フリーランスは死ぬほど不安だ。だけど、最高に高揚する働き方だ。

スポンサーリンク

フリーランスになって、すべて自分で責任を負わなきゃいけなくて不安になりませんか?とよく聞かれます。

不安じゃないわけがない。死ぬほど不安です。しかも毎日ね。

でも、最高にワクワクする働き方なんですよこれが。

 

フリーランスになって、生まれて初めて生きている実感を得られた。

独立したてのとき、収益も5万くらいしかなくて貯金も30万なかったんです。

マジで生活できないかもwって危機感はもちろんあったんですけど、こんなにがむしゃらに「生きよう」としたの初めてなんですよね。

いままで何の不自由もなくまわりの人からたくさんのモノを与えられて生きていることが当たり前で、生きること自体がマンネリ化してて。

 

それをすべて振り払ってしまったときに、「あ、自由って自分で作るものなんだ」って気づいたんです。

自分の決断で自分の人生を選ぶってこういうことなんだなぁって実感して、来月生活できるかわからんって状況なのにものすごくワクワクしていて。

 

独立してから1年経って経済的にも余裕がでてきたときはまた目標を見失って、2年目が終わる頃に売上がガクッと落ちたときは「うおお〜〜こりゃやべえ〜〜ww生きなきゃ〜〜w」って感じでまた高揚して。(笑)

 

全く安定なんてしてないしハタから見れば危なっかしい生き方かもしれないけど、わたしはいま死ぬほど不安で、最高にワクワクする働き方をしています。

 

▼こちらの記事もあわせてどうぞ!

関連記事:生きてる時点で”不安”はなくならないんだよ。だったら好きなことすれば?

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼