オランダの風俗「飾り窓(レッドライト)」で私が垣間見た残酷な事実

ブロガーのあんちゃです。

先日オランダのアムステルダムに滞在していたんですが、中心部には「セックスミュージアム」や「セックスショー」など性に自由なオランダならではのスポットがたくさんありました。

そのひとつに「レッドライトミュージアム」という、オランダの風俗文化「飾り窓」についての展示がされている場所が。

そこでわたしは、儚い風俗文化と残酷な事実を知ることになりました。

 

オランダの風俗文化「レッドライト(飾り窓)」

赤いネオンが光るアムステルダム中心部

「Red Light District」と呼ばれる場所。それはいわゆる“売春地区”。

売春(本番行為)が合法化されているオランダで、全面ガラス張りの部屋にセクシーな姿の女性が立っていて、まるでショーウィンドウのように並んでいる場所のことを指します。

 

アムステルダムの中心部で観光客が賑わうなかにこのレッドライトストリートが存在しており、夜になるとピンク色のネオンが光り始め、多くの場所で“営業”開始されます。(中には昼からやっているところもある)

ガラス窓の奥には女性たちがまるで”商品”のように立っている

男性客は、部屋の入り口でサービスの料金や時間、サービス内容を交渉し、成立したら部屋の中に招き入れられます。

その間、ガラス張りの窓はカーテンで閉められるので、カーテンの閉まっている場所は”接客中“だということ。

わたしが夜20時頃にその場所を通った時は、ほぼどこもカーテンが閉まっている状態でした。

 

客側がサービスを受ける前に女性の姿をガラス越しに直接見ることができる、という点では日本の風俗とは大きく異なりますね。

料金相場は、オプションなどで変動しますが大体30分〜45分ほどで40〜60ユーロ(日本円で7000円前後)だそう。

 

レッドライトミュージアムに行ってみた

このレッドライト地区には、その歴史を知れるミュージアム的な施設があるということで、早速行ってまいりました!

施設の名前は「Red Light Secrets」。“レッドライトの秘密“・・・。気になりますね。

入場料は10ユーロ(1400円くらい)ほど。

気さくな受付のおばちゃんが、パンフレットとガイド用音声(英語)を手渡してくれて、それを聴きながら館内をめぐりました。

 

室内の様子や物品の再現

館内には実際のレッドライト地区の室内の様子が再現されていたり、写真などが展示されていました。

実際に自分が飾り窓の中にいる感覚に。外からジロジロいろんな人に見られるのって結構嫌なもんですね・・・。

 

室内の再現も、いくつか種類があって普通のアパートのような一室から、SMルームまで様々。。

 

レッドライトで生きる女性たちのリアルな声

その後、レッドライトで働く女性の日常の再現VTRが流れるミニシアターがあって食い入るように見ていたのですが、彼女たちは個人事業主として働いて、1日もしくは数週間などでレッドライト地区の一室を借りて自分で商売する仕組みのようです。

だから出勤前に大家さんに家賃を払って、そこから全部自分で部屋を掃除して準備して、客を向かい入れて・・・という仕事をこなす様子が放映されていました。大変だよなぁ・・・。

 

英語の聞き取りスキルがなさすぎてあまり文字を追えなかったのが残念ですが、彼女たちはオランダに限らず近隣国から「出稼ぎ」のような形でやってくる人も多いそうです。

VTRの中で働く女性の表情が、どこか悲しげな顔をしていたのが記憶に焼き付きました。

 

世界の風俗や売春業に関する資料なども、すごく興味深い。

世界中で4200万人が売春業に携わっているという。

 

その後、最後の方の展示では実際にレッドライト地区で働く女性たちのリアルなメッセージが壁一面に展示されていました。個人的に、ここが一番衝撃かつ、深く考えさせられる場所でした。

 

“わたしはどんな男性ともセックスができる。だけど、決して誰とも口づけをしないだろう”

 

 

“男性客の中には、オランダ人女性がいいからといって私を選ぶ人がいるけど、これってとても悲しいことじゃない?”

 

“家族が恋しい。つぎはいつ会えるのか、わからない。”

 

“母はわたしがどんな仕事をしているのか知らない。その事実が、わたしをとても孤独にさせる”

※意訳で失礼します

 

ここで働く女性たちが、なにを思って、どんな境遇でここにいるのか。

彼女たちの数えきれないほどのメッセージを目の当たりにしたとき、わたしは胸の奥が締めつけられるような、複雑な気持ちになりました。

 

レッドライト地区の残酷な事実

この壁一面のメッセージを見たあとに、レッドライトで働く女性たちがダンスをしている動画がありました。

ちょうどYoutubeにもその動画がアップされているので、こちらに貼っておきます。1分半ほどの内容なので、ぜひ視聴してほしいです。

 

 

突如始まったダンスに興味津々で集まってくる通行人。

一緒に踊る人、拍手をする人、写真をとる人。

 

そしてそのダンスの最後には、場が一斉に静まりかえるほどの衝撃的なテロップが。

 

毎年、何千人もの女性が西ヨーロッパでのダンサーとしてのキャリアを約束され、勧誘されている

しかし悲しいことに、彼女たちはいま、ここにいる

 

人身売買をやめよう

人は売買されるべきじゃない

 

このダンスは、不本意でこの地区に連れられ、働くようになった女性が少なからずいることを伝えるためのメッセージだったんです。

この動画、何度見ても涙がでます・・・。

 

観光客が賑わうこの場所で、ただ面白がって素通りするにはあまりに深く悲しい事実。

わたしが住む日本とは遠い国の話ですが、わたしと同じくらいの年代の、多くの女性たちがこうした問題に向き合っているという事実は真摯に受け止めたいと思いました。

 

だからこの記事を通して、少しでも多くの人にこの事実を伝えたかったのです。

 

レッドライト地区で、まさにいま働いている女性たちがいる中にこのミュージアムがあることで、表面的な部分だけじゃなくていろんな事実や状況を知ることができたのはすごく貴重な経験でした。

そしてちゃんとその事実を伝えようとする姿勢も、売春が合法化されているオランダならではのことなのかな、と。

この地区の近くには他にも貴重なスポットがあるので、ぜひこちらの記事も合わせて読んでみてください!

関連記事>>オランダ・アムステルダムのセックスショーCASA ROSSOが息を呑むほどの衝撃だった

関連記事>>オランダ「セックスミュージアム」が想像以上にオープンかつハードだった

 

Red Light Secretsの情報

  • 営業時間:11:00〜24:00(無休)
  • 入場料:10ユーロ(1400円ほど)、音声ガイドをつける場合は別途料金
  • 住所:Oudezijds Achterburgwal 60 ,1012 DP Amsterdam , The Netherlands

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼