人生の醍醐味とは「時を忘れるほど1つのことに没頭する」ことである

スポンサーリンク

ブロガーのあんちゃです。

私事ですが、インスタグラムにどハマりしてます。ご飯食べるのも忘れてたほどですw

 

「なんでそんなハマったの?」って聞かれてもうまく説明できないんですが・・・「わからないけど、なんかすごくワクワクする」んです。

ふと「こういう写真を撮って載せてみたら面白いんじゃないか?」とアイデアが浮かんで、それを形にしてみたらやっぱり「いい感じ!」ってなって、そこからもう気づいたら写真撮りまくってて。

 

稼げるとか、インスタでなんかやったろうとかいう理由ではなく、純粋にインスタに投稿して新しい世界とつながるのが面白いのです。

いまやっと我に返ってこの記事を書いているところなんですが、ブログ始めたときもこんな感じだったなぁと思い出しました。

 

時間を忘れるほど何かに夢中になれる幸せ


思えば、小学生の頃にBL(ボーイズラブ)にハマって、イラスト書きまくって、自分でWebサイト作ってた頃も同じように毎日ずっとパソコンの前にはりついて夢中になってたんです。

▼詳しい話は以下に書いてますww黒歴史w

合わせて読みたい

わたしがBL(ボーイズラブ)にハマる理由。腐女子遍歴を書いてみた

 

でもその瞬間の自分を振り返ると毎日ワクワクして仕方なかったし、まわりが何も見えなくなるほど夢中になっていた時間って本当に充実してるんですよね。

もちろん夢中になっているときもうまくいかないことや失敗することもあるんですけど、そんなの気にならないというか「よっしゃ、次!」ってすぐ切り替えて動けるんですよね。なぜなら、没頭しているから”失敗したから諦める”って思考にならないんです。

インスタだってうまく写真撮れなかったり思うように反応がなかったりすることも多いけど、「じゃあ次はこうしてみよう」って次の行動にすぐ移れるんですよね。ブログもまたしかり。

 

スポンサーリンク

最短距離じゃなくていい。まず”やってみる”

社会人になってから、こういう時間少なくなったなぁって思うんです。

「これやりたいけど、お金にはつながらなそうだなぁ」

「本当はやってみたいけど、仕事が忙しいから時間とれないなぁ」

なにか新しいことを始めるには、それなりの対価が得られる見込みがないとやらない、と決めつけてしまっていたんです。

 

でも子どもの頃にやっていたことって、そんな難しいこと考えなかったですよね。

やってみたいからやる。気になったからチャレンジしてみる。なにかを始める理由って、そんなもんでいいと思うんです。

 

結局わたしがいまブログで生計を立てているのも、「好きなことに無条件で没頭した結果」なんですよね。

最初からがっぽり稼いでやろうとか考えてたわけじゃなくて、楽しくてワクワクして仕方なかったから夢中になった結果、それが仕事になっていた。

いまインスタグラマーで活躍している人たちも、インスタが楽しくて仕方がない人たちなんだろうなと。

 

もちろん「稼ぐためにやるんだ!」で続けられる人は全然いいと思います。

でもなにか対価を得られる見込みがないと新しいこと始められない、ってひとは、あまり深く考えずに「まずやってみよう」でいいんです。

気になったこと、以前からやってみたかったこと、お金や時間のせいにしないで、今から始めてください。

▼こちらの記事もあわせてどうぞ!

関連記事:生きてる時点で”不安”はなくならないんだよ。だったら好きなことすれば?

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼