「ご開帳おじさん」から学んだ教訓

スポンサーリンク

先日、友人たちとごはんを食べていたときに、たまたま、私が数年前のブログで「ネットカフェのチン事件」の話を書いていたことが話題になりました。(友人もよく覚えてたなw

 

ネカフェの住人が大音量でオトナのビデオを流していたこととか、

当時店員だった私をインターホンでブースに呼びつけて、目の前で誇らしげにイチモツをご開帳なさったおっさんの事件のことを笑いながら話していました。(当時は全然笑い事じゃない)

>>ネカフェの記事はこちら

 

その後、友人と別れて帰路についているとき、私の脳裏にふとひとつの疑問が浮かびました。

 

 

 

「あのとき、イチモツをご開帳なさった客は、なぜ、何のためにあの行為をしたのだろう・・・?」

 

 

一般的に考えれば、人前でイチモツをご開帳なさるなんてことは、狂気の沙汰でしかありません。

一体どんな思考回路で、どんな背景があってその行為に至ったのか。

 

 

気になり出したら止まらないのが、人間のサガ。

 

家に帰るまでのあいだ、考えを張り巡らせました。

 

 

そこで辿り着いたのは、以下の結論です。

 

 

あの人は、本当の自分を認めてくれる人が周りにいなかった

 

イチモツをご開帳なさった人(以下、ご開帳おじさん)は、もしかしたら孤独な人生を送ってきた先で、ネットカフェにたどり着いたのかもしれません。

 

家族とも疎遠になり、仕事先では冷え切った人間関係、誰にこの生きづらさを相談することもできず、自分を受け入れてくれる人も、環境もなかった。

 

「本当の自分を受け入れてほしい・・・!」

 

 

そんな、抑圧された気持ちが溜まりに溜まって

 

あの日、あのとき、あの場所で

 

 

 

 

 

「ありの ままの 姿 見せるのよ!」

 

 

 

と、ネカフェに来て店員の私をインターホンで呼びつけ、ご開帳されたのかもしれない・・・。

 

 

 

しかし、当時の私は私で、ご開帳おじさんのほしいままの反応をするわけにはいきません。

 

 

もし私がご開帳を見た瞬間に「きゃーーーーっ!」とか「やだーーーっ!」とか、一般的な反応をしたら、おそらくご開帳おじさんの承認欲求はグーンと満たされ、

またその刺激欲しさに、同じ過ちを繰り返してしまうかもしれません。

 

 

 

ですから私は心を鬼にして、決意したのです。

 

 

 

 

 

「絶対に、反応しない」

と。

 

 

 

これが私にできる最大の誠実さであり、ご開帳おじさんの今後の人生に対する最大の配慮であると、静かにハラを決め、その場をやり過ごしました。

 

すると、ご開帳おじさんは鎮魂されたのか、静かにおかえりになり、その後姿を現すことはありませんでした。

 

余談:ちなみにこういう案件は、現行犯でないとなかなか逮捕できないと、当時のケーサツから言われました。至難の業すぎるだろ。

 

 

スポンサーリンク

ご開帳おじさんから学んだ教訓

 

これは極端な話ではありますが、

「本当の自分を受け入れてほしい」というある種の苦しみは、誰もが抱える問題でもあると思います。

 

どんな人も、自宅に一人でいるときの自分と、仕事先の自分、パートナーといるときの自分は、それぞれ違う顔をすることが多いはずです。(わたしもそうでした。)

 

 

嫌われたくない

評価を落とされたくない

 

そんな思いによって、八方美人になったり、言いたいことを言えず遠慮がちになって、本心を隠す。

 

ニセモノの自分をつくるから、本当の自分を知って欲しくて苦しむ。

 

誰もがそんな経験をしてきたのではないでしょうか。

 

 

わたし自身もずっと人前では取り繕って生きてきたタイプなので、その苦しみは痛いほどわかります。し、今でも闘っている課題です。

 

だからこそ、「等身大で働いて、稼いで、生きる」をテーマに発信しようと決めているのです。

 

きっと、同じ葛藤を抱える人は多くいるはずだから。

 

 

 

・・・なんだか下ネタからとても真剣な話になりましたが、これがありのままのあんちゃということで、おいとまさせていただきます。

 

ありがとうございました。

 

 

関連記事: 等身大で働き、稼ぐ。「究極の一般人」になる生き方。

関連記事:ネカフェの珍事件その1

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

生き様で人の心を動かす発信力を磨く。LINEコラム配信中!

あんちゃが普段からどんな視点で日常をコンテンツにして、発信を仕事にしているのかを垣間見ることができます٩( ‘ω’ )و 小手先だけではない”本当の発信力”を磨きたい人は、今すぐ下のバナーをクリック!
あんちゃLINEコラム

ABOUTこの記事をかいた人

執筆屋。 月間50万人に読まれる当ブログ《まじまじぱーてぃー》運営&恋愛メディア《らぶりりーす》編集長。25歳のときに会社を辞めてブログで独立しました。趣味は人生哲学と下ネタです。

>>詳しいプロフィールはこちら

>>ブログで書けない話はLINE@で配信中!