会社辞めて独立してから2年経つけど、もう幸せでしかない

スポンサーリンク

新卒から2年間勤めたIT企業を退職して、フリーランスとして独立してから丸2年が経ちます。

正直な感想を言うと、独立後の2年間は会社員時代の2年間よりも100倍以上濃いものでした。

 

自分の頭で考えて仕事を作るという経験ができた

独立してはじめて「自分が考えて動かなきゃ生きていけない」という感覚になって、

  • どうすれば仕事は生み出せるのか?
  • 自分に求められているものはなんなのか?
  • 人の役にたつことがなぜ「お金」という価値に変わるのか?

なんてことをこの2年間死ぬほど考えてきました。

こんなこと会社員のときは1ミリも考えたことなかったし、そもそも自分に価値なんてないと思ってた。。

もしこういったことが昔から考えられていたのなら、フリーランスじゃなくとも楽しく働けていたのかもしれません。

 

ただわたしは切羽詰まらないと本気出せない人間なので(テスト勉強とか前日に徹夜するタイプw)会社という後ろ盾を捨てて、一度自分の身ひとつで勝負してみようと決断できたことがすごく大きな一歩になったなぁと。

自分で生み出した仕事が誰かの役に立って、その結果お金という対価をいただいて、なんなら「ありがとう」という言葉までもらえる機会も増えて、「自分で仕事を作るってこんなに幸せなことなのか」と気づくことができました。

 

もちろん独立したてのときはうまくいかないことたくさんあったし、毎日不安と戦ってるし悩みもつきないけど、こんなに刺激的な毎日が送れるとは2年前は思いもしなかったです。

 

スポンサーリンク

会社員時代は「独立しよう」なんて微塵も思わなかった

よく「もとから独立願望はあったんですか?」と聞かれますが、そんなことは1ミリも考えたことはありませんでした。

自分にはスキルもないし、そんなバイタリティないし、なんか怖いし・・・みたいな。

 

でも、自分が心からやりたいこと(わたしの場合はブログ)に出会えたときに、「会社に行く時間、もったいない」って思っちゃったんですよね。

会社の仕事は別にいやではなかったです。だけど、「これを一生続けるか?」と聞かれたら微妙でした。

だから、この平日の8時間をやりたいことに注げたらもっと成果出せるかもしれないのに・・・!と一度思ってしまったときから、もうブログのことしか考えられなくなって、気づけばフリーランスになってた。まさにそんな感じでした。

 

独立するの不安じゃなかったの?と聞かれますが、そりゃ死ぬほど不安ですよ。

でも、そのまま会社員続けてたとしてもずっと不安だったと思います。「これでよかったのか?」って。

関連記事:フリーランスは将来の不安ないの?って質問に独立2年目女子が答える

 

つらい経験があったからこそ、それがバネになった


先が見えない中で模索していた2年前は、結構しんどい思いをしました。このまま会社で働き続けていいのかわからない。でも独立してやってける自信もない。

それを誰に相談すればいいかわからない。否定されるのが怖い。そんな状態でした。

だから、朝涙が止まらなくて会社行けなかったり・・・▼

関連記事:「仕事行きたくない」は甘えなんかじゃない。

ストレスで顔じゅうに湿疹ができたり散々でした(泣いてばっかりw)▼

関連記事:ストレスで湿疹だらけの顔を鏡で見たとき、涙が止まらなかった。(あんちゃのファッションブログに飛びます)

 

もうあの頃には絶対に戻りたくないですが(笑)、これらの経験があったからこそ「今のままじゃダメだ」「もうこんな思いしたくない」と危機感を持つことができたし、まわりの言葉に惑わされずに自分の決断で人生を選択する大切さを知りました。

無理してきつい経験をする必要はないけど、いましんどい思いをしている人は、いつかそれが必ずバネになるときがくると思います。

だから我慢せず、自分の本心に従って決断してほしい。

 

今後はずっとフリーランスでやっていくのか、起業するのか、はたまた会社員になるのかはわかりませんが、大事なことはこの2年間でめちゃくちゃ学んだので、どの道を選んでも幸せに働ける自信があります。

それほどこの2年間は、何にも代えがたい貴重な財産となりました。

3年目も淡々と、だけど熱を持って仕事に向き合います!

 

▼会社辞めたときの記事はこちら

関連記事:25歳女、新卒で入社した会社を2年で退職しました。葛藤と決断について

▼独立するまでにやったことはこちらの記事にまとめてます!

関連記事:凡人会社員からフリーランスになった私が独立するまでにやった7つのこと

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼