圧倒的に文章力を鍛える本!プロブロガーの私がおすすめする7冊

スポンサーリンク
f:id:aopa-----nda:20160330133819g:plain

ブログで生計を立てて生きているプロブロガーのあんちゃです!

今回は文章で伝える力を鍛えるためのオススメ本をご紹介します。

 

わたし自身ど素人でブログを始めてから、今はおかげさまでたくさんの人に読んでもらえるようになったんですが、やっぱりたくさんの本を読み漁っていたからかなぁと思います。

 

でも文章の書き方のハウツー本ばかり読んだわけではなくて、「言葉の伝え方」や「面白さの本質」についての本も文章を書くのにかなり役立つんですよね。

文章ってその人の人間性がそのまま反映されるので、面白い文章を書きたいなら内側から磨く必要があると思うのです。

 

というわけでわたしが本を読み漁ってくなかで「これはおもろい!役に立った!」というオススメの7冊を紹介します。

 

ブログの書き方や始め方については以下の記事に詳しく書いているので、あわせてご覧ください┗(^o^ )┓三
関連記事:超初心者のための「稼ぐブログ」の始め方!ブログで飯食ってる私が徹底解説

 

圧倒的に文章力を鍛えるオススメ本7選

伝え方が9割 / 佐々木圭一

伝え方で、わたしのコトバを強くする。

 ▼本の特徴▼

  • リアルなコミュニケーションにも使える「伝え方」の教科書
  • なぜ伝え方で結果が変わるのか?をわかりやすく解説

文章に限らず「伝え方」の基本を学びたい人におすすめ!

 

著者は、コピーライターとして「カンヌ国際広告祭金賞」など数々の賞を受賞している佐々木圭一さん。

本の冒頭でも書いてあったんですが、新卒で博報堂に入社したものの最初は鳴かず飛ばずで苦悩の日々だったようです。

本の中では具体的でわかりやすく”伝え方で結果が変わる例”を紹介しています。

 

たとえば異性の気になる子に

「デートしてください」

って言うのと

「驚くほど旨いパスタの店があるのだけど、行かない?」

って言うのだったらどっちがYesを引き出せそうか?など。

これは文章を書くときにもリアルな会話でもめちゃくちゃ勉強になるんでオススメ。

 

 

ウケる日記 / 水野敬也

なぜ水野敬也は下ネタばかりでも女性にウケるのか?

▼本の特徴▼

  • まるで会話しているような親しみやすい文章が参考になる
  • 清々しくイヤミのない下ネタで”面白さ”を表現

人を引き込む”親しみがあって面白い”文章を書きたい人におすすめ!

 

『夢をかなえるゾウ』や『LOVE理論』でおなじみ、水野敬也先生。

この人の文章はマジで面白い。めちゃくちゃ参考にさせてもらってます。

ツイッターでも素敵なつぶやきがたくさん。

うーん深い。

 

こういうマジメな感じのイメージだったんですが、この本を読んだらただの変態だったことがわかりました。

冒頭の目次タイトルから「オ●ニー事件」ってwww最高かよwww

内容も笑いが止まらないwww超おもろいwwクソワロwwwww

ッて感じです。

 

これは女性のファンも多いだろうなって読んでて感じました。いやらしさが無いんですね。

嫌味のない、親しみある文章を書いてみたい人は必読。

↓コッチの本もオススメ。

ウケる技術 (新潮文庫)

 

伝わる・揺さぶる! 文章を書く / 山田ズーニー

「伝える」文章ではない、「伝わる」文章を書く。

▼本の特徴▼

  • 数時間でサクっと読めるのに内容は濃く、「なるほど!」がある
  • 文章は”コミュニケーション”であることがノウハウと共によく理解できる

サクッと読んで「伝わり方」のマインド・ノウハウ概要を知りたい人におすすめ!

 

これは文章書かない人が読んでも参考になるんじゃないかなぁと。

「自分が思っていることを伝える能力」についてよく書かれてます。

 

それよりも印象的なのが著者のズーニーさんの人間性が見えることですね。

素直さというか。この本自体がまさに「心を揺さぶる文章」でした。

個人的にはこっちの本もめちゃくちゃオススメです↓

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)

「正論はなぜ人の心を動かさないか」

確かに正しいことを主張することが必ずしも人の心を動かすわけではないなぁってすごく納得しました。

わたしもズーニーさんみたく真っ直ぐで素直な文章が書きたい。

 

スポンサーリンク

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記 / ちきりん

「顔出ししない・経歴出さない」ブログで月200万PVを突破した秘訣。

 ▼本の特徴▼

  • ”自分の売り出し方”へのこだわりが勉強になる
  • 自己発信力を高めたい、メディアに価値を持たせたい人は必見

自分の個性を文章で魅せたい・自分でメディアを持つ人におすすめ!

 

みなさんご存知のちきりんさん。

無名の会社員時代から月200万PVのトップブロガーになるまでの経緯や考えが書かれています。

自分のサイトを育てることは将来何か新しいことをやるためのインフラを整備し、維持しておくようなもの

こんな言葉から、自分のメディアへのこだわりの深さがうかがえます。

自分の意見を持つ人にしか、自分の人生は選べません。決められない人は、自分の人生を生きられないのです。そして、もちろん、仕事上で価値が出せたりするはずがない。

ちきりんさんの自分のメディアへのこだわりだけでなく、人生観や仕事観も魅力的だなと感じる一冊。

 

過去の炎上の場面も書かれていたので、個人的にはめっちゃ興味深かったw

ちきりんさんがブログを成長させる過程が追体験できるので、ブロガーには特にオススメです。

 

武器としての書く技術 / イケダハヤト

超実践的なブロブロガーの”書く技術”。

▼本の特徴▼

  • インパクトを与える鋭い文章を身につけたい人は必見
  • ブログで稼ぐってどういうこと?という疑問への答えが垣間見れる

強くインパクトのある文章を書きたい・ブログ運営に興味がある人におすすめ!

 

言わずと知れたプロブロガー・イケハヤさんの名著。これはマジで役立ちます。
この本も期待にもれず鋭い文章ですwバッサリ言っちゃうところが清々しい。

どちらかというと“WEBで文章を書く人”に特化した内容かも。

 

WEBでの文章はインパクトがないとすぐに読み流されてしまう。だからこそ読者の目を引くような工夫が必要だと。

文章が残念な人の10の特徴
⑥「~だと思います」「~な気がします」が多すぎる

引用:武器としての書く技術

・・・。

わたしもこれから気をつけようと思います!!!

 

人を操る禁断の文章術/Daigo

▼本の特徴▼

  • 人の行動心理から紐解いた「人を文章で動かす」ノウハウ
  • 自分の文章でおすすめのサービスや商品を売るために必要なことがつまっている

「読者の心を動かして文章で”行動”を起こさせたい」人におすすめ! 

 

メンタリストとして話題のDaigoさんの著書。

人の心を熟知した彼だからこそが書ける「人を動かす文章」について、その根本の考え方から具体的なノウハウを超わかりやすく解説してくれています。

わたしはこの本で「自分にしか伝えられない、人を動かす文章の書き方」が腑に落ちました。

と同時に、文章が持つ人を動かす力ってまじで強力だな・・ってのも実感。

どんな文字書きさんでもこれは読んでおいて損はないです。ほんとに。

 

新しい文章力の教室/唐木元

▼本の特徴

  • ビッグメディア「ナタリー」元編集長の実力派著書
  • 「メディアで読まれる文章」を徹底的に考え尽くした1冊

→文章中級者・今後文字書きで食っていきたい真剣な人におすすめ!

 

「良い文章とは”完読”される文章。ダメな文章は”食べきれないラーメン”と一緒だ。」

「ナタリー」を大きなメディアに育て上げた編集長の、文章に対する情熱と細やかさが伝わってくる1冊。

ブログやWebメディアで記事を書いていく人にはぜひとも熟読してほしい内容です。

 

キャッチコピー力の基本/川上徹也

▼本の特徴▼

  • 簡潔に、心に響く文章の作り方がわかる
  • すぐに使える実践的なテクニック集なのでかなり重宝する

短くシンプルに刺さる言葉の力(キャッチコピー力)をつけたい人におすすめ!

 

わたしの文章術のバイブルです。

この本は文章を書き始めた頃からずっと重宝していますね。ブログは記事のタイトルなんかで「短く響く言葉選び」が重要になってくるので、そういう部分でこの本は大活躍です。

基本的なキャッチコピーの型がたくさん紹介されてるので、すぐに実践できるのがすばらしい。

ブロガー・ライター・コピーライティングをやってる人は絶対必携しておいたほうがいい!!

 

 

というわけであんちゃのオススメ7冊でした。ぜひ読んでみてね!!

 

▼こちらの記事もあわせてどうぞ!

関連記事:ブログ初心者は文章の書き方を完璧に学んではいけない理由

関連記事:超初心者のための「稼ぐブログ」の始め方!ブログで飯食ってる私が徹底解説

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼
スポンサーリンク

日常から発信力を磨くLINEコラム配信中!

あんちゃが普段からどんな視点で日常をコンテンツにして、発信を仕事にしているのかを垣間見ることができます٩( ‘ω’ )و 小手先だけではない”本当の発信力”を磨きたい人は、今すぐ下のバナーをクリック!
あんちゃLINEコラム