【悲報】「旅をしながら働く」を実践したら、結構しんどかった。

スポンサーリンク

ブログで飯を食っているあんちゃです。

先日2週間ほど東北地方を旅しておりまして、観光しながら仕事しつつ過ごせたらいいなぁと思ってたんですが、結論から言うと、「全然仕事できなかった」。

わたしが会社員時代に憧れていた「旅をしながら働く」というライフスタイルは、想像以上にハードなものだと気づかされました。

 

旅はインプットが多すぎる

宮城県田代島(通称:猫島)にて。道路のど真ん中で爆睡する猫。

 

旅って新しい人との出会いとか、見たことない景色とか、ご当地グルメとか、知らない文化とか、とにかく吸収する情報が多いんですよね。

大学時代の一人旅とかはインプットしたらそのまま終わってたんですが、せっかくブログやってるからインプットした情報は自分のなかで咀嚼してアウトプット(発信)したくなるんですよ。

というかアウトプットしなきゃその経験は自分のモノにならないですからね。

 

で、そうなったときに自分の頭の中の情報量が多すぎて消化しきれないんですね・・・。

消化スピードが追いつかないというか。そこで疲れてしまう。。

 

スポンサーリンク

インプット・アウトプットのサイクルをいかにうまく回すか

だから一流のノマドワーカーたちはこれを常にこなしているんだなと思うとすごいなって感じます。

「旅をしながら働く」ためには

  • インプットからアウトプットへの高速サイクルをまわす
  • 仕事でやるべきこと・やらないことを明確にする

ここらへんの力がまだわたしには足りてないなぁと。

インプットした情報を即座に整理し、アウトプットする。

そしてなにを仕事として取り入れ、なにを不要なこととして排除すべきかを考える。自分がやらなくていい仕事は他の人にアウトソーシングする。

これがサクサクできるようになれば、もっと「旅しながら働く」ことがラクになるし、質の高い旅ができるなって思いました。

 

各地で「住むように」働く

こちらも田代島にて。背中がかゆくて地面にこすりつけてた猫。

 

とは言っても短期間でいろんな場所をめぐるのは移動時間もかかるし、それだけで体力持ってかれるので、「旅しながら働く」というよりは「各地で住むように働く」というほうが理想だなと思ってます。

たとえば仙台に1ヶ月住んで、「仕事7割・観光3割」くらいの割合で、無理なく各地の魅力をインプットしていながら過ごすくらいがちょうどいい。

 

今回2週間旅して、「まる1日観光だけして、仕事ができないのはいやだ」と心底思ったのでw

まさか「仕事ができない」ことがストレスになるなんて思わなかったw

仙台に滞在してたときも、5日間中3日くらいはカフェに引きこもってましたからね・・・。

 

急いで観光するよりは、仕事の合間に息抜き的な感じでふらっと観光するってバランスが一番自分に合うようです。

というわけで今夏は札幌にしばらく滞在予定ですが、その後は各地を数ヶ月単位で「住むように働く」ライフスタイルを送ってみようかなと考え中。

 

「うちの地方においでよ〜!」って呼ばれたらふらっと行くかもしれないので、ぜひお声がけくださいw

 

合わせて読みたい

【ノマド】夏の3ヶ月間だけ札幌に短期移住します【デュアルライフ】

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

プロブロガー・メディアディレクター。
月間50万人に読まれる当ブログ《まじまじぱーてぃー》運営&恋愛メディア《らぶりりーす》編集長。26歳。25歳のときに会社を辞めてブログで独立しました。趣味は人生哲学と下ネタです。

>>詳しいプロフィールはこちら

>>ブログで書けない話はLINE@で配信中!