東京から札幌にUターン移住します。拠点を北海道に移す理由

スポンサーリンク

 

就職を機に札幌から上京し、東京を拠点に活動すること早5年……

 

そして2018年冬。

このたび、札幌にUターン移住しました。

 

2019年からは主に札幌を拠点として活動していく予定です!

 

札幌Uターン移住の理由「あーやっぱ札幌好きだわ」

なんで札幌戻るの?と聞かれるんですが、「好きだからだよッ」としか言えないんですよね…。

人を好きになることに理由がないように、札幌が好きだということにも理由がない。好きだから住む。それだけなんです…。

 

もともとここ2年くらいは東京と札幌の二拠点生活をずっと続けていて、札幌は基本夏だけの滞在でした。

関連記事:現役フリーランスが東京と札幌の二拠点生活で仕事してみた率直な感想。

 

今年の夏もずっと札幌にいたんですが、いざ秋になって東京戻るときに

「あーー札幌離れるの名残惜しい〜〜〜」

って感じたんですよね。

 

で、よくよく考えれば仕事もWebで完結するし「札幌にいたい」って思うならそのまま住めばよくない?好きな場所で働くために、この生き方を選んだんだよな?って思ったんですよ。

だから移住しました。(単純明快!)

 

「何でこの時期に北海道?」って全員から総ツッコミされたんですが、住もうと決断したら早い方がいいかなと思ってw

ちょうど引っ越した直後に大雪が降って「あ〜〜〜これや。冬ってこれや。」って興奮しました。案外北海道の冬も悪くないかもな…と東京に住んだことであらためて実感しましたね…

 

引っ越した直後に大雪の洗礼を受けた

 

とは言いつつ月1では東京にもいくと思うので、引き続き札幌と東京の二拠点活動にはなると思います。

今まで東京:札幌=7:3だったのが、3:7になる感じですかね。

東京の良さは情報のスピード感がある&レベルの高い同世代が死ぬほどいることなので、その刺激を定期的にもらいつつ、札幌でもその勢いをシェアしていきたいなと。

地方はどうしてもゆったりした空気感になっちゃうのでね…。まぁそこが地方の良いところでもあるんですけど。

 

緩急メリハリのある生活するなら、都心と地方の二拠点生活はかなり良いですね!

環境が変わればいやでも人は影響受けるものなんで、東京のスピード感と札幌のゆったり感を両方味わいながら活動していきます。

 

スポンサーリンク

わたしの使命は「北海道の発信力を高める」「若者の選択肢を広げる」こと

で、札幌に拠点を移した背景として、「札幌、ひいては北海道で発信する人を増やしたい・若い人の生き方の選択肢を広げたい」という想いがずっとありました。

わたし自身が22年間札幌で過ごしてきて、限られた選択肢しか知れなかったことを少し悔やんでいる節があって。

 

地方は特に「就職のために良い大学に行って、良い会社に就職する」といったような考えがいまだ根強い気がしているし、わたし自身も「将来は普通のOLになること」と公言していたくらいには、大人になるということは変わり映えのない会社員生活を一生続けることだと思っていました。

わたしの周りの友人たちも同じように就活をして、「社会人になりたくない!」とため息を漏らしながらみんな大学を卒業して就職していく。

それが「普通」だと思っていたんです。

 

だけどいざ上京して就職し、変わり映えのない生活を始めたときに、やっぱりその違和感に耐えられなくて「このまま人生が終わるのは嫌だ」と思うようになりました。

それから会社以外にいろんなイベントに足を運んだりネットで情報収集したときに、まだまだ自分には想像もしなかった働き方・生き方があることを初めて知りました。

わたしはたまたま運良くいろんな生き方をしている人と出会えて視野が広がったからよかったものの、こういう出会いがなければまだずっと違和感を抱えたまま毎日会社に行っていたと思います。

 

そして今も、昔のわたしのように違和感を抱えながらもそれを見て見ぬフリをしながら働いている同年代がたくさんいる。

だから、まず地元でそういう人たちの選択肢を広げるきっかけを作りたいと思うようになりました。

 

札幌から若い人の生き方の選択肢が広まっていけば、それを北海道レベルに広げたり、もしくは別の地域でも応用できる。

ゆくゆくは日本全体が働き方・生き方に対する姿勢が変わっていくと、わりと本気で思っています。

そのきっかけ作りを、まずは大好きな札幌で始めたいと思いました。

 

 

そしてこの構想を実現するには多くの人が発信力をつけることも不可欠で

もっともっと自分の想いや理念を世の中に発信して、周囲の仲間や地域を巻き込んでいける人を増やしていきたい。

わたしだけが発信力をつけても届く範囲には限界があるから、みんなが自分の信念ををもって発信できるようになったら、ものすごいスピードで環境が変わっていくと思うんですよね。

 

個人的に、「発信するとは覚悟を決めること」だと思っていて。

自分の意見や生き方を言葉にして世の中に出すのって勇気がいるじゃないですか。

それを乗り越えると、自分自身に対して覚悟が決まったような感覚になるんですよね。「発信したからにはやり遂げよう」「言葉にしたからには、この生き方を貫こう」って。

 

だから発信力を高めるということを通じて、自分の生き方に覚悟を持てる・誇りを持てる人を増やしていきたいんです。

そういう人が増えれば確実に地方の働き方は変わるし、なんなら国レベルでも変わる。

わたし自身もその先陣を切っていけるように毎日覚悟を持って発信するし、誇りを持って生きます。

 

フリーランス人生第2章・札幌編のはじまり!

ついアツくなっちゃったんですが、単純に札幌に可能性しか感じてないのですごくワクワクしています。

拠点が変わると気持ち的にも新鮮なので、「フリーランス人生の第2章がはじまった!」という感覚です。

あんちゃの人生という小説の第2章・札幌編に突入した感。(笑)

 

第3章は何編になってるか見当もつかないけど、第2章は札幌編として面白い物語を届けられるようにがんばります!!┗(^o^ )┓三 

 

 

追記:札幌での若い人へのキャリア支援・発信活動に関してあんちゃの出番がありそうなときはぜひお声がけください〜〜!(すでにいくつか教育機関での打診があって嬉しい限りです…)

 

▼こちらの記事もあわせてどうぞ。

関連記事:二拠点生活、家は?住民票は?移動や費用は?疑問に全部答えてみる。

関連記事:【北海道胆振東部地震】私が札幌で被災したときの時系列と記録

スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼