100万円稼いだら、「幸せは、お金の額では決まらない」と気づけた。

スポンサーリンク

 

 

 

自分の力だけで1万円稼いだら、大きな感動が生まれた。

 

 

 

10万円稼いだら、ぎりぎりで生活できるようになった。

 

 

 

20万円稼いだら、自信が持てるようになった。

 

 

 

50万円稼いだら、生活にも精神にも余裕ができた。

 

 

 

100万円稼いだら、「幸せは、お金の額では決まらない」と気づけた。

 

 

 

 

 

じゃあ、幸せとはなんなのか。

 

 

 

 

それは、なにかに没頭しているとき。

時間も状況もすべて忘れて、夢中になっているとき。

 

 

 

それはブログを書いているときかもしれないし

仲間と夢を語り合っているときかもしれないし

誰かに恋をしているときかもしれない。

 

 

 

「ああ、もうこんな時間だ、もっとずっとやっていたい。もっと一緒に過ごしたい」

そう思えるものや人がいること、そこにお金がどれくらいあるかは関係ない。

 

 

 

そんな当たり前のことに、100万円を稼いでからやっと気付けた。

 

 

 

 

わたしの人生は、すでに幸せに溢れていた。

 

 

 

関連記事:人生の醍醐味とは「時を忘れるほど1つのことに没頭する」ことである

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼