キモイかもしれんけど、自分が書いた文章が好きだ。

スポンサーリンク

我ながらなかなか気持ち悪いとは思うんですが、よく自分で書いた記事を読み返したりしてニヤけたり泣きそうになったりするんですよね。(笑)

前向きに捉えれば、それほど熱を込めて書けた証拠なのかなって思うようにしてますw

 

 

文章になんの気持ちも込めなかったら、たぶん読み返しても何も感じないと思うんです。

その記事を書いたとき、どんな状況で、どういう気持ちで、何を伝えたくて書いたのかという熱がこもっているとやっぱりそのときの感情を思い出すんですよね。

思い入れのある場所とか音楽とか食べ物とかに触れるとしみじみした感情に包まれるように、文章を読み返したときにも当時のあったかい気持ちだったり、胸の高鳴りだったり、悔しさだったりが蘇ってくるのです

 

特に会社辞めた時の記事とか、死に物狂いでブログ書いてた頃の記事とか、やっぱり記憶に強く残る時期の文章は読み返すたび心ん中でシュボッて火がつく感じがします。

ほんと不思議ですよね。過去の自分が書いた言葉で笑ったり励まされたりするのw

「あのときは悩んでる暇なんかなかったな。それくらい毎日必死で動いてたんだから、今の自分も負けてられないな」って思えるんですよね・・・

 

 

何年後に読み返しても、自分で笑ったり泣いたりできるような文章を書き続けたいなぁ。

 

 

未来の自分を激励するために、今の自分は言葉の表現力と伝え方の精度をもっと高めるぞ。

 

▼こちらもあわせてどうぞ。

関連記事:文章を書く仕事は未経験には無理なのか?現役Webライターの私が答える

関連記事:ブログの文章の書き方について、初心者は完璧に学んではいけない。

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

プロブロガー・メディアディレクター。 月間50万人に読まれる当ブログ《まじまじぱーてぃー》運営&恋愛メディア《らぶりりーす》編集長。26歳。25歳のときに会社を辞めてブログで独立しました。趣味は人生哲学と下ネタです。

>>詳しいプロフィールはこちら

>>ブログで書けない話はLINE@で配信中!