「ブログが続かない」のは「歯を磨く」レベルまで落とし込めてないからだ

スポンサーリンク

ブロガーのあんちゃです!

ブログ始めたての人からは特に多い相談が、「ブログ書くのが大変で、続かない」ということ。

わたしも文章書くのはこのブログが初めてだったので、初期の頃はそりゃ大変でした・・・。

でも気づけば半年くらい毎日ブログ書くようになって、ブログを書くという行為になんの苦労もなくなりました。

それは、「毎日歯を磨くように、ブログを書くようになったから」です。

 

「毎日やらないと気が済まない」レベルにしろ!

たとえば歯磨きって、ずっとちっちゃい頃からやってきたことだから、「毎日磨く」ことが当たり前になっているはずです。

だから寝る前に歯を磨かないと、なんか気持ち悪くなりますよね?

これと同じように、ブログを書くという行為も「毎日やらないと気持ち悪い」レベルまで習慣化させないと続きません。

 

ブログに限らずいろんなことに言えると思いますが、ブログをやったことがない人がブログを書くのは大変です。そりゃそうです。やったことないことをやるんだから。

だからこそ最初の1ヶ月くらいは習慣化させるのに苦労するんですが、ここを乗り越えると毎日ブログ書くのが当たり前になってきます。ここまでくれば勝ちです。

じゃあ大事なのは、「最初の1ヶ月でどれだけうまく続けられるか」ですよね。

 

スポンサーリンク

感情をはさむな!無心で書け

まずわたしは「最初の1ヶ月、毎日1本記事を書いて公開する」という目標(というか義務)を立てました。

これは「義務」なので、どんなに会社の仕事が忙しかろうと絶対に毎日やらなければならない、と自分に言い聞かせました。

この「やるべきこと」を決めたら、あとは一切感情をはさんではいけないんです。

「今日は疲れたから明日やろう」「残業多かったから今日はやめよう」「めんどくさいな〜」

こういう感情は一切無視するんです。無心で作業するんです。感情をはさめば必ずどこかでくじけます。

 

だからわたしは会社の仕事は早く終わらせるように工夫したし、通勤などの隙間時間を使ってなるべく毎日夜更かしにならないように工夫していました。

めんどくさかろうが、眠かろうが、「これは義務だからやる」と割り切ってください。感情に左右されちゃいけません。

 

環境に縛りをつける

あとは「作業する環境を整備する」というのが大事かなと。

わたしは家で作業すると確実にベッドに吸い寄せられるので(笑)、会社終わりは近くのスタバやマックに行って記事を書いていました。

「ブログ書き終わるまで帰宅しない!」というマイルールを決めて書いていました。

 

違う場所で作業となると、終電を逃すと帰れなくなるので必然的に時間を意識して書くようになります。

すると「この時間までに書き上げて、この時間までにSNSに投稿しよう」と逆算して動くようになるので作業の効率化にもなります。

ちなみにわたしは一度だけブログ書くのが遅れて終電逃したことがあって、そのときは金欠だったので2時間かけて徒歩で帰宅しましたw本当にきつかった・・・

こういう失敗をするといやでも終電までに書き上げて毎日更新できるようになりますw

 

それでも「苦しい」と思ったら、別のものに目を向けてみよう

やりたいことを始めるには、個人的にはまず1ヶ月やりまくってみて、「それでもつらい」と思うのであれば適性がないと判断するようにしてます。

苦しくて苦しくて仕方がないなら、別のものに向けてもいいと思います。全員が全員ブログを書くことが好きで仕方ない!なんてことはないと思うので。

ただその適性を判断するにもある程度やってみないとわからないので、まずは「歯を磨くようにやる」レベルまでとことんやってみるのがいいのかなと。

 

ちなみにわたしが会社員時代どんな感じでタイムマネジメントしていたかは、noteマガジンの方に詳しく書いてます。

150円で販売していますが、今月200人くらいの方が購入して読んでくださってます・・!

会社行きながらのブログ更新はなかなか大変だと思うので、時間の使い方などきっと参考になるはず・・・!ぜひ読んでみてください^^

▼詳細と購読はこちら!

>>会社員しながらブログを3ヶ月間毎日更新していた私のタイムマネジメント術

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼