文章を書く仕事は未経験には無理なのか?現役Webライターの私が答える

スポンサーリンク
f:id:aopa-----nda:20170129224737j:plain

Webライター&ブロガーのあんちゃです。

わたしは約1年前にブログを始めて、約9ヶ月前に会社員を辞めて、ブログとライター業で独立しました。

言うなれば「文章で飯を食っている」状態です。

そこで最近よく聞かれるのが「元から文章書くのが好きだったんですか?」ってのと、「やっぱり文章を書く仕事は未経験には無理ですか?」という質問。

わたしの答えはこうです。

「始めてから好きになればいいし、ど素人でもできる」。

 

文章を書くのが好きじゃなくてもできる

わたしは最初、ブログを始めました。もちろんこのときは文章の知識も経験もゼロ。

始めた理由も、別に文章を書くのが好きだからってわけじゃないし、ましてや書いたことなんてほぼありませんでした(mixiの日記をたまに更新してたくらいw)。

始めたきっかけは「暇だったから」です。完全にその場のノリと勢い。

 

でもブログを書いていくうちに読んでくれる人が少しずつ増えて、面白いねと言ってくれる人がいて、そこで初めて「文章書くの楽しいな」と思えたんです。

「書くのが好きだ」と自覚できたのは、多分ブログ始めてから1・2ヶ月後です。

ブログを始めた初期なんて書き方とか全然わからんし、誰も読んでくれないし、お世辞でも楽しいとか好きとか言えたもんじゃなかった。。。

 

みんなブログやライターをやるのは「文章が好きな人じゃないとできない」と思ってるんですが、順番が違うんですよ。やり始めてから好きになるんです。

「好きだからやる」んではなく、「やったから好きになった」んです。

だから「好きじゃないと仕事にできないのか」という問いは半分合ってて半分間違ってる。最初は好きじゃなくていい。始めてから好きになればいいんですよ。

ただそれを継続して結果を出していくには好きになる必要があるかもねってことです。

 

スポンサーリンク

誰だって「未経験」から始めている

個人的に、やってみたいなら好きじゃなくても、やったことがなくても、やってみればいいと思うんですよね。だって、どんな人だって「未経験」の状態から覚えていくんですから。

生まれた時から天才的に文章が書ける人なんていません。

やるかやらないかの判断に「好きか嫌いか」「できるかできないか」をもってくるのは違うんじゃないかなと。

 

ブログやライター業をやりたいと思ってるのに、誰かに「好きじゃないとできないよ」「昔からやってる人じゃなきゃ厳しいよ」って言われたら、鵜呑みにして諦めるんですか?

まぁそれで諦めるのであればその程度のことなんだろうけど、わたしとしてはもったいないなぁと思うんです。できるかできないかなんて結局自分次第だし。

別にブログやライターで必ず成功する必要もないんだったら、チャレンジしてみればいいじゃんって思うんですけどね。

そこでたまたまうまくいって好きになったら儲け物ってくらいで。

 

やる前から失敗するか成功するかばかり考えてたらなんもできないでしょうと。

「やってみたいなぁ」と思ったら、好きだろうがたいして好きじゃなかろうが試してみたらいいんです。

やる前から「好きじゃないとできないんだろうなぁ」って勝手に見切りつけてやめる癖がついたら、何もチャレンジできなくなりますよ。

 

始めてみて、しばらく頑張ってみたけど好きになれない・結果がでないなって思ったらまた別のことを始めてみればいいんです。

個人的にはブログなんて誰にでも始められるし、初期費用もかからないし「やろう!」って気持ちだけで始められるからみんなに試してほしいなって思うんですけどね〜。

 

▼ど素人から文章を書く仕事に就きたいならクラウドソーシングから始めるのがおすすめ。

>>クラウドソーシングは在宅で働くための第一歩になると思う

▼文章力皆無の頃からお世話になった本たちの紹介もしてます。

>>圧倒的に文章力を鍛える本!プロブロガーの私がおすすめする7冊

▼文章力を鍛えるならブログもおすすめです。以下の記事にブログのやり方をまとめてみました!

>>ど素人のための”稼ぐ”ブログの始め方!ブログで飯食ってる私が徹底解説

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼