「自由になりたい」なら不自由に生きてる奴の言葉は絶対聞くな

スポンサーリンク
f:id:aopa-----nda:20160716194519j:plain

こんにちは。プロブロガーのあんちゃ(@annin_book)です。

わたしはちょうど3ヶ月前に会社を辞め、フリーランスになりました。

まわりの人からは「自由でいいね」「羨ましい」と言われるのですが、”フリーランス”という働き方は本当にみなさんの言う”自由な働き方”なのでしょうか?

 

「本当の自由」ってなんなの?

正直なところ、わたしはいまの働き方が完全な自由だとは思っていません。

みなさんは漠然と「自由ってこんな感じ」と思い込んでいるのではないでしょうか?

”自由”って具体的にどんな状態ですか?

何が達成されれば”自由”になるのですか?

 

 わたしは確かにいま、会社という枠に縛られず好きな場所で、好きな時間に働くことができます。

しかし精神的には常に「自分が手を止めたら生計を立てられない」というプレッシャーと戦っています。寝る直前も、友人とご飯を食べるときも、常に感じています。

 

みなさんは、これを”自由”だと思いますか?

 

「自由になりたい」と漠然と感じてフラフラと人生の方向を決めてしまうと、いざその状態になったときに「あれ?全然自由じゃない・・・」とショックを受けることになります。

だからまずは「自分にとっての自由」が何なのか、明確にするべきなんです。

 

スポンサーリンク

不自由に生きてる人のアドバイスを聞いてどうするの?

「上司のように会社の枠に縛られるのがイヤで、あんちゃさんみたいに自由に働きたいんですけど、上司に辞めるなって引き止められて・・・」と動き出せない言い訳をしている人が本当に多いと思います。

というか「上司のように不自由になりたくない」と思っているのに、なんでその上司の言うことを聞くんですか?

 

上司の言うことを聞けば、あなたも上司のような”不自由な”働き方になるってことですよ。

「自由に働きたい」のなら「自由に働いている人」の意見を聞きましょうよ。誰の意見を聞くかは本当に大事なんです。

 

あとはいちいち親に許可をとる人もいますよね。自分でお金を稼いで生計を立てている人が、なぜまだ親の許可を求めているのでしょう?

わたしは自分で生計を立てている時点で、親の管理下から独立すべきだと思います。自分で自分の人生を決めれないなんて、こんな不自由なことないですよ。

 

だからブログで稼ぎたいのならブログで稼いでいる人の意見を聞けばいいし、フリーランスになりたいのならフリーランスとして働いている人の意見を聞くべきです。

親や上司みたいな人生にしたいのなら、そのときは親や上司の意見を聞くべきですけどね。

 

まずは「こういう人生送りたい」を決めよう

だからまずは「自分にとっての自由がなんなのか」明確にする。その上で「その自由は人生の幸せにつながるのか?」を考える。

 

ただ、たぶんそんなこといきなり考えられないと思うので、わたしは「人生でやりたいことリスト」と「やりたくないことリスト」を作るのをオススメします。

やりたいこととやりたくないことが明確になれば「自分にとっての自由な人生・送りたい人生」が少しずつイメージできるようになるはず。

 

▼わたしも書いているので参考にしてみてください。

www.mazimazi-party.com

 

ちなみにこういうのを「バカバカしい」と思ってる人ほど不自由な人生送りますよ。そういう人は自分が「人生で何を実現したいのか」一生明確にならないからです。

 

若い人たちにはなおさらこういうことをしっかり考えてほしい。

”不自由だ”と思う人生がどうしたら変わるのか、少しずつ考えて行動してください。

 

”自由な生き方”をするための思考を身につけよう

「自分がどんな”自由”な人生を送りたいのか」が決まったら、つぎは実際に送りたい人生を実現させるための「考え方」を変えていく必要があります。

なぜならいままでの自分の思考にとらわれたままだと、これからもいままで通りの人生になるからです。

だから少しずつ実現させたいことを具体化するための思考を身につけなきゃいけない。

 

身近にロールモデルとなる人物がいれば一番いいのですが、「そういう尊敬できるひとがなかなか近くにいない」というときは、わたしは本からそのヒントを得ていました。

 

>>必読!自分に自信のない人が殻を破って挑戦するための「13の習慣」

 

この本は「自分の生きたい人生」を送るために必要な「13の習慣」について細かく書かれていて、ひとつひとつ大事なポイントとして説明されてあるのでわたしも今まで何度も読み返してきました。

今後の生き方について考えている人にはとてもおすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

※現在無料キャンペーン中で、送料の負担だけで本が購入できるようです。詳しくは上記のリンクからどうぞ!

 

 

▼関連記事

www.mazimazi-party.com

www.mazimazi-party.com 

www.mazimazi-party.com

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼