「20代のキャリア選択を増やす」株式会社UZUZに突撃取材してきた

スポンサーリンク
f:id:aopa-----nda:20160812124629j:plain

ブロガーのあんちゃです。

突然ですがわたしは新卒で入社した会社を2年で退職しました。

 

わたしだけに限らず、最近は特に早期退職する人や新卒ですぐに転職する人もまわりに増えてきたように思います。

世の中的には「そんなすぐ辞めるなんて甘い」「もっとキャリアを積んでから転職しろ」そう思われるかもしれません。が、わたしはその選択が一概に”間違い”だとは思えません

 

そこで今回は、わたしが前々から気になっていた20代に特化して就活サポートやキャリア支援を行っている株式会社UZUZさんのオフィスに突撃取材して「20代の働き方の現状やキャリア選択」について、現場の最前線で働いている人から意見を伺ってきました!!

 

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain「はりきってアラ探しインタビューしてくるぜ!!!」

 

株式会社UZUZとは

株式会社UZUZさんは、20代の既卒や第二新卒に特化して就活サポートを行っている会社。

2012年創業で、社長である今村さん(今は会長)自身が新卒で入った専門商社を8ヶ月で退職して、その後のキャリア選択に苦労したところからこの会社が始まるきっかけになったそう。

 

主な事業は

  • 第二新卒・既卒・向けのオーダーメイド型就活サポート「ウズキャリ」
  • スキルを学びながら就活もできる研修型就活サポート「ウズウズカレッジ」
  • 就活メディアの運営
  • 企業向け採用ツール制作・運用

などなど。最近は「退職代行サービス」というのも始まったそうです……!なんだそれ気になる…!(笑)

関連記事:退職代行サービス「リスタート」を開始/「もう会社に行きたくない!」「辞めさせてくれない!」と思ったら、退職の何から何まで完全サポート!

 

「世間的に負い目のある”第二新卒”や”既卒”の人たちが自信をもってキャリア選択ができるように」という想いをこめてこの事業を始めたそうです。

ここですでに「良い会社やん・・・」としみじみするあんちゃ。

 

スポンサーリンク

株式会社UZUZの現役社員に突撃インタビュー

そんなわけで新宿にオフィスを構えるUZUZさんに突撃してきました。

今回インタビューに応じてくださったのはキャリアアドバイザーの三宮洋太さん

f:id:aopa-----nda:20160811185702p:plain

すでにこの笑顔から良い人感でてる〜〜〜〜www

 

自分の”やりたい仕事”がちゃんと見えているか?

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain「そういえばUZUZさんって20代に特化してたり、すごくこだわりのある事業をしているなぁと思ったんですが、どんな特徴があるんですか?」

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain「うちはとにかく就職志望者一人ひとりのカウンセリング(面談)時間が濃いですね。20時間以上はかけてます。」

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain「すごw普通そんなに面談しないですよね?何話すんですか?」

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain「その人の中学・高校時代くらいの話からじっくり聞きますね。それだけ時間をかけて生い立ちを聞いていると、その人の価値観とか考え方を把握できるんです。」

 

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain「なるほど……めっちゃ親身に聞いてくれるんですね…友だちににすらそこまで話さないですよ…(遠い目)」

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain「20代前半の人たちって自分のやりたいことがハッキリしていない人が多かったりするんです。だからまずはちゃんと話を聞かないと、その人の本当にやりたいことがなんなのかわからなかったりするんですよ。」

 

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain「あ〜〜確かに。なんとなく就活して会社入ったけど”やっぱ違う”ってなる人も多いですもんね」

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain”こんな仕事やりたいんです”って言ってるものの、実際に就職活動で受けてる職種が全然違ったりとか、意外とあるんですよね。そこをちゃんと噛みあわせていかないと納得のいく働き方にならないと思うんです。」

 

合わない会社に就職しても意味が無い。

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain「ほかの就職サイトによってはいきなりドバっと20~30社紹介されて、この中から受けてねって感じで言われるところもあるみたいなんですが、ウチで大体紹介するのは2,3社くらいですね。」

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain「そんな少ないんですか!?」

 

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain合わない会社を手当たり次第に受けても意味がないんですよ。時間がもったいないじゃないですか。ウチは右から左へ機械的に企業を紹介するようなことは絶対せず、本当にその人に合った企業だけを紹介するようにしています」

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain「こだわりがすごい・・・」

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain「ウチの社員は営業とカウンセラーを両方受け持つので、企業さんの特性も理解しつつマッチングできるので、どんな会社がその人に合うか把握できるんです」

 

確かに就職活動するときには手当たり次第良さげな会社を受けてみたりしてたけど、自分と企業が本当に合うところに絞って動いたほうが確実に良いですよね。。(わたしも就活時代に何度合わない会社を受けてしまったことか…)

逆に言えば、うっかり自分と価値観の違う会社を受けたとしても、落とされて落ち込む必要はないということ。それは単純に合わなかったというだけだから。

それよりも本当に自分の価値観とマッチする企業に全力でチャレンジするほうがずっと勉強になるし、自信がつくはず。

 

 

ぶっちゃけ、儲かってなくない?

なんだか良い会社すぎて逆にブラック企業なんじゃないかと疑いをかけるあんちゃ。

 

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain「ていうかこんだけ丁寧にやってたらぶっちゃけ大変というか・・・儲からないんじゃないですか?(ゲス顔)

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plainまぁそりゃ大変ですよ。もちろん会社としては利益を出さないといけないですが、ウチは利益よりもいかに価値の提供ができたか?を優先して考えてるんです。」

 

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain「えっ。利益は追わないってことですか??生きていけるんですか?(迫真)

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain「そうですね。まずぼくたちが最大限の価値を提供をする。良い価値が提供できたら結果的に利益が出るという考えなので、まずは丁寧にサービスを提供しようと心がけてます」

 

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain良い会社すぎワロタ

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain「利益を求めるんだったらさっさと志望者を就職させたほうが仲介料をもらえるから儲かるんですが、ウチは場合によっては現職にとどまることを勧めたりもします。人によって別の会社で働くべきか、現職で頑張るべきか、それぞれ状況が異なるので」

 

20代の働き方・転職についてどう見ているか

思うように納得して働けない20代が増えている中で、やはり早期退職(第二新卒)した人や既卒で就職活動をする人は、いまだに厳しい状況なのでしょうか?

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain「昔は結構第二新卒や既卒の就職は風当たり強いイメージだったんですが、今ってどうなんでしょう」

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plainだいぶ緩和されていると思いますよ。大手の企業も積極的に第二新卒の採用を取り入れたりしてるんで、以前よりはかなり活動しやすくなったんじゃないかと。むしろ若手の戦力がほしい企業もたくさんありますよ」

 

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain「それは朗報ですね!!”まずは3年”とかよく言いますがそこらへんどう思います?わたしも2年で辞めちゃったんですけどw」

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain早く辞めること自体は悪く無いと思います。実際ぼくもそうだったんで。むしろ”なんとなく”流されて3年働いてきた人のほうが危ないと思います。結局本人のマインド次第で、長く働けばいいってもんじゃないですね。」

 

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain「めっちゃ名言!!!”まずは3年”とか言ってなんとな〜〜く働いている人たちに聞かせてやりたい!!

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain「実際、なんとなく3年働いたから転職するって人もいるんですよ。でもそういう人には面談でガッツリ言っちゃいますね。”そんなマインドじゃどこにも受からないですよ”って。」

 

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plainウホッ…スパルタ……

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain「厳しいとは思いますが、誰かが言わないとその人は自分の甘い部分にずっと気づかないんです。誰も言わないのならぼくたちが伝える。そこは気を使わず誠実に伝えるようにしています」

 

 

わたしがUZUZさんを応援したい!と思ったのは、「ビジネスだから利益ばかりを追う、ではなく、一人の人間として就職志望者と向き合っている」のがめちゃくちゃ伝わってくるからなんですよね。

しかもその理念がちゃんと社員のみなさんひとりひとりに根付いている。だから信頼できるし、結果的に利益もついてくるのだと思います。

 

ちなみに就活サポートで面談担当をする人たちは全員第二新卒or既卒で、就職・転職経験がある人たちなんだそうです。だからこそ相手の気持ちがわかるし、親身になってくれるんだろうなぁ。。。

f:id:aopa-----nda:20160812130402j:plain

ちなみにオフィスへ取材に行った日も就職志望者向けに勉強会をやっていました。就活って孤独だし、一人で情報収集するのも限界があるからこういうサポートがあるのはかなりこころ強いですねぇ。

 

20代で働き方に悩みを抱える人に一言!

f:id:aopa-----nda:20160812124945j:plain「わたしのまわりにも”会社を辞めたくてもやめられない”とか”今の働き方でいいのかわからない”って人多いんです。そういう人たちに向けてなにかメッセージはありますか?」

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain「この会社に勤めてて言うのもなんですが、安易に退職・転職することが問題解決にはならないと思います。その人のモヤモヤしている原因を、その人自身でちゃんと探っているかどうかが一番大事。その模索をサポートするのがぼくたちの仕事なんです。」

 

f:id:aopa-----nda:20160812125010p:plain「ただ、仕事や働き方で悩んだり苦しんだ経験は絶対にあとで役立つし今後の自信にもつながります。20代に必要なのは問題意識と成長意欲を持つこと。これを持ち続ければ迷いなく働くことができるはずです。」

 

 

…ということで、なんとも熱い想いをもった会社でした。

ちなみに三宮さんとはもともと、仕事とはまったく関係ないなんかのイベントで知り合って、仲良くなった結果こうして取材させてもらえることになりました。(笑)

真摯に仕事に向き合っている人は、プライベートでも魅力的な人ですよねぇ。

 

表面的な解決ではなく根本的な問題の掘り起こしからサポートしてくれるUZUZさんは、今後も20代のキャリア選択の幅を広げる重要な存在になるだろうなと。

わたしの活動も「同世代の働き方の選択肢を増やして、納得して働く人を増やす」という想いを掲げているので、その点ではUZUZさんとすごく共通する部分があると思いました。

 

もし20代で、「就職活動しようかな」「今の会社でいいのかな」と悩んでいる人がいたら、ぜひUZUZさんに相談してみてください。

就職活動をするしないに関わらず、自分が本当にやりたいこと・モヤモヤしている原因を真剣に考えるきっかけができるはず。

 

▼UZUZさんの就活サポートの詳細はこちら!

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼