2018年になったばっかだけどもう今年の振り返りしてみた

スポンサーリンク

ブロガーのあんちゃです。

年が明けて2018年になりましたが、早速今年の振り返りをしたいと思います!

 

「(・・・は?たったこの3日間を振り返るの?バカなの?)」

 

安心してください。

たしかにバカではありますが、これには理由があるのです。Uターンせずにひとまず聞いてください。

 

2018年の最後の日を思い浮かべて書く

ことの発端は、あんちゃ&るってぃが運営している「ヤるサロン」に参加してくれている、5つのパラレルキャリアを実現している中村ひろきさんのフェイスブック投稿でした。

それは「2017年の振り返りではなく、1年後の2018年の振り返りを書く」というもの。

ひろきさんは2018年に自分で実現したことを”イメージ”しながら紙に書き出していました。

一見「ん?どゆこと?」ってなりますが、2018年に達成できたことを思い浮かべながら紙に書き出すのはめちゃくちゃメリットあるなと気づいたのです。

 

スポンサーリンク

すでに目標が実現した瞬間をイメージする

1年後に達成できたことを紙に書き出すと、「達成した瞬間に自分がどんな姿になっているか」を明確にイメージすることができます。いわばゴールがどこにあるのかをちゃんと確認することができる、ということ。

たとえば「2018年はブログで100万円稼げるようになった!」と振り返るとしたら、その間にどんなことをして、どれくらい手を動かして、いつ頃実現したのか・・・とかを考えながらイメージを膨らませますよね。

このイメージってめちゃくちゃ大事で、人は自分でイメージできないことは実現できません。

 

実際に社会心理学者のティモシー・ウィルソン氏の実験でも、物事への解釈の仕方を変えるだけで目標の実現率が変わるという結果がでているそうです。

ちなみにウォルトディズニーもこんな名言を残しています。

If you can dream it , you can do it.

夢見ることができれば、それは実現できる。

 

あんちゃの2018年の振り返り

ということで、わたしもひろきさんにつづいて2018年の振り返りをしてみました!今年も激動の1年でした!!!

 

ぜひみんなも書いてみてね!!!

 

▼こちらの記事も合わせてどうぞ

関連記事:年の始めに「やめることリスト」を作るべき理由と、その大きなメリット

 

ABOUTこの記事をかいた人

プロブロガー・メディアディレクター。 月間50万人に読まれる当ブログ《まじまじぱーてぃー》運営&恋愛メディア《らぶりりーす》編集長。26歳。25歳のときに会社を辞めてブログで独立しました。趣味は人生哲学と下ネタです。

>>詳しいプロフィールはこちら

>>ブログで書けない話はLINE@で配信中!