情報発信が怖いのはみんな同じ。苦手意識を持つあなたにまず知ってほしいこと

スポンサーリンク

ブロガーのあんちゃです。このブログで情報発信を始めて2年が経ちました。

よく聞かれるのが、「発信するの、怖くなかったんですか?」という質問。

もちろん怖かったです。今だってブログを公開するときはドキドキします。

 

「情報発信するの、怖いし苦手だなぁ」と思っている人が、それをどう乗り越えていくのかについてわたしの体験談を少しお話しさせてください。

 

誰だって初めて情報発信するときが一番怖い

わたしがブログを始めたときは、会社員2年目の時。まわりにブログをやっている人なんてほとんどいなかったので、正直最初は自分がブログをやっていることを周りの人に話すのが怖くもありました。

  • 「いまさらブログ〜?(笑)」
  • 「あんちゃってそんなこと考えてたんだね・・・(ドン引き)」

そうやって言われたりするんだろうなぁと思っていたので・・・。(そして実際に言われたw)

だから最初の2週間くらいは誰にもブログやってることを言わずに一人で黙々と発信していました。

言わずもがなですが、めちゃくちゃ孤独です。始めたばかりのブログなんて誰も読んでくれないし、一緒に励まし合う仲間もいない中で先の見えないブログを書くのはものすごく不安。

 

だけど途中から、ツイッターで「ぼく(わたし)もブログやってますよ!」とコメントをくれる人が出てきました。

このとき初めて「自分と同じように頑張ってブログ書いている人がいるんだ!」と感激したのを覚えてます。

そこからわたしは主にツイッターでいろんなブロガーさんを探して、いろんな記事を読んでコメントをしたりコミュニケーションを取っていくようになりました。

 

その後、ブログを読んでくれる人も一緒に励ましあってブログを書く仲間も少しずつネット上で増えてきたとき、「リアルの友達にも見せてみよう」と決心しました。

なぜ決心できたのかというと、「リアルの友達に引かれても、ブログの良さをわかってくれる仲間がいるから」というのがやはり大きかったような気がします。

結果的にリアルでつながっている人たちが大勢いるフェイスブックにも自分のブログを載せたんですが、意外なほど応援してくれる人がたくさんいました。

「面白いことやってたんだね〜!」って。

 

今となってはなぜあんなに発信を恐れていたんだろうと思いますが(笑)、きっと誰にとってもはじめて発信するときは孤独で不安なものです。

だから、その恐怖を振り払って堂々と発信できるようになるためにはなるべくこの最初の「孤独で不安な時期」を短くする必要があるのです。

 

スポンサーリンク

怖いと感じる理由は、「一時的な孤独期間」があるから

発信が怖いと感じるのは、既存の友人知人らにドン引きされたり批判されたりして離れていってしまう&発信しても誰にも認知されずに終わってしまう = 孤独になってしまうのが怖いからではないか、というのがひとつの原因としてあるように思います。

(他にも炎上するかも・・とかあると思いますが)

ということは、この孤独になってしまう恐怖をなるべく取り除くことができたら、発信しやすくなるはずなんですね。

 

いままで発信したことがない人は、「発信したことがない環境」の人たちと一緒に生活しています。

そこから一歩踏み出して発信しようとすると、「発信したことがない環境」を抜け出さなきゃならないんですね。(物理的ではなく、メンタル的な意味で)

で、この抜け出した後が「孤独」の期間になるわけです。この期間をなるべく減らさなきゃいけない。

 

じゃあこの期間を短くするにはどうすればいいかというと、「発信している環境」の人たちとつながることなんですね。

▼図にするとこんなかんじ

 

わたしもツイッターで同じようにブログで発信している人たちとつながったことが、より自信をもって発信するきっかけにもなったので、同志をつくるというのはとても大事。

 

孤独のインターバルを短くしていこう

はじめて発信するひとが恐怖心を取っ払うには「発信していないグループ」から「発信しているグループ」になるべく早く移動すること。

発信しているグループにいくためには、わたしのようにSNS上で同じ境遇の仲間を探してコミュニケーションをとるのもいいですし、勉強会やワークショップイベントみたいなものに参加するのもアリですよね。(あんちゃもオンライン上でコミュニティ作ってるよ!)

 

「SNSでいきなり人に絡むのも怖い・・・」という内気なみなさんは、誰かにいきなりコメントするのではなく自分が良いと思った誰かの記事や作品をつぶやいていくといいと思います。

褒められて悪い気分になる人はいませんし、なんなら相手から「紹介してくれてありがとう!」と言ってくれることもあるかもしれませんしね。

わたしは内気なので結構この手を使ってますw

 

「発信しようとしている人が自分だけじゃない」とわかるだけでできることがたくさんあります。

わたしのような内気なビビりでも、少しずつ自信をもって発信できるようになりました。

もちろん本人の頑張りも必要ですし、ときには傷つくことを覚悟することもあります。でもそんなときにも一緒に発信を頑張っている仲間がいれば立ち直ることができます。

ぜひ自分の考えや価値観を発信する楽しさを知ってください٩( ‘ω’ )و!!

 

▼ブログの書き方については以下の記事にまとめてあります!

関連記事:ど素人のためのブログの始め方!ブログで飯食ってる私が徹底解説

▼まわりの目が気になってしまう人へ、こちらもあわせて読んでみてね!

関連記事:24年間他人の目を気にして生きてきた私が一瞬で克服した3つの理由

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼