読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじまじぱーてぃー

20代のためのクソマジメゲスブログ。

私は「若い人たちが自分の意志で人生を歩む場所」を作ります。【ハイパーリバ邸計画】

ブログ

f:id:aopa-----nda:20160527164004p:plain

http://liverty-house.com/

 

こんにちは。クソマジメゲスブロガーのあんちゃです。

今日はみなさんに、わたしの決意を表明するために記事を書きます。

 

わたしはこれから、「若い人たちが自分の意志で人生を歩むことのできる居場所」を作ります。

 

私は「家と会社」しか居場所がなかった。孤独だった。

わたしは2年前、就職を機に北海道から上京してきました。

ほぼ知り合いゼロ・初めての一人暮らし・慣れない仕事で最初はとにかくバタバタしていました。

 

早く仕事を覚えようと必死でこなして、家に帰ったら疲れてロクに自炊もせず爆睡。気づいたら朝で、急いで仕事に行く。そんな毎日を過ごしました。

ですが職場は優しい人ばかりで、仕事も楽しんでやっていました。

 

しかし、慣れない生活でのストレスを吐き出す場所がありませんでした。

職場の人には「地方から来た子は弱い」とか「忍耐力がない」と思われるのが怖くて、思うように自分の悩みを話せず、笑顔を作るのに必死でした。

 

「仕事の悩み、これからの人生のこと、どうすればいいんだろう」

そう思いながらワンルームの一人部屋で孤独を感じていました。

 

意志を持ち始めた”第三の場所”

自分の居場所探しをしているうちに、わたしは一人の先輩のアドバイスによって「会社以外の出会いやつながりをつくる」ことを決心しました。

会社以外でいろんな人と出会っていけば自分の居場所が見つかるんじゃないか?って。

 

でも作り笑顔だけ得意なわたしは、人見知りで自分から話しかけられず初対面の人と話すのが億劫でした。

それも先輩にずいぶん助けられて、だんだん東京でも知り合いが増えていきました。

 

結局わたしは巡り巡って”ブログ”という居場所を見つけたのですが、それまでにもいろんなことに手を出しました。

地方創生や地域おこしに参加したり、海外逃亡を企てたり、転職活動してみたり・・・。結局どれもピンとこなくて逃げてばかりでしたが。

 

でもそんなことをしているうちに、少しずつ自分と同じ悩みを持つ人たちに出会うようになりました。

お互いの悩みを打ち明けたり、今後の野望を語ったり。「ああ、わたしが探してたのはここだ」って思いました。

それは家でも会社でもない、自分の足で見つけた第三の場所でした。

 

わたしは「自分の意志で人生を選択できる人」を増やしたい

昔のわたしのように悩みや夢を打ち明けられず、自分の望むような人生を生きていない人はたくさんいるんじゃないかと思います。

 

  • 「本当はもっとやりたいことがあるけど、今の環境から抜け出すのが怖い」
  • 「やりたいことなんかないけど、でも現状を変えたい・・・」
  • 「自分の意見を貫いたらまわりから嫌われそうで言えない」

 

わたしはそういう悩みを持つ人たちが、”自分が実現したい人生を作ることのできる居場所”をつくりたい。

そしてもっと「自分の意志を貫いて人生を歩む人」を増やしたいんです。

 

「ハイパーリバ邸計画」を始めます

だからわたしは、”ブログ”という第三の場所で出会った6人の仲間と、その居場所をつくります。

それが「ハイパーリバ邸計画」です。

 

人生に息苦しくなった人が駆け込む”自由な場所”

f:id:aopa-----nda:20160527164231j:plain

http://matome.naver.jp/odai/2140983438434964301

もともと「リバ邸」というのは、起業家の家入一真さんが起案した”駆け込み型シェアハウス”のことです。

・世の中の枠組みや空気に苦しくなった人たちが集まる居場所であり、そこで各自が何かしら独自のアウトプットを追求する場所

・アウトプットの内容は自由で、ジャンルも規模も収益の有無も問いません。本当に自分のやりたいことを見つけ、それを形にしていく場所です。

引用:リバ邸の理念・コンセプト | リバ邸総合サイト

 要するに”自分が実現したいことを自由にアウトプットする場所”です。

「シェアハウス」という形ですが、住人だけでなく、「人生息苦しい」と感じる人たちが気軽に集まってそれぞれが好きなことをできる”第三の場所”にします。

 

起案者の家入さんの著書に、印象的な言葉がありました。

「逃げることは、悪いことじゃない」

 

どんな道にも必ず行き止まりはある。

自分が、道の行き止まりに立っていることに気づかずに、前に進めないともがき続けるくらいなら、来た道をちょっとだけ戻って、やり直してみればいい。

身動きが取れないことに絶望的になって、自ら命を絶ってしまうくらいなら、誰も追ってこないところまで、全力で逃げればいい。

引用:『こんな僕でも社長になれた

 

そうやってもがいて道に迷って、逃げ出した人たちが駆け込む場所にしたいのです。

設立費用調達のため、クラウドファンディングに挑戦します

 計画はすでに進んでいて、都心部の物件をおさえています。

そしてそのハイパーリバ邸の設立費用を調達するため、来月6月にクラウドファンディングを行います。

※クラウドファンディング=不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うこと(Wikipediaより引用)

 

設立費用は、物件の敷礼金・改装など諸々含め100万円を超える額になります。

簡単に集まる額ではありません。

どうか、みなさんにご協力いただきたいのです。

 

絶対に達成します。達成して、たくさんの人が駆け込める居場所をつくります。「自分の意志で人生を歩む人」を増やします。

みなさん、力を貸してください。お願いします。

 

【6月9日 追記】

▼クラウドファンディング開始しました!どうかご支援よろしくお願いします。

camp-fire.jp