なぜブロガーの私があえて書籍を出版するのか

スポンサーリンク

ブロガーのあんちゃです。

SNSではすでにお伝えしてますが、12/12に初著書の出版が決まりました!パチパチ

KADOKAWAさんから全国書店に並びます。電子書籍も同時発売!

本のテーマは「好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略」。

わたしがブログで日頃伝えていることから、まだブログで伝えきれていない部分までずっしり書いてます。

 

KADOKAWAさんからは今年の春先にお声がけいただき、諸々話をつめて、原稿を書いて、直して、書いて、直して・・・を繰り返してなんだかんだ半年くらい経つ頃に発売です。

本はブログと違って書き直しが効かないので、かなり一文字一文字凝視するようにチェックしています・・・!こんなに文字と向き合ったのは初めてだ。。。

 

で、出版の話を告知したときに、何人かから「なぜブログではなく本を書くのですか?」という質問をいただき、素敵な質問だなぁと思ったので今日答えてみようかなと。

たしかに「自分の本を出したい!」ってのは多くの人が思うことだと思います。もちろんわたしも夢ではあったのですが、よくよく考えると理由はそれだけじゃなかったのです。

 

なぜ私があえて本を出版するのか

 

印税生活したい!

 

・・・ではなく、「今までブログでは届ききらなかった人たちの目に留まってもらうため」です。

いやもちろん印税だって嬉しいんですが・・・印税収入ってベストセラー作家にならない限りはそれだけでは全然食えないですからね。。「夢の印税収入!」と言いつつ稼ぐために本を出すのは効率悪いと思うw

 

わたしが本を出す目的は「ブログでは出会えなかった新しい人たちとの出会い」です。

 

スポンサーリンク

リアルの書店でしか出会えない人たちと出会う

今わたしのブログを読んでくれている人は、きっと普段からネットを使う人たちだと思います。

SNSで知ってくれた人、検索をしてたまたま辿りついた人、ネットメディアから知ってくれた人などなど。

ブログやSNSの発信だけだと、どうしても認知してくれるのはこういった「ネットリテラシーがある人」だけに限られてしまうんですよね。

 

だから今度は、普段SNSやネットサーフィンをしない人やネット以外の媒体から情報を得る人たちに向けて発信したい。

ネットをしなくても、近所の本屋さんに行く人はたくさんいるはず。

電子書籍より紙の本が好きって人がたくさんいるように、ネットよりもリアルな媒体が好きだって人もいる。

 

そういう人たちにも、「こんな奴がいるよ」ってのを知ってもらうために書籍という媒体を使って発信したいなと思ったんです。

ブログだけでは出会えない人たちに、本を通して出会ってみたいなと。

 

働き方や生き方に悩む同年代の目に留まってほしい!

わたしのブログを読んでくれている人の中には

「仕事つらいって検索してたらこのブログにたどり着きました」

「人生迷ってるときにたまたまツイッターで知りました」

って人が結構多くて、まだまだ自分の仕事や生活に悩む同年代は本当にたくさんいるのだと思います。

 

だからきっと、ネットをあまり使わない人の中にもこんなふうに悩んでる人はたくさんいるはず。

 

どこに助けを求めていいのかわからずに一人で苦しんでる人

毎日ヘトヘトで自分の人生を見つめ直す暇もない人

 

そんな人が、もしたまたま仕事の帰り道とかに本屋にふらっと立ち寄って、わたしの本が目に留まったら、もしかしたらなにかを変えるきっかけになるかもしれない。

そう考えると、わたしが本を出す意義は絶対にあると思ったんです。

 

ブログと相互で発信力を高める

1人でも多くの同年代の目に留まるようにするには、たくさんの本屋さんで並べてもらう必要がある。

たくさんの本屋さんに並べてもらえるようにするには、ブログやネットでの発信もコツコツ頑張って、その活動を認めてもらう必要がある。

だから、ただ本を売るだけでなく、ネットでの発信もさらに力を入れていきます(`・ω・)!!

ブログと紙の本、相互で発信力を高めていけたらいいなと。

 

 

「なんでそんなに同年代に読んでもらいたいの?」

って時々聞かれますが、

楽しそうに生きる同年代が増えれば、自分も楽しいし幸せじゃないですか。

 

ただそれだけです(*´ω`*)

すべては自分の幸せのため。

周りの人が幸せに生きてくれたら自分も幸せだから、自分のために、同年代の人たちを幸せにしたい。

 

ぜひみなさんも一緒に協力してくれたら死ぬほど嬉しいです(T . T)

 

今後はツイッターのハッシュタグ「#アソビ人生」で細かい本の情報など出していきます!

>>あんちゃのツイッターはこちら(@annin_book)

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼