中国・上海の珍スポット遊園地「錦江楽園」がいろんな意味でアウトだった

スポンサーリンク

ブロガーのあんちゃです!上海に来ています。

「中国と言えばよく見ると本物じゃないキャラクターの宝庫だよね!」という偏見にまみれた思いでそういうスポットを探してみたら、やっぱりありましたwww

その名も「錦江楽園」。1984年に開園した遊園地だそうです。

ここの遊園地がいろいろとアウトなのだとか。。。早速確かめるべく、仲間たちと行ってきました。

今回の登場人物:あんちゃ、無職のるってぃ、謎のサラリーマンことオレンジ、ハーレー山火、YouTuber大学生まっさん の五人でお送りします。

 

上海の珍スポット遊園地「錦江楽園」

錦江楽園へのアクセスは意外と便利で、上海の地下鉄「錦江楽園駅」が最寄り。上海は地下鉄が発達しているのでかなり行きやすいかと!

駅から地下歩道をくぐり抜けて、徒歩5分くらいで到着します。

 

入場料は

  • アトラクション2つ乗れて50元(900円くらい)
  • アトラクション6つ乗れて100元(1800円くらい)
  • アトラクション乗り放題で130元(2300円くらい)

と選べるようになっており、私たちは100元のチケットを購入。

結論から言うと、大正解でした。(乗り物がそんな多くない&メンテナンス中のアトラクションがたくさんあったw)

 

アラサーに近い我ら5人、ひっさびさの遊園地にテンション爆上げ。

 

スポンサーリンク

意外と広い園内

さていよいよ中に入ります!!!

 

・・・

 

 

人いねええええええEEEEEE

月曜日だったのもあるかもしれませんが、とにかく人がいないwwwスタッフのほうが多いだろこれww

 

しかし意外に広い園内。維持費大丈夫だろうか・・・

と、入り口のすぐそばにものすごくうさんくさいお化け屋敷が登場。

外観がもうww壊れそうwいろんな意味で怖い。

自分で歩くタイプではなくトロッコに乗るタイプだったので、ひとまず全員一列になって乗ることに。

 

あんちゃ「わくわくするね〜〜」

先頭にいたまっさん「アアアアアアアアーーーー!!!(暗闇に吸い込まれる)」

四人「!??!」

 

乗った瞬間になんのアナウンスもブザーもなく1人ずつ暗闇に吸い込まれていきました・・・スタッフの兄ちゃん声かけてや・・・

アトラクション自体の感想については、ここではあまり触れないでおきましょう。(微妙)

 

いろいろアウトなキャラクターたち

で、園内にはところどころにかわいいキャラクターがいるんですが、ちょっと目をこすると完全にアウトなキャラクターが・・・

 

るってぃ「これ、スラ◯ダン◯じゃね?」

 

オレンジ「完全にイケてないジャック◯パロウじゃん」

 

あんちゃ「あれ・・・これなんかで見覚えがあるなぁ・・・海賊・・・」

 

ですが、わたしたちが勝手に見覚えがあるだけで、それらとは全く別物であるはず。そうでないと、いろいろと問題がありますからね。

 

想像以上にハードなアトラクション

とまぁアウトくさいキャラクターは置いといて、メインのアトラクションたちは、結構ハードな乗り物ばかりでした。

 

お化け屋敷のあとに乗ったのは急流すべり。

水は泥のように茶色く、もしこれに乗って全身に水を浴びたら嫌だなぁと思いつつ、おそるおそる乗り物へ・・・

ちなみにスマホを持ちながら乗っても何も言われない。自己責任ということか・・・

まっさん「さすがにべちょ濡れにはならないでしょ〜」

あんちゃ「一応タオルかぶっとこ」

山火「まじ怖い」

先頭のるってぃ「やばい!!!落ちる落ちる・・・・」

全員「アアアアアアアアーーーーーー!!!!」

バッシャアアアアアアアアfろいhgwjgる

 

全身に水浴びた。

 

その後のアトラクションもハードなものばかり・・・

 

1人全く知らない中国人の男の子が紛れ込んでいます

 

↓3分後・・・

 

オレンジ「アアアアアアアアーーーーもうやめてええええEE!!!」

あんちゃ「おろしてえええええええEEEEE」

山火「・・・・・・・(放心)」

 

 

VR付きのジェットコースターも

最後の方に乗ったジェットコースターは、なんとVR付き。

追加料金がかかりましたが、VR器具を装着すると、まるで異世界を飛び回っているかのような感覚になりました。これは本当にすごかった・・・

たとえるなら、マリオカートのレインボーロードみたいな感じ。(わかりにくいか)

ちなみにこのバイクの車体には、「YAMA◯A」と「HOND◯」って書かれてた。

 

普通に楽しめる中国クオリティの遊園地

最後には酔ってヘロヘロになりながらも、なんだかんだはしゃぎまわって楽しみました。

園内にはレストランやカフェもあったので、休憩もできます。

カフェはなぜかホットコーヒーがプラコップにストローで出てきたり、カップラーメンが売ってたりしていました。ここまでくれば逆におもろいわw

カフェでつぶれる無職

 

ぜひみなさんも上海に来た際は、寄ってみてね〜〜〜!!

 

錦江楽園の情報

  • 営業時間 9:00〜17:30
  • 入場料:50元、100元、130元の3種類(大人1名)
  • 住所: 201 Hongmei Rd, Minhang Qu, Shanghai Shi, 中華人民共和国
  • アクセス: 上海メトロ「錦江楽園駅」下車、徒歩5分ほど

 

>>あんちゃの海外ノマド旅の記事一覧はこちら!

 

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼