読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

地方でつまらない生活してる10代20代は、マジで1回上京すべき。

東京で消耗しよう

スポンサーリンク

イチオシ記事

電子書店員あんちゃの《人生を変えるオススメ本25冊》~活字編~

恋愛がうまくいかないって?それは相手に期待しすぎだからだよ

25歳女、新卒で入社した会社を2年で退職しました。

 f:id:aopa-----nda:20160326183627j:plain

こんにちは。道産子上京ブロガーあんちゃです。

 

最近地方創生とか地方移住とか話題ですが、若い人はまず上京すべきっしょ。

わたしは地元・札幌から就職で上京して、間違いなく良い方向に人生変わったし幸せになりました。

 

まぁ、東京が自分の人生を良くしてくれるんじゃなくて、東京で感じた&学んだことが人生を良くするんですけどね。

 

 

いまの生活に変化をつけたいなら、環境を変えるべきだ

f:id:aopa-----nda:20160326183725j:plain

「退屈だ、つまらん」って思ってるなら動けよ

 

「あ~なんか面白いことないかな~」「毎日同じで退屈だな~」って言う人って、基本自分から動かないよね。

そりゃ立ち止まってて面白いことが降ってくるなんてナイでしょ。

 

現状を変えたいなら、まずは環境を変えるべきだと思います。

 

わたしが尊敬する起業家/経営コンサルタントの大前研一さんがめちゃくちゃ良いこと言ってたんですよね。

 

人間が変わる方法は3つしかない。


1番目は時間配分を変える。
2番目は住む場所を変える。
3番目はつきあう人を変える。


この3つの要素でしか人間は変わらない。
最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

-大前研一

これ、その通りだなって思います。

 

毎日同じ職場・同じ時間・同じ人たちと仕事しながら決意だけ新たにしたって何も変わらない。

 

特にわたしが大事だと思うのは2番目の《住む場所を変える》こと。

住む場所を変えると必然的につきあう人が変わりますからね。

だから退屈な今を変えるには環境を変えるべきなんです。

 

 

地元しか知らないのはほんともったいない

f:id:aopa-----nda:20160326183701j:plain

人が多いから嫌だって?ネガティブな方ばっか見るんじゃないよ!

 

そんなこと言ってるから退屈な今を変えられないんですよ。

東京はデメリット以上にメリットがあると思います。特に若い人は。

 

東京に住むデメリット

  • 家賃高い
  • 満員電車
  • なぜかポップコーン屋さんに行列ができる

 

東京に住むメリット

  • 同じ趣味や価値観を持つ人がたくさんいて集まりやすい
  • 逆に自分とは真逆の価値観を持つ人もいて視野が広がる
  • ビジネスもプライベートもスピード感があって刺激的
  • いきいき活躍してる同年代がたくさんいてモチベーションになる

 

人が多いってことは、それだけ魅力ある人もたくさんいるってことです。

(まぁその分いやな人もたくさんいますけど。それはそれで勉強になるよ。)

 

だから若い人は、ほんと東京来たほうがいいのになぁぁぁ。

 

 

東京に旅行で来るのと、住むのは違う

 

「東京は旅行で十分」っていう人もいますが、旅行って結局その瞬間だけ非日常感を味わうってことですよね。

もちろん旅行で学ぶこともたくさんありますが、長期的に「自分の生活変化させたい」って思うんならやっぱり住まないと。

 

 

地元や両親や人生にありがたみを感じるために、離れようぜ

 

東京来てみて「やっぱ合わない」ってなったら地元に戻ればいいんです。

東京で大学生活過ごしたor働いた人なら、地方でも絶対やってけますから。

 

それよりも東京にくると「地元っていい場所だったなぁ」を実感するんですよ。

そうやってありがたみがわかると一層地元や実家に愛着湧きますよね。

 

地方移住とかはその後で考えればいいんです。まずは上京!

入学でも就活でも転職でも、若い人はまず東京来てください。

 

 

 

人生楽しみたいなら東京へ。

 

 

▼ちなみに大前研一さんのオススメ本はコレ。

高齢化と人口減少が加速する中で日本は“欲のない若者”が増え続ける。

日本政治の現状に警鐘を鳴らす内容。

 

 

▼こんな記事も書いてます

www.mazimazi-party.com

www.mazimazi-party.com