぱら★いぞ名言集▼

『どうしよう 大統領の前でガバメントとガバマ●コ間違えちゃった…』
『先生 バナナはア●ルに入りますか』
『俺が死んだら遺灰はアキバとらのあなの四階に撒いてください…』

 

 

 

 下ネタは最も奥深きコミュニケーションツールである

 

この5冊は“ゲスの入門書”といっても過言ではない。

わたしはこれらに多大なる影響を受け、いまこうしてゲスの伝導者としての役割を果たしている。

 

下ネタは深いコミュニケーションである。話せば話すほど奥が深く、どんどんその魅力にハマりハメられていくのだ。


ぜひ読者のみなさんもこの5冊を読んで下ネタの魅力にいち早く気づいてほしい。