「仕事行きたくない」は甘えなんかじゃない。その気持ちを放置しないでほしい

スポンサーリンク

ブロガーのあんちゃです。

社会人のみなさん、「仕事行きたくない」って感じたことはありますか?

きっと多くの人が一度は感じたことありますよね。例に漏れずわたしも会社員時代ずっとこう思っていました。

一見すると、この「仕事行きたくない」って気持ちは「でもこんなの甘えだよなぁ」って思っちゃうかもしれないんですけど、その気持ちは絶対放置しないでほしいのです。

 

”仕事行きたくない”は、甘えでもなんでもない。心のSOSだ

多くの人は「仕事に行きたくないなぁ」って感じても、毎日がんばって仕事に行ってますよね。

だからみんな「仕事行きたくないって思っても、これは甘えだから休んじゃだめだ」って思っちゃうんです。

「みんな行きたくなくてもがんばって仕事に行ってるんだから、自分もがんばって行かなきゃだめだ」って決めつけてしまうんです。

 

でも、それは別に甘えでもなんでもないんです。

むしろその気持ちを放置したまま”がんばって”仕事をし続けたら、どんどん精神的に悪化してしまうかもしれません。

 

「仕事行きたくない」という気持ちには、そう思うようになった原因が必ずあります

その原因と向き合って解消できなければ、ずっとその嫌な気持ちはなくなりません。

そしてその気持ちをひきずったまま、原因も解消できない状態で仕事を続けた結果、身体を壊したりメンタルにダメージを負ってしまうんです。

 

スポンサーリンク

朝、涙が止まらなくなった社会人2年目の私

実はわたしも、「仕事行きたくない」という気持ちを放置した結果、どんどん苦しい状況になったことがあります。

2〜3年ほど前、当時社会人2年目になった頃。

会社での仕事もだいぶ慣れてきたころだったんですが、ちょうどその頃から自分の今後のキャリアにすごく悩むようになりました。

このままずっとその会社で働いてていいのかわからなくなったわたしは、会社の仕事に熱量をもって取り組めなくなってしまいました。

 

熱が入らなくなると、当然仕事が追いつかなくなります。

自分では頑張ってやっているはずなのに、どこかミスをしてしまう。

そうすると先輩や上司から注意されます。「またここ間違ってるよ」と。

幸いわたしの職場は人に恵まれていたので怒鳴りつける人などはいなかったのですが、当時は周囲へ迷惑をかけてしまう不甲斐なさと、自分がうまく立ち回れない無力感でプレッシャーに押しつぶされそうでした。

 

毎週金曜日が終われば泥のように眠って土日をぼーっと過ごし、月曜の朝がたまらなく不安になる。仕事に行きたくない。

「あいつは仕事できない奴だ」というまわりの視線が怖い。

また仕事を失敗してしまうのが怖い。

なにもできない自分と向き合うのが怖い。

ただ会社の椅子に座っているだけで、不安で、怖くて仕方がない状態でした。

 

そんな生活を数ヶ月続けたとき、ある朝目が覚めたときに「今日も仕事かぁ、行きたくないなぁ」と思った途端、急に涙が止まらなくなりました。

悲しいわけではないのになぜか涙が出てくる。

会社に行ったあとも、仕事中突然涙がでてきて、トイレに駆け込んで泣いたこともありました。

 

・・・なんかあのときのことを思い出すだけで泣きそうなんですが、今思うと、きっとあれが限界だったのだと思います。

わたしはあのとき「もうだめだ」と思って、数日間仕事を有給をとりました。

休んで、「もうどうでもいいや」と思うようになって、そこから1年経って、仕事をやめました。(この辺の詳しいことは以下の記事に書いています)

合わせて読みたい

「生きるのに疲れた」と思ったらムダなしがらみとかマジでどうでもよくなった。

 

他人に”甘え”だと言われても、逃げていい。

わたしはいま独立して仕事をするようになりましたが、あのとき「仕事を休む」という選択ができて本当に良かったと思います。

「迷惑かけてるのに仕事休むなんてできない」なんて考えてたら、今頃どうなっていただろう。。。

 

わたしのまわりにも会社をやめた人が結構多いのですが、

  • ベッドから起き上がれない
  • 急に涙が出る
  • 足が動かない
  • 吐き気がする

こんな状態になったひとも少なくありません。これ、甘えなんかじゃなく、SOSなんですよ。身体が拒否してるんだもん。

 

こうなる前に、「仕事行きたくないなぁ」って感じている人は、”なんで行きたくないんだろう?”って考えてみてください。

仕事に行きたくない理由が必ずあるはずです。

  • 上司の嫌味
  • 仕事内容がきつい
  • 通勤が苦しい  etc…

そしてその原因が、「自分の努力で解消されるものか?」どうかを考えてみてください。

自分の努力で変えられるものなら解消できるかもしれませんが、上司の嫌味や通勤の問題などは、個人ではどうしようもありません。

職場を変えたり、仕事自体を変える必要もでてくるかもしれません。

どうか、その気持ちをそのまま放置しないでほしいです。

 

最後に、こういう悩みを親や友人に打ち明けたりすると、「そんなの甘えじゃないか」とか「おれなんかもっと厳しい仕事だよ」って言ってくる人がいます。

でも、それぞれできること、できないことの差は絶対にあります。走るのが得意な人と苦手な人がいるように、たくさん働ける人と自分の体調と向き合いながら働く人がいるのも当たり前です。

だから他人の「甘えだよ」という言葉には惑わされないでください。その人にとっては”甘え”でも、あなたにとっては”つらい”ことだってあります。

それは、他人のアドバイスで決めるものじゃなく、あなたの心で決めてください。

 

▼わたしが悩んでいたときに勇気をくれた本を紹介しているのでよければ覗いてみてください!

合わせて読みたい

あんちゃの人生を圧倒的に変えた本たちを愛をこめて紹介

 

▼わたしが仕事をやめたときの話です。

合わせて読みたい

25歳女、新卒で入社した会社を2年で退職しました。

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼