男性が思う以上に、女性は痴漢や不審者に遭遇している

スポンサーリンク

ブロガーのあんちゃです。

この前妹とランチしてたんですけど、札幌や東京で不審者に遭遇した話をしてたんですね。

わたしもよくわからんのですが不審者を引き寄せる何かがあるのか、以前はよく遭遇していました。

関連記事:【露出狂】中学生のときに露出男(ムスコ丸出し)に遭遇した話

 

で、こういうニュースってあんまり報道されないけど、実はこんなふうに不審者に遭遇してる女性って想像以上にたくさんいるんじゃないか?って思ったんですよ。

 

女性は、男性が見えないところで被害に遭っている

妹も北海道から上京して都内に住んでるんですが、この前は地下鉄で痴漢に遭遇したそう。

 

「車内がほとんど空いてたのに、わざわざわたしの隣にオッサンが座ってきて、オッサンが上着を脱いで膝の上に置いて、手の動きが見えないように太ももを触られた」

 

▼イメージ図

 

 

あんちゃ「きめぇええええええええ」

 

かくいうわたしも、ちょっと前に帰り道の狭い路地でオッサンの下の(小さい)息子が社会の窓からコンニチハしてるのに遭遇したし、普通にこういうオカシイ人、日常にいるんですよ。

普段こういう話をめったにしない(というか普通はしないよね)から知らないだけで、女性は男性の見えないところでたくさん被害に遭ってる可能性があるんです。

 

スポンサーリンク

声をあげるのはほんとにごく少数

妹も言ってたけど

「いざ痴漢に遭遇すると怖くて声が出ない」

と話してました。

わたしも埼京線で痴漢に遭ったときはただただ怖くて、触ってくる手を振りほどくので精一杯でした。

関連記事:JR埼京線で痴漢に遭ったから泣き寝入りしながら撃退対策を考えた

 

結局犯人が電車を出てしまえばもう特定できないし、たとえ裁判沙汰になったとしてもそっちの方が心身的に消耗する&日常生活に支障が出るんじゃないかと思うと、警察に相談せずに終わってしまう人の方が大多数であることは容易に想像できます。

 

だからこんなふうに、怖くて声を上げられない人や泣き寝入りしてしまう人のほうが圧倒的に多いと思うんです。

最近は冤罪のニュースとかも取り上げられてますが、その水面下で毎日たくさんの女性が痴漢に遭遇してるんじゃないかって・・・。

 

わたしはもっと、声をあげようと思う。

こうやって声を上げるといろんな意見が飛び交います。

「露出の高い服を着てたんじゃないか」

「無防備のほうが悪い」

「ほんとうに触られたのか?たまたまでは?」

と、なぜか女性に非があるような意見が飛び出てくるからです。

スカートを履いていたからダメなのか?体のラインがわかる細身の服を着ていたら襲われるのか?そんなこと言い出したらキリがないし、そうしてまた精神を消耗するくらいなら声を上げたくない、ってなっちゃうんです。

(冤罪も増えてるから、以前よりも女性へ疑いの目を向けることも増えてると思う)

 

だから、わたしはもっとこの事実を発信したいと思うし、もし男性が被害にあった女性から相談を受けたりしたら、しっかり向き合って聞いてほしい。

 

女性側も、「わたしに触ったら速攻ケリ入れる」くらいの意気込みや風格が持てるようになると変な奴は近寄ってこないと思うんだけど、全員がそうなるのは厳しいとも思うので、そもそも満員電車に乗らない生活を送る生き方を考えたり、暗い危ない道を通らない生活をするっていう根本の部分から考えてみてほしいです。

 

こちらの記事もあわせてどうぞ〜

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼