20代のうちにフリーランスやパラレルワークを絶対経験した方がいい3つの理由

スポンサーリンク
f:id:aopa-----nda:20170314164002j:plain

フリーランスとして独立してからもうすぐ1年が経とうとしているあんちゃです。

ブログを軸に会社員から独立してなんとか生計を立てられるようになったいま、「20代のうちにフリーランスを経験できて本当によかった」と感じてます。

わたしのまわりにはフリーランスとして活動している同年代や、会社員として働く傍らで”複業”を持ち、いろんな事業を展開しているパラレルワーカーも多いのですが、みんな口を揃えて「経験してよかった」と話しているんですよね。

今回はその理由を3つほど書いていきます。

20代のうちにフリーランスやパラレルキャリアを経験すべき3つの理由

1:早めに失敗から学び、立て直せる

「若いうちにたくさん挑戦して失敗しておく」って、あとあと本当貴重な財産になると思うんです。

わたしもこれを考えて「会社やめて独立するなら今のうちだなぁ」と思い前職をやめました。

だって20代で守るべきものなんて、自分の身体くらいじゃないですか。

これが30代40代になったら新しい家族ができたりして守るべきものが自分だけじゃなくなる。そうなったときにフットワーク軽く挑戦できるか?って話です。

失うもんなんてないのに20代のうちから「失敗して笑われるのこわい」とか言ってなにもしなかったら一生なにもしないまま終わりますよ。

そもそも「失敗」って「こうするとうまくいかない」っていう経験を得たってことです。

だから20代からいろんなことにチャレンジして「うまくいかない方法」を経験している人は「じゃあこうすればうまくいくんだな」っていう感覚も、挑戦しない人より何倍も身についてるんですよ。

だから失うものがないノーリスクのうちに挑戦して失敗しとけってことです。

2:自分のなにが武器になるのか把握できる

あとはこれもわたしがものすごく実感したことで、自分の力で仕事をするようになると「自分のなにが人の役に立つのか」「どの部分が武器になるのか」を必死で考えるようになるんです。

そうすると自分のどこに強みがあって、どんな場所でそれが活かせるか把握できるようになるんですよね。

会社員ってある程度仕事が与えられる分、自分の強みを完全に把握してなくても仕事ができてしまうんです。

もちろんすべてのサラリーマンがそうだとは思ってませんが、そうなると自分で考える癖がなくなってしまうからいざ会社という後ろ盾がなくなったときに「自分ってなにができるんだ?」って途方にくれちゃうんですよ。

しかもひとつの会社しか経験したことがないってのは、自分の可能性を狭めてることにもなりかねない。

「この仕事は天職だ!」と思えているのならいいんですが、そうじゃないならもっといろんな仕事に目を向けてみるべきです。

わたしもブログ始めるまで、自分がこんなに文章が好きだとは気づかなかったし、文章を書くことが仕事になるなんて思いもしなかったわけです。

いままで文章書いたことなかったし。(学校の読書感想文くらい)

でも会社に行くかたわらでブログを始めてみて、初めて自分の強みに気づけたわけです。

すぐにフリーランスとして独立する必要はないから、いまの仕事をこなしながら並行していろんなものに挑戦する”パラレルワーク”を経験してほしいんです。

流されるまま働くのではなく、自分の意志で動いて、自分の意思でいろんな仕事に取り組んで武器をみつけてほしい。

3:自力で稼ぐ力がつく

フリーランスは会社という組織の看板を背負わずに「自分」だけで勝負する世界。

わたしが会社員だったころは会社という看板を背負って仕事をしていた分、お金は「自力で稼ぐもの」ではなく「会社からもらうもの」だと思っていました。

でもこれってすごく危険な考え方だって、独立してから気づきました。

会社という看板がなくなったときに、どこからお金もらえばいいの?ってなるからです。

「自力でお金を稼ぐ感覚」がないと、自分で仕事を生み出すという思考にならないんですよね。「仕事もお金ももらうもの」だと思ってしまっているからです。

そうなると、常に仕事を指示してくれる人がいないと動けなくなる。

だから自分で考えて「仕事を作る感覚」「お金を自分で稼ぐ感覚」をつけるためにフリーランスやパラレルワークを経験してほしいんです。

(まぁフリーランスでも指示待ち人間な人もいるんですが。。。)

大事なのは「自分の頭で考えて仕事を作ること、お金はもらうものではなく稼ぐもの」だってことです。

いま働いている会社が倒産したとしても、自力で仕事を作り稼いでいける状態になるために、20代ではぜひそういった経験をしてほしいですね。

スポンサーリンク

やらないと感覚が身につかない

もちろんひとつの会社に属していたって「自分で仕事を創り出す」感覚を持つ人はいるはずです。

でもなぜわたしが「フリーランス」や「パラレルワーク」という働き方にこだわるのかというと、「後ろ盾のない状態を経験しないとわからないこと」があるからです。

正直、フリーランスってすごく不安です。

なぜなら自分で自分の身を守るしかないから。いまになって「会社っていろんな面で守ってくれてたんだな」と気付かされるくらいです。。

だからそういう自分のネガティブな感情面と向き合って、そこをコントロールしていく力も独立してから初めて身についた力だし、それはきっと後ろ盾のない状態を経験しなければ気づけなかった部分です。

ただ、会社員からいきなりフリーランスになるのはハードルが高いので、ぜひパラレルワークを経験してほしいってことです。

会社で働きながらも自分で仕事を作りお金を稼ぐ感覚をつけるための”複業”を持つ。

これを経験するのとしないのとじゃ、これからの人生に間違いなく大きな差がでてくると思います。

ぜひ若いうちに、いろんなことを試して、失敗して、自分の強みを把握して、仕事をつくりお金を稼ぐ感覚を身につけてください。

ちなみにわたしが実際にやっていた強みの見つけ方は別の記事にも書いています。

合わせて読みたい

自分の長所(強み)の見つけ方。3つの方法で自分自身を診断

未経験でフリーランスになったわたしの経験談はこちら。

合わせて読みたい

未経験でフリーランスになるにはまず「手に職をつける時間」を作るべき。

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

プロブロガー・メディアディレクター。
月間50万人に読まれる当ブログ《まじまじぱーてぃー》運営&恋愛メディア《らぶりりーす》編集長。26歳。25歳のときに会社を辞めてブログで独立しました。趣味は人生哲学と下ネタです。

>>詳しいプロフィールはこちら

>>ブログで書けない話はLINE@で配信中!