決断にも「鮮度」がある。



これは「わたしあるある」なんですが、


「あ、これやりたいな」

「こういうのにチャレンジしてみよう」


ってひらめくことが山ほどあるんですけど、いざそこからアクションするときに「もうちょっと後でやろう〜」と思ったときって、もうやらなくなるんですよね。笑


逆に、「今やるしかない!!」って、決めた瞬間から動くと、どんどん物事が進む。





わたしのまわりには仕事がデキる人がたくさんいるのですが、彼ら・彼女らは、これが当たり前にできているんですよね。

「決断とアクションは鮮度が命」

だということを直感的にわかっているし、「やる」と決めたことは、その瞬間にアクションし始める。

「決断」したときの熱量って、時間が経つほど、しぼんで腐っていって、またエンジンをかけるのにものすごく労力がかかります。


最近のシロフクコーヒーでも、ありがたいことに複数のプロジェクトが走っており、

グイグイ進む案件と、滞る案件があって、その違いの根本は「やると決まってからのアクションのはやさ」だなぁと思いました。



決断からのアクション鮮度バツグンのこが店長





実年齢より圧倒的に雰囲気がおじいちゃんのため、鮮度が落ちがちなラクダくん(右)とカニくん(左)





ちなみにこれはブログとか情報発信でも一緒で、良いネタ思いついたら、その日のうちにコンテンツを作るのが、一番いいです。


寝かせれば寝かせるほど、ネタの鮮度は下がり、腐ってお蔵入りする。

(ブログは永遠に下書きだけが溜まる。わたしのこのブログ、何十本下書きがあるか・・・)

熱量高いうちに、出来立てのアツいコンテンツを届けるのが鉄則なわけですね。




わたしがブログやSNSで発信を始めて、鮮度がほんとに大事だと実感してから、

たとえば電車の中でネタを思いついたら、駅を降りたホームのベンチでブログ書き上げたり、信号待ってるときにネタ浮かんだら、そのまま渡らずに立ったままスマホで書いたりとかしてました。笑

案外そういう記事のほうが、勢いがあって読まれたりします。






ところでこの記事は、「書こう」と決めてから1週間以上経っているので、こんな短文でも、綴るのにすんげーエネルギーかかりました(今までの話が全部ひっくり返るカミングアウト)

まだまだわたしも修行が足りませんということで、自分への戒めのメッセージでした。(=´∀`)テヘ




この記事をSNSでシェアする↓

生き様で人の心を動かす発信力を磨く。LINEコラム配信中!

あんちゃが普段からどんな視点で日常をコンテンツにして、発信を仕事にしているのかを垣間見ることができます٩( ‘ω’ )و 小手先だけではない”本当の発信力”を磨きたい人は、今すぐ下のバナーをクリック!
あんちゃLINEコラム
ABOUT US
執筆屋あんちゃ
執筆屋&大阪の珈琲屋「シロフクコーヒー」のバリスタです。 意識高い人生哲学から下ネタまで幅広く。 貧乏OLから独立して文章でメシを食っています。 「生き様で人の心を動かす発信をする」のがモットーです。 月間30万回読まれるブログ『まじまじぱーてぃー』運営 / 著書『 アソビくるう人生をきみに 』(KADOKAWA)

>>詳しいプロフィールはこちら

>>ブログで書けない話はLINE@で配信中!