「やってみたい!」と思った瞬間の”衝動”を愛したい。

スポンサーリンク

どうもあんちゃです。

いきなり未来へ向けて飛び立つ感じで失礼します。

 

2日前、「そうだ、ヨーロッパに行こう」と思って、その日の夜に6万5千円のオランダ行きの飛行機をとりました。

というのも、いま一緒にサロンを主催しているるってぃが、現在クラウドファンディングでヨーロッパの働き方を取材するプロジェクトを実施中なんですね。

で、わたしも横で見ていたらいてもたってもいられなくなって「一緒に参加させて!」と2日前に決定したわけです。

 

実はずっと海外に対する劣等感があった

じつはわたしは社会人になるまで海外へいったことがなく、それがなぜかすごく負い目でした。

まわりの人たちはみんな海外旅行や留学、ホームステイでわたしの知らない世界を知っているのに・・・わたしは狭い世界しか知らないんだと思ってました。

 

正直お金もなかったし、一緒に海外行ける友達もいなかった&一人で行くのは怖くてビビってたので、ずっと行けずじまいでした。

ブログを始める前とかは「会社辞めて世界一周行こう」と本気で思ってたんですが、それにもビビって頓挫。

会社辞めてからもブログにハマって海外行く予定もなく、今に至るという感じです。(台湾には行ったけどアジア以外は全く行ってない)

 

ただやっぱり、ずっと海外への憧れというか、自分の価値観が全く通じないような場所に行ってみたいという思いはずっとあって、それをいつ実現するか機会をうかがってたんですが、やっと2日前に「ここだ!」と決心したわけです。

なぜかわからないけど、ものすごくワクワクした。日本以外の国の人たちの生き様を見たかった。それだけの理由です。

海外への飛行機とるのも初めてだったので、めっちゃ冷や汗でました・・・。はずかしい。

 

スポンサーリンク

やりたい!と思った瞬間の”衝動”を行動にする力

怒涛の決断だったわけなんですが、以前にも似たような瞬間がありました。

それが、会社を辞める決断をしたときです。

あのときわたしはブログが楽しくて仕方なく、もっとブログに時間をとりたいと思ってました。会社に行く時間がもったいないと感じるくらいに。

で、そのときも数時間だけ死ぬほど迷ったあげく、「よし、辞めよう」と決断して、数日後には上司に退職を伝えていました。

そしてあのときも、今でも忘れられないくらい心臓がドキドキしていたのを覚えています。

 

わたしはそのときから、この「やってみたい!」という衝動を大切にしようと思ってきました。だから今回も即断で飛行機をとったのです。(そして背中を押してくれたるってぃにも感謝!)

自分のワクワクする気持ちを、見て見ぬ振りをしてはいけないなって思ったから。

この気持ちを抑えて生きるなんて、そんなクソつまらない人生は送りたくないって思ったからです。

 

始めてしまえば必然的に行動が決まる

多くの人が何かを「やりたい」と思っても尻込みしてしまうのは、始める前にあらゆるリスクや不安を感じ取ってしまうからだと思うんです。

でも、リスクを考える前に「やる!」と決めて動き出してしまえば、あとは必然的にやらざるをえない状況になります。その先で、動きながら起こりうるリスクについて考えて策を打つんです。

 

これを「後先考えずに動くな」と思う人もいるかもしれません。

でも、後先考えすぎていつも動けない人は、一度こうやってチャレンジしてみたほうがいいと思うんです。

わたしも今まで先に考えすぎて、不安になって、動けなかったから。

 

「会社を辞める」と上司に伝えたら、あとは辞めるまでに自力で生計を立てるためにどう動くか?と頭が勝手に考えるようになります。

「辞めるか辞めないか」から「辞めた後どうするか」という思考段階にうつるんです。

生死を分ける決断じゃない限り、決めたあとでもやり直すことだってできます。失敗しちゃったなぁと思ったら、ちょっと高い勉強代だと思えばいい。

そうしないと、いつまでたってもその場から身動きがとれなくなってしまいます。

 

やりたいと思った瞬間に、決めて、動く。

よく「セミナー症候群」みたいな言葉を聞きます。

イベントやら講演会で話を聞いて、「うおーわたしも頑張ろう!」ってその瞬間はすごくモチベーションが高いのに、家に帰ったら「やっぱ明日から頑張ろう」っていってなにもしないやつ。

モチベーションが高いときに行動に移さなければ、その熱が冷めたときにもうやる気力がなくなっているやつです。

 

やりたいと思った瞬間に、決める。そして動く。

そして自分の「やってみたい」という気持ちに素直になる。

自分で決められない人は、背中を押してくれるような仲間を作るといいですね。

仲間がまだいなければ、わたしが背中を押しますw

 

で、わたしはヨーロッパに行って何をしたいかというと、「ヨーロッパの同年代の多様な働き方を知って、日本に向けて発信したい」。

昨日のヤフーニュースで、新卒の23歳の男性が、過労で亡くなったとの報道がありました。

ここ数年で、同年代の過労死・過労自殺のニュースがなぜこんなに増えてしまったんだろうと思います。

もっといろんな働き方の選択肢に気づいていれば、防げた不運もあったのかもしれない。そう思うと、いつも悔しくてたまらなくなります。

 

だから、少しでも同年代の人たちが幸せな働き方をするために、わたしは何ができるのか考えました。

その結果、「このブログを通して、一人でも多くの人にいろんな働き方の選択肢を知ってもらう」ことだと思いました。

でもわたしはまだまだどんな仕事があるのか、どんな働き方の選択肢があるのか知らない部分も多いです。

まして日本以外の国の人たちがどんなキャリアを歩んでいるのかもわからない。

だから実際に現地に行って、その生活に触れてみたい。そしてそれを、日本の人たちに伝えたい。

 

正直決断したあとでめちゃくちゃビビってちびりそうなんですが、もう飛行機とっちゃったのでやり遂げます!!m(_ _)m

 

・・・ということで、わたしも現在進行中のるってぃのプロジェクト「クラウドファンディングでヨーロッパを取材し、多様な生き方を発信したい」に参加したので、こちらのプロジェクトのご支援&拡散のご協力よろしくお願いします・・!

目標額は100万円です・・・!!現在の支援額は70万円弱に達しました。プロジェクト終了期限まで残り7日です!!

わたしのリターンも用意しているのでぜひ!!m(_ _)m(あんちゃを成田空港でお見送りしよう券。空港でウェイウェイしましょう)

↓↓↓

※クラウドファンディングってなに?という方は以下のページをご覧ください!(CAMPFIRE公式サイトにとびます)

>>日本最大のクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

プロブロガー・メディアディレクター。 月間50万人に読まれる当ブログ《まじまじぱーてぃー》運営&恋愛メディア《らぶりりーす》編集長。26歳。25歳のときに会社を辞めてブログで独立しました。趣味は人生哲学と下ネタです。

>>詳しいプロフィールはこちら

>>ブログで書けない話はLINE@で配信中!